文学

三島由紀夫の総合研究

創立35年の老舗「三島由紀夫研究会」の会報を兼ねた、あらゆる角度からの総合研究メルマガ

全て表示する >

三島由紀夫研究会メルマガ(憂国忌速報)

2010/11/26


 ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
『三島由紀夫の総合研究』(三島由紀夫研究会 メルマガ会報)
    平成22年(2010)11月26日(金曜日)
       通巻第452号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三島由紀夫没後四十年、「憂国忌」に1300名!
三島、森田両烈士の御霊安かれ、と厳粛な式典とシンポジウム
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 11月25日、九段会館大ホールにおいて第四十回追悼会「憂国忌」が開催され、全国から1300名が集った。
 三階まで立錐の余地がないほどで各階に立ち見がでるほど盛況だった。
開場の四時前にはやくも九段には長蛇の列がつづいたが、粛々と参加者はロビィの祭壇におまいりをすませ、また廊下に展示された珍しい写真パネルなどに見入った。
特別に販売された『憂国忌の四十年』など関連図書も売り切れとなった。用意された記念冊子も不足するという異例の事態、事件から四十年を経ても、この人気。まさしく三島由紀夫は「死後も成長する作家」である。

第一部の鎮魂祭は、森田必勝烈士の実兄から寄せられたメーッセージ朗読から始まり、乃木神社神職による厳粛なる式典が進行、辞世吟詠につづき参加した発起人が玉串奉奠を行った。
祭主は松本徹(三島文学館館長)、祭文を朗読した。その後、シンポジウム発言者、女優の村松英子さん、イタリアから駆けつけてロマノ・ヴィルピッタ氏、韓国から池東旭氏ら二十名近くの発起人が玉串を奉奠し、最後に全員を代表して九州から駆けつけた清水九大名誉教授とともに、参加者全員が起立、奉奠にあわせた。

第二部は「あれから四十年、日本はいかに堕落したか」と題したシンポジウム。井尻千男、遠藤浩一、桶谷秀昭、西尾幹二の各氏が登壇、司会は宮崎正弘氏が担当した。議論は盛りあがり、時間切れとなったが、この模様は後日、雑誌に纏められ、また桜チャンネルで後日、放送される。またDVDが作成され、希望者に頒布される(下段参照)。
閉会の辞は直木賞作家の中村彰彦氏。最後に全員が起立して「海ゆかば」を合唱した。 参加者は「心が落ち着いた、良い式典だった」「シンポジウムも中味が濃くて参考になった」「来年も参加したい」など思い思いを秘め、帰路についた。
裏方を支えた実行委員と発起人合同の懇親会が引き続いて同会館宴会場に場を移して開かれ、とくに学生運動以来三十数年ぶりというOBらの交換風景、三島ファンと発起人の先生方との座談などが繰り広げられ、この会も予測をはるかに超えて二百名近く、熱気に溢れた。
  ◎◎ ◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
憂国忌墓前奉告祭のお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
憂国忌墓前奉告祭のお知らせ
日程    平成22年11月28日(日)
集合    午後1時 多磨霊園 正門前「よしの屋」
府中市紅葉丘2−7−4 042−361−2176
地図  http://www.yoshinoyasekizai.com/info/map.html

当日はスタッフが「よしの家」の前で「憂国忌墓前奉告祭集合場所」と書いた紙を持って立っています。直接行かれる方は、多摩霊園10区1種13側 三島先生のお墓に1時10分までにお見えください。
終了後、上記「よしの家」にて直会を予定。
この墓前祭は、どなたでも参加できます。事前予約も不要です。直接、現地へお見え下さい。
 ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「憂国忌」のDVD頒布のお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「憂国忌」DVDの予約を開始します

  ♪
憂国忌録DVD(二枚組)を実費頒布します
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
超満員となった「三島由紀夫氏没後四十年 憂国忌」の映像記録です。
DVD二枚組み
鎮魂祭(50分)の模様
シンポジウム(二時間)の全記録です!
 代金は品物到着後、お振り込みでOKです。
 
ご希望の方は下記のメールアドレスに「憂国忌ビデオ」と入力の上、
m-asano@fujiya-camera.co.jp
・お名前 ・〒番号 ・ご住所 ・録画方式(下記参照)をお知らせ下さい。
今回のDVDには録画方式が二種類あります。
1.ノーマルDVD
  (一般的なDVDプレイヤーやパソコンで再生することができます)
2.フルハイビジョンDVD
  (ブルーレイ対応のDVDプレイヤーのみ再生可能です)
 ご注文の際には、ノーマルかブルーレイのどちらかをご指定下さい。特にご指定のない場合には、ノーマルDVDを送ります。
 頒価は二枚セットでノーマルDVDが1,500円、ブルーレイが2,000円となります。
郵送料と振り込み手数料は弊会が負担します。到着後、同封されている郵便振込用紙にてお支払い下さい。なお、発送までに一ヶ月ほどかかります。
 ♪
特記(1)このDVDは限定頒布ですので12月3日に締め切ります。以後の増刷はありません。
特記(2)賛助会員の方で五口以上の御賛助をいただいた方には贈呈させていただきますので、お申し込みの必要はありません。
  ◇ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 MMMMMMM 三島 MMMMMMMMMMMM 三島 MMMMMMMMM
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(編集部から)小誌は「三島由紀夫研究会」(昭和四十六年創設)の会員だけに限定せずに、三島研究の論文、エッセイをつねに募集しております。比較文学論(たとえば「村上春樹と三島」とか)、作品論(たとえば『美しい星』や『仮面の告白』に新解釈)、読後感、政治論、芸術論。まるで分野を問いません。三島さん自身、古典から前衛まで、映画からシャンソンまで万能の人でしたから。
 「憂国忌」への御感想、御希望でも構いません。皆さんからの御投稿を広くお待ちします。原則として実名。簡単な肩書きをつけて下さい。ただし三島文学批判も構いませんが、明らかな誹謗中傷のたぐいの投稿は採用しません。ゲスト寄稿者コーナーも常設しております。一部の原稿は年二回以上発行のメルマガ合本に掲載させていただくことがあります。    
     ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  三島由紀夫研究会 HP URL http://mishima.xii.jp/
      メール  yukokuki@hotmail.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2010  ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-01-12  
最終発行日:  
発行周期:半月刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。