文学

三島由紀夫の総合研究

創立35年の老舗「三島由紀夫研究会」の会報を兼ねた、あらゆる角度からの総合研究メルマガ

全て表示する >

三島由紀夫研究会メルマガ

2018/01/15

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『三島由紀夫の総合研究』(三島由紀夫研究会 メルマガ会報)
    平成30年(2018)1月15日(月曜日)
       通巻第1228号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
鍛冶俊樹の軍事ジャーナル(1月15日)より。
♪♪
三島由紀夫
@@@@@
 先週から、二つのテレビ・チャンネルが三島由紀夫を取り上げている。一つは地上波TBSで、本日深夜24時58分から「オー!!マイ神様!!」で猪瀬直樹(作家、元都知事)が解説している。
www.tbs.co.jp/omk_tbs/

 もう一つは衛星放送BSジャパン土曜日9時からの連続ドラマ「命売ります」(三島由紀夫原作)である。
www.bs-j.co.jp/inochiurimasu/intro/

 三島は日本を代表する天才作家だが、その衝撃的とも言える最期ゆえにマスコミや教育界からはタブー視され、従って若者たちは、気の毒なことにこの世界最高峰の文学について殆ど知る所がない。
 私自身は学生時代から愛読しているが、単なる文学者としてだけでなく軍事思想家として評価している。拙著「国防の常識」では三島の「文化防衛論」をハンチントンの「文明の衝突」の先駆として称讃したが、その他にも「行動学入門」など、多彩な軍事論を展開しており、その思想は冷戦終了後に顕在化した情報戦争論の背景をなしている。
 また自決直前に配布した檄文は短い文章ではあるが、現在に至るも解決されていない日本の防衛問題の本質を余すところなく抉り出している。テレビ業界が、今まで排除して来た三島を取り上げざるを得なくなっているのも、歴史の然らしめる所であろう。
   (軍事ジャーナリスト 鍛冶俊樹(かじとしき)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎ 事務局よりお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
二月の三島研「公開講座」のゲストは西村繁樹退役一等陸佐です。要領は以下の通りです。
氏は防大を出て青年自衛官に任官した当時、三島由紀夫先生と出逢い、その自決の直前まで短くも濃密な交流を持った経験、秘話を語って頂きます。

とき   2月28日(水)18時半より(18時開場)
ところ  市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」
講師:  西村繁樹(軍事評論家、元防大教授、退役一等陸佐)
演題:  「三島由紀夫と最後に会った自衛官(おとこ)」
<講師略歴>昭和22年生、大阪府出身。44年防大卒(13期)、陸自入隊(職種は野戦特科=砲兵)。特科連隊、陸幕防衛部防衛課勤務、陸自幹部学校戦略教官等を経て防大教授を歴任。平成24年定年退官。現在偕行社参与。
 我が国における軍事戦略論の権威として多くの著作や論文を発表。主な著書:「SDI戦略防衛構想―『スターウォーズ』とは何か」(教育新書)。「防衛戦略とは何か」(PHP新書)その他がある。
         ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  三島由紀夫研究会 http://mishima.xii.jp/contents/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2018  ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-01-12  
最終発行日:  
発行周期:半月刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。