読書

トムの気まぐれ書評

気の向くまま、気まぐれに、読んだ書籍を紹介します。
最近の興味は、企業経営、IT、オフショア(中国、インド)と言ったところです。

全て表示する >

トムの気まぐれ書評(Web進化論)

2008/02/16

こんにちは。
 『トムの気まぐれ書評』です。

  気の向くまま、気まぐれに、読んだ書籍を紹介します。
  最近の興味は、企業経営、IT、オフショア(中国、インド)
  と言ったところです。
  
 本メールマガジンは不定期に発行します。

#27寸評----------------------------------------------------
  『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる/梅田 望夫著』
  <http://tom.efuco.com/?eid=381010> 
--------------------------------------------------------------

 本書は、以前から書店で見かけ、何となく気になっていた一冊でした。

 本書の内容は、大まかに言うと、最近のITキーワードの一つである
 『Web2.0』についての考え方を解説し紹介したものと言えます。

 第一刷発行が2006年2月であることから考えると、本書は、Web2.0に
 ついて比較的早い時期に考察し提言した一冊となります。

 本書によると、
 ・グーグルの活動は、インターネットの第2世代(Web2.0)が
  既に始まっていることを示している。
 ・インターネットには『こちら側』に対して『あちら側』があり、
  このグーグルの活動は、正に『あちら側』の世界が徐々に
  成長していること意味する。
 ・『あちら側』は、チープ革命、ロングテールなどの言葉で
  イメージすることができる。

 当方は、普段、システム開発の立場からWeb2.0について考えるため、
 Web2.0は、新しいIT技術の一つと言ったイメージでとらえていました。
 が、本書はWeb2.0を、もっと違った視点、観点でとらえ説明していました。

 また、著者は終章の『脱エスタブリッシュへの旅立ち』の中で、
 9.11テロを自分の前半生と後半生の分岐点として以降の生き方を
 変化させたとのこと。

 当方は、著者と同年代でもあり、本書をきっかけにして、
 これからの生き方を一度考えてみようか?・・などと思った次第です。

 いろいろな意味で、読んでみると良い一冊と思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-12-23  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。