小中高校

わくわく作文ランド

苦手な作文を得意に! 楽しく気軽に読める作文講座。作文教室の現役講師が文章上達のコツをやさしく伝授します。

全て表示する >

★★★ わくわく作文ランド 第9号 ★★★

2006/03/20




◆◆◆ PR ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 日本語作文小論文研究会では、日本語作文小論文検定試験の会場校となって
くださる学校や塾を募集しています。

 くわしくは提携校募集のページをご覧ください。
 http://www.mori7.info/teikei/index.php

 検定試験のお申込みは1名から受け付けております。
 http://www.mori7.info/danntai/index.php

 お問合せは、メール(info@mori7.info)かお電話(0120-31-3987)で。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 こんにちは。作文講師になって7回目の春を迎えるメグです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜

       ようこそ! わくわく作文ランドへ!!

    苦手な作文を得意に! 楽しく気軽に読める作文講座。

       ★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 さて、3月21日は、春分の日です。

 昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですね。

 法律的には、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とされています。この日は、
お彼岸の中日でもありますね。

 そして、この日に食べるのが「ぼたもち」です。「おはぎ」ではありませんよ。

 その理由は漢字を見ればお分かりになるでしょう。「牡丹餅」と「お萩」。

 そうです。ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるもの。一方、おはぎは、
萩の季節、秋のお彼岸に食べるものです。


 それでは、ここで問題です。夏と冬にはどんな呼び方になるでしょうか。

(私もつい最近知りました。季節によって呼び方が違うなんで風情がありますね。)




 ☆考えてわかるものではありませんが、thinking time 。☆




 では、答えです。

 夏は「夜船」、冬は「北窓」と呼ぶそうですよ。


 くわしい由来は、このページに載っています。
 http://allabout.co.jp/career/dictionary/closeup/CU20010905/index3.htm


 まあ、呼び方はどうでもおいしければいいですよね。



 いつになく、勉強になる前置きでした。

 φ(..)メモメモ


 是非、ご家庭や職場でお役立てください。尊敬のまなざしを向けられること、間違い
ありません。がんばってくださいね。

 いいですか。「夜船」と「北窓」ですよ。間違っても「屋形船」、「北枕」などと
言ってはいけませんよ。え? かえって混乱する?

 f(^_^; スンマセン



 さて、本題。今日は、結びの工夫についてです。



★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。


 「終わりよければすべてよし」という言葉があるように、作文の結びは、かなり重要
です。

 結びにすべてがかかっているとまでは言いませんが、結びがうまく決まると、もうそ
れだけで、読む人に「うまい!」という印象を与えます。

 ですから、せめて結びだけでも工夫して、取りつくろいましょう。

 あ、いえ、とにかく、最後の最後まで気を抜かず、印象的な結びを工夫しましょう。


 その具体的方法です。


 低学年の人は、最後に、まとめの感想を書いてしめくくりましょう。
 あまりおもしろくはありませんが、1〜2年生ならこれで十分。


【例】

「ぼくは、今日も楽しく過ごせてよかったなあと思いました。」

「私にとって、この日は忘れられない一日になりました。」

「ぼくは、もう二度とけんかなんかしないと心に誓いました。」


 3年生以上の人でも、自信のない人は、感想で結ぶ方が無難です。最後で無理をして
失敗するよりはずっといいです。


 しかし、冒険をせずに、安易に終わってしまうというのも問題です。


 高学年の人は、もう一工夫してみましょう。

 動作か情景を表わす文でしめくくるのです。慣れるまでは、少しむずかしいかもしれ
ません。

 思ったことやわかったことなどを書いた後に、動作か情景を表わす一文をさらりと加
えて結びます。

 動作の結びは、もちろん、自分の動作でも他人の動作でもどちらでもいいですよ。

 情景の結びは、そのとき見えていた風景、聞こえていた音などでしめくくります。


【例】

「お母さんは、テーブルの上にそっと写真を置きました。」(動作の結び)

「私は、友達に別れを告げて、家路を急ぎました。」(動作の結び)

「海の向こうに真っ赤な夕日が沈んでいきました。」(情景の結び)

「誰もいないグラウンドにチャイムの音が鳴り響いていた。」(情景の結び)



 さらに高度な技として、書き出しと呼応させるという手があります。

 そのためには、まず、書き出しを工夫しておく必要があります。

 音や会話、あるいは情景などで書き始め、その書き出しをもう一度結びに使ってしめ
くくります。

 書き出しをそのまま繰り返すだけでもさまになりますが、少しアレンジするとさらに
GOOD。

 とにかく、書き出しと結びがうまく呼応していればよいのです。


【例】

(書き出し)「おはよう。」私は友達に手をふりました。

(一日の出来事などを書く。)

(結び)「バイバイ。」友達は私を追いぬいて走っていきました。



(書き出し)「いただきます。」今日はぼくの大好きなハンバーグです。

(夕食について書く。)

(結び)「ごちそうさまでした。」ぼくは、おなかいっぱい食べて満足でした。



(書き出し)ミーンミンミンミン。セミの鳴き声がうるさいくらいだ。

(セミとりの様子などを書く。)

(結び)ミーンミンミンミン。セミはまだ鳴きやまない。



(書き出し)さわやかな風が吹きぬけていきました。

(サッカーの試合の様子などを書く。)

(結び)試合の終わったグラウンドで、ぼくは、いつまでも風に吹かれていました。


 結びの工夫については、下記のページも参考にしてください。

 http://blog.goo.ne.jp/pure7_2005/e/1d87f29335d3750b28ddce331e72c085



【まとめ】

 高学年になったら、動作か結びを表わす文で作文をしめくくりましょう。書き出しを
工夫しておいて、その書き出しをうまく結びに使う技もお勧めです。

 書き出しや結びの工夫は、中学生、高校生になっても使うので、今のうちに慣れてお
きましょう。


【作文指導の現場から】

 私の作文教室では、4年生ぐらいから結びの工夫の練習が始まります。
 最初は、味もそっけもないような動作を表わす文で結んでいた生徒も、回数を重ねる
ごとにだんだん上手になってきます。

「公園には、色づいたイチョウの葉がひらひらと舞っていました。」

「ぼくは、いつまでもおばあちゃんに手をふり続けていました。」

「私は、あわててグラウンドに飛び出していきました。」


 どれも傑作です。


「誰もいない教室に、女の人のすすり泣く声が聞こえていました。」

 やりすぎ! これでは怪談です。



★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。


【編集後記】

 この「わくわく作文ランド」は、おかげさまでたくさんの人に読んでいただいていま
す。でも、もう一つのメルマガ「ダジャレで覚える南国(難語句)講座」の方は、あと
一息(三息ぐらいかな)といったところです。どうぞ、清き一票を。じゃなかった。
是非ご登録を! 作文を書くときにも使える難語句を楽々覚えちゃいましょう。

「ダジャレで覚える南国(難語句)講座」
●登録はこちらから http://www.melma.com/backnumber_150548/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆発行者:山田純子(メグ)
◆ブログ:http://blog.goo.ne.jp/pure7_2005/
◆E-mail:pure7_2005@mail.goo.ne.jp
◆バックナンバー:http://www.melma.com/backnumber_150547/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-02-08  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。