あなたへ贈る季節のたより

毎回、1つの季語を添えたお便りがあなたの元に届きます。心に残る詩、和歌、俳句をひもときながら、北越後の城下町から都会に住むあなたに宛てて、その時々のふるさとの様子や、あなたへの想いを伝える恋文です。

全て表示する >

あなたへ贈る季節のたより No.14

2007/04/01


 *〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*
       
 
    あなたへ贈る季節のたより     ---- No.14 ----

      「花とおぼろ月」                 2007.4.1

               by URUSHI OHTAKI 大滝 豊
               http://www11.plala.or.jp/u-ohtaki/
                                  
 *〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*〜〜〜〜*

 
 遠くのあなたへ


 お元気ですか。

 家の外。わたしのからだをほんのりと包んでくれる、やわらかな大気。

 寒さのために、思わず体を硬くしたり、身震いしたりすることももう
 ないんだと、薄い雲が一面広がった空を見ながら、深く深く息をして
 みます。

 雪の湿り気をすっかり吸いとった春の空気は、微かに干し草のような
 懐かしい匂いを含みながら、樹々の芽を膨らませる栄養素を、わたし
 の肺の中にも注ぎ入れてくれるかのよう。

 わたしの中で育っていく淡い想いは、春の靄(もや)という半透明の
 オブラートに包まれたまま、桜のつぼみのように、少しずつ膨らんで
 きています。




   咲きしずまる桜の木の下に

   やわらかな光の輪が

   落ちている

   自らの影と連れだって

   幼い子は

   縄跳びをとびつづける

   永遠につづくであろう時間の

   ひとこまを止めて

   仔細に眺めるならば

   縄跳びの縄の半円は

   幼子が背負うべき

   光背のようだ

   見えない壁に囲まれた

   不条理な世界のひびわれから

   一陣の風が吹いて

   幼子の

   淡(うす)紅の着衣をひるがえす

   …落下ひとしきり

   着衣の花模様の

   その花びらもともに

   散りはじめる

     

               「淡紅」  鈴木 漠(ばく)




 4月は、新たなる出発(たびだち)の月。
 真新しいワイシャツの胸に、あなたもひとひらの希望を忍ばせている
 でしょうか。


 けれどもその一方で晩春4月は、物憂い季節であるのも確かなこと。

 おぼろ月のかかる、もったりと気だるく重い春の宵は、悩ましい猫の
 鳴き交わす声に増幅されて、一種独特の雰囲気を醸し出します。


   菜の花畠に 入日薄れ 見渡す山の端 霞ふかし
   春風そよ吹く 空を見れば 夕月かかりて におい淡し

                「朧月夜」  高野辰之


 秋のさやけき月を愛でる心とは裏腹に、わたしたちは、どうしてこの
 薄ぼんやりとした春のおぼろ月をも、これほどまでに好むのか・・・
 考えてみると不思議ですね。


 どうもそれは、中国にそのルーツがあるようです。

  「春宵一刻値千金」(しゅんしょういっこくあたいせんきん) 

 という蘇軾(そしょく)の「春夜詩」は、

  「花に清香あり 月に陰あり」

 と続きます。

 清らかな花の香りと、少し輪郭のぼやけた月とが、春の宵を千金もの
 値のあるものにしている、という美意識が、わたしたち日本人の心に
 伝わったのかもしれませんね。

 平安時代の歌人大江千里(おおえのちさと)が、白居易(白楽天)の
 詩集である「白氏文集」(はくしもんじゅう)の「嘉陵夜有懐二首」
 の二首目、

 「不明不闇朧朧月」(照りもせず、くもりもせず、ろうろうたる月)

 をふまえて詠んだ有名な歌が思い浮かびます。


    照りもせず曇りもはてぬ春の夜の
       
         おぼろ月夜にしくものぞなき   
              

 地上には満開の桜。その華やかさが匂い立つように、天上には薄い雲
 のフィルターがかかったおぼろの月。

 これぞ恋の背景にはぴったりの、どこかしら官能をくすぐる舞台装置
 だとは思いませんか。


 いつだったか、あなたを送って、そぞろ歩いた夕暮れの道・・・。

 顔の表情さえ読み取ることができない薄闇の中で、どこからともなく
 漂ってくる花の香りに包まれて、互いの存在を強く意識したひととき
 でしたね。

 
 春の空気の軽さと重さ。心に宿る希望と倦怠。

 相反するものが混じりあう不思議な気分を、まるで季節の衣のように
 まといつつ、散る花の幻想に昔日の面影を重ね合わせるこの頃です。


 またお手紙、書きます。



                    平成19年4月1日 

                 遠くのあなたを想いながら・・・




 ───────────────────────────────────

  メールマガジン 「あなたへ贈る季節のたより」

   ●発行 URUSHI OHTAKI
   ●編集 大滝 豊

      〒958-0873 新潟県村上市上片町2-32
        TEL:0254-52-6988 FAX:0254-53-3272
        MAIL TO:   yutak@lapis.plala.or.jp
        WEB SITE: http://www11.plala.or.jp/u-ohtaki/

  ───────────────────────────────────
  このメールマガジンは、以下のマガジンスタンドから配信しています。
 配信中止は、それぞれのページから行って下さい。

 ・まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000183042.html
 ・メルマ   http://www.melma.com/backnumber_150184/
 ・めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=009247
  
  ───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-01-29  
最終発行日:  
発行周期:毎月1日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。