文学

三島由紀夫の総合研究

創立35年の老舗「三島由紀夫研究会」の会報を兼ねた、あらゆる角度からの総合研究メルマガ

全て表示する >

三島由紀夫研究会メルマガ(9月〜11月のスケジュール)

2013/09/01

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 『三島由紀夫の総合研究』(三島由紀夫研究会 メルマガ会報)
    平成25年(2013)9月1日(日曜日)
         通巻第743号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 目白押し、秋の催しものラインアップ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
九月公開講座の講師と演題です。
**************

とき    9月17日(火曜)午後六時半
ところ   アルカディア市ヶ谷 四階会議室
講師    山口洋一(元ミャンマー大使、トルコ大使。外交評論家)
演題    「腑抜けになったか、日本人」
会場分担金 お一人2000円(会員は千円)

やまぐちよういち氏は元マダガスカル大使、駐トルコ大使、駐ミャンマー大使。平成10年外務省退官。主な著書:『トルコが見えてくる この親日国の重要性』サイマル出版会、『ミャンマーの実像 日本大使が見た親日国』勁草書房、『思いこみ>の世界史 外交官が描く実像』勁草書房 、『敗戦への三つの〈思い込み〉外交官が描く実像』勁草書房、『腑抜けになったか日本人 平成の若者よ、これでは日本はダメになる! 日本大使が描く戦後体制脱却への道筋』新風舎 のち文芸社。「歴史物語ミャンマー  独立自尊の意気盛んな自由で平等の国』カナリア書房)など多数。
◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 お彼岸には多磨霊園にお集まり下さい!!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

秋の集団墓参です
@@@@@@@@

三島由紀夫先生の墓前祭りを行います。恒例「三島由紀夫研究会」による墓前祭、どなたでも参加できます

日時  9月23日(月・祝日)14時より
集合  午後1時半 多磨霊園正門前「よしの家」
    府中市紅葉丘2−7−4 
    ? 042 (361) 2176  (西武多摩川線・多磨下車徒歩5分)
    なお終了後「よしの家」にて直会を予定しています(会費は千円程度)
      ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 十月の公開講座の御案内       ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
三島由紀夫研究会、十月の公開講座は、ベストセラー『悪韓論』の著者、元時事通信ソウル支局長の室谷克実氏です。『安重根と三島の差違』を仮題に熱弁をふるって頂きます。

とき    10月22日(火曜日) 午後六時半
ところ   アルカディア市ヶ谷 7階会議室(白根)
      http://www.jstc.jp/map/kenshu-mapARCADIA.html

講師    室谷克実
演題    「安重根と三島の精神の差違 韓国はなぜ駄目なのか」
会費    お一人2000円(会員は千円)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
森田必勝烈士の故郷、四日市でのイベントがあります! 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「森田必勝シンポジウム」を四日市市で開催
  11月23日 烈士森田必勝の故郷=四日市において
 *************************

昭和45年11月25日あの市ヶ谷台上で三島由紀夫先生とともに憂国の自決を遂げた森田必勝烈士(楯の会学生長)を語る
「シンポジウム ―――1970 森田必勝が駆け抜けた時代」
が故郷の四日市で開催されることになりました。
概要は以下の通りです。
          記
日時:   平成25年11月23日(土・祝日)13:30〜16:00
会場:   四日市市文化会館 第三ホール
      住所 三重県四日市市安島2−5−3
      ?  059(354)4501
パネリスト 宮崎正弘(評論家)
      鈴木邦男(一水会顧問)
      森田 治(森田必勝氏御令兄、元三重県議会副議長)
参加費:  千円
予約    会場は定員80名のため、参加希望者は予約が必要です。希望者は下記へメールをお寄せ下さい
      yukokuki@hotmail.com
        ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今年度の「憂国忌」のプログラムが決まりました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年度の「憂国忌」のプログラムが決まりました。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 11月25日 午後六時開演(5時半開場予定)
       星陵会館大ホール

     司会       佐波優子
 開会の辞       『三島由紀夫の憲法草案について』(富岡幸一郎)
 シンポジウム     『憲法改正か自主憲法か』     
            井尻千男(評論家、拓殖大学名誉教授)
            小川栄太郎(文藝評論家、『約束の日』の著者)
            藤井厳喜(政治学者)
            水島 聡(桜チャンネル代表=司会兼)
 閉会の辞       松本徹(三島文学館館長)
 会場分担金      おひとり 二千円(会員は千円。賛助会員は無料ご招待)。
                 ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  三島由紀夫研究会 HP URL http://mishima.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2013  ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-01-12  
最終発行日:  
発行周期:半月刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。