語学・言語学

英単語 覚え方 連想式 セクシー 記憶術

英単語の暗記に苦労してる君。
もっと楽しく覚えたいと思いませんか?努力して丸暗記しても,忘却の彼方へ直行では,悔しいじゃありませんか。同じ経験をした私も悔しさは良くわかります。どうです?私の編出した,連想式セクシー記憶術,で試してみませんか?

全て表示する >

英単語セクシー記憶術

2008/06/07

英単語セクシー記憶術-NO.113

こんにちは セクシー記憶術です。

燃料の高騰で世界中で漁船の出漁中止が相次いでいますね。

握りずしも食べられなくなりそうな。太陽電池のエンジンが

出来ないもんでしょうか...。

----------------------------------
さて今週は syn〜です。

syn〜:接頭語;共に,同時に,類似, の意(ギリシャ語系の語に付く)      
L の前で syl−。 
B,M,P の前では sym−。
Rの前では sys−,又はsy−

************************************ 

syn〜

synchronize:  同時の+時間+にする={L}同時に起こる

              synchrony:[n]同時発生

syndicate:   共に+公平に+する=評議会
           
synonym:    類似+名前=同義語⇔antonym:反+名前=反意語

       onomatopeia:名前+音=擬音

synthesis:       共に+置くこと=統合,合成

     ⇔ analysis:完全に+緩める={G}分解分析,解明

         /[vi,vt]synthesize ⇔ analyze

system:     共に+組立てる={G}制度,組織,秩序

          stem:{E} 幹,軸,語幹

syl〜

syllable:    共に+取る=寄せ集められたもの:音節


synchronize:  同時の+時間+にする={L}同時に起こる

               synchrony:[n]同時発生

syndicate:   共に+公平に+する=評議会
           
synonym:    類似+名前=同義語⇔antonym:反+名前=反意語

        onomatopeia:名前+音=擬音

synthesis:       共に+置くこと=統合,合成

     ⇔ analysis:完全に+緩める={G}分解分析,解明

     [vi,vt]synthesize ⇔ analyze

system:     共に+組立てる={G}制度,組織,秩序

          stem:{E} 幹,軸,語幹

syllable:    共に+取る=寄せ集められたもの:音節

symbol:   共に+投げる=しるし=象徴,記号

symmetry:    共に+測定+状態=対象 ⇔ asymmetry;/[a]asymetric

sympathy:    共に+感情+状態=同情 /[a]sympathetic

       empathy: 中で+感情=共感
 
symphony:    調和+音=交響曲

symptom:      共に+落ちる=徴候,兆し(通常,悪い意味に。)
 -------------------------------------------
今週はここまでです。
この記事は 下記の「英単語セクシー記憶術」を 
基に作成しています。
メルマガ登録,解除はコチラから。
http://www.hi-net.zaq.ne.jp/bucue103

*************************************
   <<< InfokarezNEWS >>>
http://infokarez.com/
**********************************

英語記事専門倶楽部で情報企業しませんか?

高品質かつ膨大な量の英語記事を毎月提供します。

アドセンスサイト、無料レポート、イーブック作成など、

あなたが自由に編集、翻訳する事が出来る

プライベートライセンス付帯の英語記事専門倶楽部!

http://chumpurl.com/?i33p
------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■遊びながら稼げるNEWシステム
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://chumpurl.com/?xebp

海外の最新アフィリエイトシステム、日本初上陸
http://chumpurl.com/?woch

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-02-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。