読書

トムの気まぐれ書評

気の向くまま、気まぐれに、読んだ書籍を紹介します。
最近の興味は、企業経営、IT、オフショア(中国、インド)と言ったところです。

全て表示する >

トムの気まぐれ書評(大地の咆哮)

2008/04/29

こんにちは。

 『トムの気まぐれ書評』です。

   気の向くまま、気まぐれに、読んだ書籍を紹介します。
   最近の興味は、企業経営、IT、オフショア(中国、インド)
   と言ったところです。
  
 本メールマガジンは不定期に発行します。


#28寸評-----------------------------------------------------
 『大地の咆哮 元上海総領事が見た中国/杉本 信行著』
  <http://tom.efuco.com/?eid=398837>
---------------------------------------------------------------

 ソフトウェア開発を中国にオフショアする場合、その大きな
 リスクとして『中国のカントリーリスク』があります。

 それは大まかに言えば、
 『中国は共産党の一党独裁国家であり、沿岸部と農村などの
  中国国内格差を中心に矛盾点が多く、国家崩壊のリスクがある。』
 なのですが、本書を読んで、この『カントリーリスク』をもう少し
 具体的にイメージできるようになりました。

 よく知られている共産党の腐敗や、格差、土地問題などに加え、
 『監視社会』『非公開な情報網』『水不足』『確立されていない法整備』
 『歴史教育』等々、乗り越えなければならない問題が多数あるようです。

 本書は、日本人(特に日本人外交官)としての視点から中国の
 諸問題をバランス良く分析しています。本書を読むと、本当に
 中国オフショアを拡大してよいのか、もう少し大きな視点で
 言えば、本当に中国とのお付き合いを拡大していって良いのか、
 若干心配になってきますね。

 最近の報道から、胡錦涛主席は毛沢東主席の頃の共産党とは違い、
 中国の諸問題についてきちんと対応していくような実務型政権の
 ように見受けられます。

 課題の多い中国ですが、日本の隣人であり経済的なつながりも、
 益々強くなっていくことと思います。本書は、日本人として
 中国とどう付き合っていけば良いのか、いろいろな意味で、
 考えるきっかけにもなりました。

 ・・・尚、著者は本書の出版後他界されたとのこと。
    心よりご冥福をお祈り致します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-12-23  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。