映画

韓国映画言いたい放題!!

5年前から韓国映画にはまった私、ちゃ〜が言いたい放題で新旧の作品を紹介します。現地の情報や芸能人の話題も織り込んで、韓国の公式サイトも紹介します!

メルマガ情報

創刊日:2006-02-01  
最終発行日:2007-03-26  
発行周期:毎週月曜  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□
□  韓国映画言いたい放題〜サランヘ ハングッ ヨンファ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

韓国で映画を観ると、エンディングのテーマソングが流れ始めると
お客さんたちは、ざ〜っと席を立ち上がってあっと言う間に映画館は空っぽになってしまいます。最初はちょっとビックリでしたがこれが韓国流かと思って、すぐに慣れてしまいました。
先日、日本で映画を見に行った時に、エンディングのテーマソングが流れ始めた瞬間に「さっ、帰ろ〜」と思って立ち上がったのは私一人でした・・。

●本日のメニュー  -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

★『僕が9歳だったころ』〜韓題:9歳の人生 【☆☆】
★『ヨネエ モクチョク〜恋愛の目的』〜日本未公開作品【☆☆】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★『僕が9歳だったころ』〜韓題:9歳の人生 2004年3月【☆☆】

 ○監督:ユン・イノ
 ○主演:キム・ソク イ・セヨン

 ☆韓国での予告編や写真はコチラ・・・
  http://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=37759

 ☆イ・セヨンちゃんの韓国ファンサイトはコチラ・・・
  http://cafe.daum.net/t230

 ☆上映間近です!! 日本の公式サイトはこちら・・・
  http://www.boku9.com/

この映画、子供の世界を忠実に再現していると思う。しかも子供の
目線から再現しているところがすごい!韓国の地方(恐らくプサンに 近いところじゃないかな?)の小学生たちを美化することなく
子供のカワイイところも、ズルイところも全部表現されている。
私も小学校に入学してから、遥か遠い地方へ引越しをして田舎の学校に通った経験があるから、なんだかとても懐かしい気がした。

田舎の小学校にソウルから転校生がやって来る。全員が短いオカッパ頭の教室でロングヘアにリボンをつけたワンピース姿で、明らかに都会のお嬢さんという雰囲気のイ・セヨンちゃん演じるウリム。
「パパはアメリカにいるのよ。この服も靴もアメリカから送ってくれたものなの」というウリムは、当然クラスの女の子から目をつけられる。

隣の席に座ったヨミンは、ぶっきらぼうだけど心優しい男の子。
目の悪い母親のためにサングラスを買ってあげようと小銭をせっせと集めている。ヨミンの生活は貧しく、同様に貧しい暮らしをしている人が多数登場する。でも人々の暮らしには心が通っていて、不憫でかわいそうという感じはどこにもない。
逆にウリムは恵まれた生活を送っていても、いつもイライラしていて楽しそうには見えない。

まだ初恋というには子供すぎるけれど、嫌なことがあったときに
そばに居てくれる友達の存在の大切さに気づいていくヨミン、ウリム。そして身近な大人の恋愛や、両親との関係から大人社会の複雑さや、現実を体験しながら子供は成長していくことに改めて気づかされる。

韓国では映画もドラマも観覧の年齢制限が当たり前ですが、この作品はさすがに制限なしでした。でも体罰のシーンは結構スゴイです。。。

主演の2人は1992年生まれだから。。この作品を撮影したのは11歳
くらいかな。将来の活躍が楽しみな2人です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★『ヨネエ モクチョク〜恋愛の目的』〜日本未公開作品【☆☆】
                    2005年6月
 ○監督:ハン:ジェリム
 ○主演:パク・ヘイル カン・ヘジョン

 ☆韓国の公式サイトはこちら・・・
  http://www.todo-nottodo.co.kr/

 ☆コチラには予告編やPHOTOあります・・・
  http://movie.naver.com/movie/bi/mi/basic.nhn?code=39863

主演の2人が殆ど二人きりで作ったような映画・・・。
二人の演技はとてもいいんだけど、ストーリーがB級(失礼!)
のために、作品としては今ひとつかな。。。

パク・ヘイルは前回取り上げた最新作『少年、天国へ行く』では
すご〜くラブリーな役を演じて新たな一面を魅せてくれたけど、
ちゃ〜の記憶の中には『殺人の追憶』で終盤に出てくる容疑者の役で強烈な印象を残した役者さん。
今回は“不真面目な高校教師”という、まったく異なるキャラクターをそれなりに演じっきていて見事。

後輩の女性教師を、職場である学校でも居酒屋でも所構わずくどいて、くどいて、くどきまくって、遂にはセクハラで訴えられるという、一見、良いとこなしの男性で、彼女の言い分を受け入れて、
職を失ってしまう・・・という本当に救いようの無いお馬鹿さんなんだけど、ラストに彼女が精神的に救ってあげるという、ちょっと
あり得ないストーリー。あり得ないよ、ホント!「マルド アンデ〜〜」

最初はお互いに別の恋人がいて、結婚まで考えていたのに、強烈な
アタック(しかも、それが単にエッチ目的)を続けてお酒が入った時についエッチしてしまったら・・・。
でも、恋愛ってカラダの関係から始まることもあるんだろ〜か。。。
スポーツをするようにエッチを楽しんでいるうちに、相手の心の傷を知ることになって思いがけず自分の気持ちが動揺してしまったら・・?
シチュエーションやタイミングにもよるかも知れないけど、恋愛ってはずみで始まることもあるからな〜。。。

カン・ヘジョンちゃんは、『オールドボーイ』と同様に
今回も体当たりの役どころで、その思い切りの良さが気持ちいい。
同じ女性として拍手を送ります。

*******************《お 知 ら せ》************************

韓国映画が続々と上映予定ですね。ちゃ〜もまだ見ていない作品
ばかりで楽しみにしています。
 ○『B型の彼氏』(残念ながら日本語吹き替えのみ)
         →→ http://www.herald.co.jp/official/b_kare/
 ○『ビッグ・スウィンドル』
    →→ http://www.big-swindle.com/ 

次回も、ちゃ〜オススメの映画が続々と登場する予定ですので、配信を楽しみにお待ちください。
ちゃ〜の評価や紹介が参考になった、参考にならなかったなど
皆様のご意見をお待ちしております。
Blogへのコメントお待ちしています〜!
  http://blog.livedoor.jp/chie_seunghun/?blog_id=1497144

***********************************************************

 『ちゃ〜の韓国映画言いたい放題』

 ○発行者:ちゃ〜 char_love@hotmail.co.jp

 ○このメルマガでの映画の評価はあくまでも個人的な意見です。
   何らかの被害発生等については責任を負いかねますので、
  ご留意ください。

=============================================================

最新のコメント

  • コメントはありません。