文学

三島由紀夫の総合研究

創立35年の老舗「三島由紀夫研究会」の会報を兼ねた、あらゆる角度からの総合研究メルマガ

全て表示する >

三島由紀夫研究会メルマガ <<「豊饒の海」上演

2018/09/12

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『三島由紀夫の総合研究』(三島由紀夫研究会 メルマガ会報)
    平成30年(2018)9月12日(水曜日)
         通巻第1279号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
紀伊国屋サザンセアターで「豊饒の海」上演
++++++++++++++++++++++++

「2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”『豊饒の海』」の上演が決定。東出昌大が主演を務めることが発表された。
三島由紀夫の長編小説「豊饒の海」を原作とした舞台。てがみ座の長田育恵が翻案・脚本、イギリス・ロンドンのオールドヴィック・シアターのアソシエイトディレクターであるマックス・ウェブスターが演出を手がけ、第1部「春の雪」、第2部「奔馬」、第3部「暁の寺」、第4部「天人五衰」の全4部を1つの作品として舞台化する。

松枝清顕役を務める東出のほか、共演には宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、神野三鈴、初音映莉子、宇井晴雄、王下貴司、斉藤悠、田中美甫、首藤康之、笈田ヨシが名を連ねた。2015年に上演された「夜想曲集」以来3年ぶり2作目の舞台出演となる東出は「役者になって最大の試練になると思います。持てる全てを注ぎ込みます」と意気込みを語っている。

11月3日から5日まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAでプレビュー公演が行われたのち、11月7日から12月2日まで同劇場にて本公演を実施。さらに12月8・9日には大阪・森ノ宮ピロティホールでも上演される。なおPARCO PRODUCEの三島作品舞台化第2弾は「命売ります―ライフ・フォア・セイル―」で、台本・演出をはえぎわのノゾエ征爾が担当することも発表されている。

「2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”『豊饒の海』」
2018年11月3日(土・祝)〜5日(月)※プレビュー公演
2018年11月7日(水)〜12月2日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

2018年12月8日(土)・9日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:三島由紀夫
翻案・脚本:長田育恵

           ◎◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 事務局からおしらせ 事務局からおしらせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
   ♪
9月公開講座講師は作家・伝統文化評論家の岩下尚史氏。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
         記
 日時 9月25日(火)18時半開会(18時開場)
 場所 アルカディア市ヶ谷(JR・地下鉄「市ヶ谷」下車2分)
 演題 拙著「ヒタメン」について
    https://honto.jp/netstore/pd-book_28077482.html
講師 岩下尚史(いわした ひさふみ)作家・伝統文化評論家、國學院大客員教授
 講師略歴 昭和36年生れ。熊本県出身。國學院大卒、新橋演舞場企画室長を経て作家・評論家に。平成19年『芸者論:神々に扮することを忘れた日本人』で和辻哲郎文化賞受賞。三島由紀夫を論じた『見出された恋:「金閣寺」への船出』や『ヒタメン』の著作がある。(いずれも文春文庫)
 会場分担費 会員・学生1千円、一般2千円


  ♪
後藤修一氏を偲ぶ会を9月29日に開催します
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 当会幹事の後藤修一氏(享年66)を偲ぶ会を9月29日に開催します。
友人、同志が集まって誰からも愛された後藤修一氏の人柄を偲び、語り合う場です。

日時 9月29日(土)午後6時〜8時半(午後5時半受付開始)
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館。JR・地下鉄「市ヶ谷」徒歩2分)
    形式 立食パーティ
会費 1人7千円
主催 三島由紀夫研究会
 尚この会は当会関係者には後日正式のご案内をお送りします。一般の方で参加を希望される方は当会事務局までご連絡願います。
 事務局 TEL 090-1611-9839
       Eメール yukokuki@mishima.xii.jp


   ♪
10月公開講座、は憂国忌発起人で元朝日新聞記者・編集委員の井川一久氏
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 講演テーマのクァンガイ陸軍中学とは戦後残留した日本人将兵が教官としてヴェトナム青少年を教育して精強なヴェトミン軍、ヴェトナム軍の指揮官、将校を育成した陸軍士官学校である。
昭和29年ディエンビエンフーで仏軍を撃滅した戦いも、昭和50年サイゴンを陥落させて米軍を撃退した戦いも正にこの学校で鍛えられた日本精神を発揮したが故の勝利であった。井川氏がこの歴史と経緯を熱く語ります。

日時  10月25日(木)午後6時半開会(午後6時開場)
会場  アルカディア市ヶ谷(JR・地下鉄「市ヶ谷」徒歩2分)
講師  井川一久氏(元朝日新聞記者、編集委員、憂国忌発起人)
演題  ヴェトナム独立戦争に挺身した日本人たち
       〜典型としてのクァンガイ陸軍中学教官団
   
 (講師略歴 昭和9年生れ。愛媛県出身。早稲田大学政経学部卒後朝日新聞入社、以降、外報部で活躍。ハノイ初代支局長をはじめ長年インドシナ情勢を取材。現在も大東亜戦争終結後ヴェトナムに残留し、インドシナ戦争(対仏独立戦争)やヴェトナム戦争(対米戦争)で戦った日本人将兵の記録に取り組んでいる。
会費 会員・学生1千円(一般2千円) 
        ○□◇□△◎△□◎◎☆□□☆□△◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  三島由紀夫研究会 http://mishima.xii.jp/contents/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2018  ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-01-12  
最終発行日:  
発行周期:半月刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。