小中高校

わくわく作文ランド

苦手な作文を得意に! 楽しく気軽に読める作文講座。作文教室の現役講師が文章上達のコツをやさしく伝授します。

全て表示する >

★★★ わくわく作文ランド 第5号 ★★★

2006/03/08



 こんにちは。作文講師歴7年目を迎えたメグです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜

       ようこそ! わくわく作文ランドへ!!

    苦手な作文を得意に! 楽しく気軽に読める作文講座。

       ★。、::。.::・'゜☆。.::・’゜★。、::。.::・’゜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「今度のテーマは何かなあ?」

「なんだろうね。」

「もうそろそろネタが尽きてくるころじゃないかなあ。」

「いやあ、もうちょっといけるでしょう。」

「そうかなあ。だって、ほら、ブログだって……。」



 などというご心配をいただいているかどうかはわかりませんが、まだまだがんばり
ます。


 ということで、今日のテーマは、会話。

 だれかの言葉を思い出して、そのままカギかっこに入れて書いてみましょう。



★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。


 会話を入れると、登場人物の息吹が感じられるようになります。


 出来事を説明的に書いていくだけの文章よりも、登場人物(自分も含めて)の会話
が入った文章の方が臨場感が増すというわけです。


 最初は、「おはよう。」「ありがとう。」など、短い会話を入れる練習をしましょ
う。カギかっこを使うタイミングがだんだんつかめてくると思います。

 慣れてきたら、少し長い会話を入れてみましょう。長い会話ほど、その人らしさが
表われ、登場人物の個性がわかっておもしろい作文になります。


 上級者は、是非、味のある会話を入れてみてください。


 ここで、思い出すのが、先日の作文教室。

 生徒に、「味のある会話を入れようね。」と話し、できあがった作文を読むと…
…。

「このラーメン、塩からいね。」
「このチャーハン、おいしいよ。」
「アイスクリーム、甘いね。」

あ〜あ、違うんだってばぁ……。

 その作文のテーマが「家族みんなの好物」だったこともありますが、完全に、「味の
ある」の意味を取り違えていたのでした。


 「味のある会話」とは、つまり、話し手の人柄が表われた会話のことです。


 優しい人、厳しい人、クールな人、世の中にはいろいろなタイプの人がいますね。
その人なりの気持ちが表われた会話を書くことで、登場人物の輪郭が浮かび上がって
くるのです。


たとえば、運動会で勝ったときの会話。

(1)「よかったね。みんなでがんばったからだね。」

(2)「もっと簡単に勝てると思ったのにね。」

(3)「やっぱりね。最初からわかっていたよね。」


(1)は、いい人タイプ。
(2)は、ややひねくれタイプ。(素直に喜べばいいのに……。)
(3)は、自身過剰タイプ。

 それぞれに性格が表われているでしょう?


 話し言葉は、年代によっても違いがあります。また、方言などを入れるのも非常
に効果的です。

 昔話に出て来るおじいさんやおばあさんの会話には味があると思いませんか?

 みなさんも、その人の個性の表われた会話を意識して書いてみましょう。


 会話については下記のページもご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/pure7_2005/e/f4c14665946cd41492c07653f690f117



【まとめ】
 カギかっこを使って会話を入れると、臨場感のある作文になります。できれば、そ
の人の気持ちがよく表われているような長めの会話を入れてみましょう。


【お母様へ】

 作文の中に会話を入れることは、一度慣れてしまえば、それほどむずかしいことで
はありません。何回か、書き方を指導すれば、案外すぐに身につくものです。

 ただ、一つ注意していただきたいのは、子供たちの作文には、ありのままのお母様
の会話が入るということです。

 かと言って、突然、「ざます言葉」をつかうのも不自然極まりありません。

 せめて、作文に書かれても手直ししなくていいような言葉遣いを心がけてください。


【作文指導の現場から】

 「味のある会話」の後日談です。

 誤解を招くような指導をしたことを反省しつつ、「味のある会話がたくさん入った
ね。でも、人間の味の出るような会話も書いてみよう。」と講評を書いたのでした。

 その生徒は、「先生、食べ物なら味も確かめられますが、人間の味はわかりませ
ん。」と、複雑な表情をしていました。







 作り話です。m(_ _)m ゴメンナサイ


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。


【編集後記】

 作文の中に入れると効果的な方言。その方言の一例です。

 「どさ。」
 「ゆさ。」

 意味、わかりますか?

 「どこへ行くの?」
 「銭湯さ。」

 確か、東北地方の方言だったと記憶しています。中学校の国語の教科書に載ってい
ました。

 では、応用編。意味、わかりますか?

 「いさ。」
 「けさ。」



 「いつ?」
 「今朝。」




 たぶん、違うと思います。m(¬0¬)m アーゴメンゴメン



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆発行者:山田純子(メグ)
◆ブログ:http://blog.goo.ne.jp/pure7_2005/
◆E-mail:pure7_2005@mail.goo.ne.jp
◆バックナンバー:http://www.melma.com/backnumber_150547/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◇◇◇◆PR◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 Online 作文教室 言葉の森  http://www.mori7.com

  無料体験学習受付中  電話指導のある続けやすい通信講座
  http://www.mori7.net/mori/taikenn.php

  公立中高一貫校の作文試験対策にも。

  電話指導の曜日時間を決めてご連絡ください。学年別教材をお送りします。
  今すぐお電話を。 0120−22−3987 (丸い庭 二つ咲く花)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-02-08  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。