社会・社会学

泥棒、空き巣、強盗にやられたくない人の防犯対策講座

大切な家族の命・体・心・お金と財産を守る住まいの防犯対策講座。既築住宅の防犯、新築・リフォーム時にも住まいの防犯対策にお役立て下さい。ドロボーあきす対策などの防犯診断、家宅侵入犯罪被害者相談もできます。NPO発行

全て表示する >

防犯メールマガジン

2008/05/23




**ネット詐欺**


 ご無沙汰過ぎますね。

最近ですが知人からこんな相談が寄せられました。

知らないところからメールが届いて
ちょっと興味をそそる内容だったのでホームページを開いたんだそうです。

===========================

「会員募集」などの記載はなく、興味のある文字をクリックしたら

突然

「入会ありがとうございます。・・3日以内に¥99800を振り込んで下さい。」

という内容のページが現れた。

しかし、その中に支払いの内容は出ていない。

ビックリして、即そのページを閉じた。

メールをチェックしても何も来ていない。


3日間何のメールも来ないので「何でも無かったのか、」と、
いちおう安堵していたら、

4日目に「滞納通知」が届き、「即入金しろ・・さもないと金利がつく」など
の内容と振り込みサイトが記載されていた。

===========================

というものでした。

読者の皆さんは、防犯意識がたかいので、
こんな詐欺には引っかからないと思いますが、

こんな感じの悪質メールでネット詐欺に引っかかっている人は
世の中にたくさんあるんじゃないかと・・・心配ですね。


もしそんな人がいたら下記の情報を教えてあげて下さい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

A)知らないところからのメールは絶対に開かないこと。

B)もし、開いてしまって上記のように身に覚えがない請求を受けたら、
  即、
  サイバー警察<http://www.npa.go.jp/cyber/>及び
  インターネット協会<http://www.iajapan.org/
  ホットライン<http://www.iajapan.org/hotline/
  国民生活センター<http://www.kokusen.go.jp/
  に被害届を出して下さい。

  被害届を出しても、被害者個人に対する処置は
  すぐに完了しなかもしれないし、被害者が匿名を希望すれば
  すぐに請求が止まらない可能性があります。

  請求が止まらない場合は、
  下記のメールを返信すると良いかもしれません。

  <メール返信文章>
  全くの不当請求であり、このような請求は違法です。
  私は貴会に「入会する」意味の文字をクリックしておりません。

  そもそも、貴殿は私の名前も知らず、私も貴殿の会社名や代表者名を
  知りません。

  そのような契約が存在するはずがありません。

  従って払う意志もなければ入会したという貴殿の言い分は無効です。

  万一再度このような不当請求がある場合は、
  サイバー警察<http://www.npa.go.jp/cyber/>及び
  インターネット協会<http://www.iajapan.org/
  国民生活センター<http://www.kokusen.go.jp/
  に被害届を即提出致します。

  不当請求を受けた者より



  などの内容の文章を送ったら一発で請求は止まりました。

それから、必ず「特商法の表記」を見て下さい。

この被害者が見たサイトは「特商法の表記」がなかった。

これは即「詐欺」と断定できます。

又、特商法の表記でサイト名(会社名か個人名)、代表者名
住所などの記載が誤ったものも詐欺になります。


今回はネット詐欺についてでした。

又役立つ情報があれば記事を書きます。

では、又・・・・


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2006-01-08  
最終発行日:  
発行周期:月刊・臨時  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。