小説

Love*Bite

関西8人組のドラマー×出来る子のSS。 ※PASS制 ※j/禁・p/禁

メルマガ情報

創刊日:2006-01-28  
最終発行日:  
発行周期:毎週水・土  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

* 安田くんの悩み(倉安)

「なぁなぁすばるくん。」
「なに〜。」
「たっちょんがな、僕にもっと甘えて欲しいって言うねん。」
「ふーん。…ええやん、甘えたら。」
「っでも、僕は嫌やねん!年下に甘えるなんて…」
「でも、やす、大倉より年上に見えへんで?」
「なにそれひどいッッ!!僕そんなに子供っぽい!?」
「年上いうても1コだけやろ?気にせんでええねん、そんなん。」
「…でも、なんか…」
「俺とマルに比べれば可愛いモンやん!素直に甘えたったらええねん。」
「うん…。」


後日…


「…たっちょん。」
「ん?どうしたん、やっさ…」
(ぎゅっ)
「…やっさん…?」
「…甘えたってんねんやんか!あほ」
「やっさん…。(ぎゅー)」


−−−−−−−
end.

最新のコメント

  • コメントはありません。