恋愛・人生

痛快!恋する格言。

何度出逢っても“練習問題”ばかりで“応用問題”へは進めないもの・・・それが、恋。。。だからこそ基本を知って挑みましょう。女性へは「男の恋のホンネ」、男性へは「恋の真理」を、オリジナルな恋愛格言でお届けしまス。

メルマガ情報

創刊日:2005-12-27  
最終発行日:2015-07-29  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

痛快!恋する格言。〜2番目に好きな人〜

2015/07/29

-------(♯8)--------


“2番目に好きな人” が、


 





















きみを幸せにする。


 

--------------------



<解説しよーうっ!>




つまり、
 
恋は1番好きな人とではなく、
 
2番目に好きな人とうまくいく。

ってことなんですが、、、
 
 

これ、
 
仮に、

自分が好意の持っている相手に

そのまんま言ってしまうと、

とんでもない誤解を招くことになる。



「あなたは、
 
私にとって2番目に好きな人でぇーす。

もしよかったら付き合ってください!!」
 

 
..............
 
........「ハァ???」
 

 
フツーなら100パー成就してた恋さえ、
 
“こっぱみじん”でしょう。



しかしこの格言には、
 
それなりの根拠があるのです。

表面的なコトバの印象より、
 
実はもっともっと深かったりします。
 

 

 
 
 
まず、「1番好きな人」の正体から。



これは、

“手に入れることのできなかった恋”
 
を指すと思うのです。

胸に秘めたまま、結局言い出せなかった。

告白したが振られた。など、

自分ではどーにもならなかった

恋たちの総称です。
 


もしかしたら自分にとって
 
最高の相手だったかもしれないのに...

と、想ってしまうと、

それらの恋は時とともに美化され、

株価は上がり、

自分の世界だけで勝手にプレミアが付く。

仮に付き合えていたとしても、
 
不幸な恋だったかもしれないのに...

けどそれは、

“未知のまま”であるが故に、

“1番”(になる可能性があった)と、
 
格付けしてしまってる。







箱の中に手をつっこみ

クジを一枚引くとします。

しかし、誤ってあなたは二枚一度に
 
取り出してしまいました。

権利は一枚だけですから、どちらかを選び

一枚は開けずに元の箱へ。

残ったクジを開けてみるや、

見事!2等賞!!

1等から5等、その下にハズレもある

クジ引きの2等ですから、

あなたは大喜びします。

 

...が、次の瞬間。

こんなコトをふと想ってしまうのです。


もし、あの返却したほうのクジを

選んでいたなら、

結果はどーだったんだろー?

と。

もしかしたら1等だったかもしれない、
 
と。
 
 


 

 
「2番目に好きな人」、、、


これは現実として成就した恋のことです。

しかし、この“2番”という響きが、
 
どーしても

“1番”より劣っている印象を

与えてしまうのです。

ここが“セツナイ”のでしょう、きっと。



でも、ほんとはちょっと違います。


多分、こーです。



“2番目”とは、2等や二流の

「2」ではなく、

“次の”なのです。

そう、“NEXT”です。



“うまくいった恋”のひとつ前は、

誰だって“ダメだった恋”です。

それから数えて

“2つ目”がハッピーエンド。



これ、です。









 

以上、

リョウスケでした。

では、どろんっ!



最新のコメント

  • コメントはありません。