文学

三島由紀夫の総合研究

創立35年の老舗「三島由紀夫研究会」の会報を兼ねた、あらゆる角度からの総合研究メルマガ

全て表示する >

三島由紀夫研究会メルマガ

2006/12/26


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『三島由紀夫の総合研究』 
   三島由紀夫研究会 メルマガ会報
      平成18(2006)年12月27日(火曜日)
          通巻 第107号   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者より その1) ”甦る三島劇『鹿鳴館』の喝采 〜 劇団「四季」がロングラン公演。 観客動員数8万人の快挙!” という見開き2ページの記事が『FACTA』という雑誌に載っています。

   欧化政策と日本の伝統の間で揺れる明治の開化期の社交界を舞台にしたこの『鹿鳴館』をはじめ、いまも海外で公演される『サド侯爵夫人』や『近代能楽集』など三島由紀夫の戯曲の文学的たくらみの成果を「小説以上」とする評価は、内外に少なくない。 
けれどもいわゆる新劇の解体から空白の久しいこの国の演劇空間にあって、ストレートプレー(台詞劇)としての「三島劇」が1年間、のべ8万人近い観客を動員して171回にわたるロングラン公演を成し遂げようとしていることは特筆されていい出来事だろう・・・
 この異例ともいえるロングラン公演に足を運んだ観客は男性が3割で、 男女とも50代以上が半分を占めているそうですから、三島の自決をさまざまなかたちで同時体感した人々の情動がロングランのエナジーとなっているようです。
三島自ら「私のはじめて書いた『俳優芸術のための作品』」と呼んだ『鹿鳴館』について、こう記しています。
「『鹿鳴館』は筋立ては全くのメロドラマ、セリフは全くの知的な様式化、という点に狙いがあるので、特にセリフにすべてがかかっている以上、セリフの緊張がゆるめば通俗的なメロドラマしか残らない」。
セリフには三島得意のアフォリズムが鏤めれています。
「政治の要諦はこうだ、 いいかね。 政治には真理というものはない。 真理のないということを政治は知っておる。 だから政治は真理の模造品を作らねばならんのだ」
公演は、劇団四季の創立50周年のメモリアルとして三年前に建てられた東京・浜松町の「自由劇場」で、来年の1月8日まで行われます。時間を割いても観にいきたいものです。
   (HN生、品川)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(事務局より)下記の読者の方々、住所不備で郵便が戻っております。新住所をお聞かせ下さい。もしくはご存じの方、お知らせ下さい。
 yukokuki@hotmail.com
 まで。
佐藤博美(上福岡市)、勝間寛次(稲毛市)、春山誠(今市市)、山岡詔二(茨城県)、中村重行(京都府)、
   ▼
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 “現代の北一輝”はかく考え、かく行動し、かくして憤死した!
  三浦重周(前三島由紀夫研究会事務局長)の遺稿集第二弾
  『国家の干城、民族の堡塁』(K&Kプレス)。
     定価税込み2310円。
  
日本の核武装を予見する政治論文に加えて、前作『白骨を秋霜に曝すを恐れず』でも好評だった随筆のエッセンスが選別され、巻末には資料として三浦が「早稲田大学国防部」時代の共同論文「満州国の理想」を再録、さらに多くの関係者の追悼文を附録に掲載。
   ◎
なお郵送希望読者は、下記へ
yukokuki@hotmail.com
 お名前、ご住所、〒番号をお知らせ下さい。
書籍到着後、同封されている振込用紙を使用して書籍、郵送寮とも2600円をお振り込み下さい。
       □□□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三島由紀夫研究会 HP http://www.nippon-nn.net/mishima/contents/
        メール  yukokuki@hotmail.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2006 ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-01-12  
最終発行日:  
発行周期:半月刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。