トップ > 仕事&就職 > 資格 > 宅建の過去問

宅建の過去問

RSS

過去問を解けば宅建の合格が見える!合格への最短コースは過去問です。このメルマガでは、宅建の過去問に関する情報を平日の毎日配信します。内容は、一問一答形式の問題を基本に、宅建講義の動画案内、過去問の「じっくり解説」など盛りだくさんです。過去問の解法を通じて宅建の知識の理解を深めて下さい。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-05-29
発行部数:
287
総発行部数:
556604
創刊日:
2005-12-18
発行周期:
平日日刊
Score!:
85点

宅建の過去問 No.2132[H15-39]

発行日: 05/29

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=

  宅建の過去問 No.2132[H15-39]             2017.5.29
                            平日 毎日発行
                           2005年12月創刊

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=


■ 平成29年度向け宅建通信講座! 

 内容で選ぶならコレ!9,700円ですべての教材が揃います。

 http://www.law-ed07.com/takken/top.html


 *  *  *  *  *  *  *  *  *  


本メルマガは、平日の毎日、宅建の過去問を基本に、宅建講義の動画案内、
過去問の「じっくり解説」(通りいっぺんの解説ではない掘り下げた内容を
講義調で解説)など盛りだくさんで配信するものです。

ホームページ http://www.law-ed07.com/

問題の解説の下にあるアドレスは、本メルマガと連動しているホームページ
「宅建六法」の条文解説ページですので、ご参照下さい。
※アドレスのない場合もあります。


それでは早速本日の内容に入りましょう。



■■ 問 題 ■■


平成15年

【問 39】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主となり、宅地建物取引業者で
ない買主との間で締結した宅地の売買契約について、買主が宅地建物取引業
法第37条の2の規定に基づき売買契約の解除(以下この問において「クーリ
ング・オフ」という。)をする場合に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

1 買主Bは、20区画の宅地を販売するテント張りの案内所において、買受
けを申し込み、契約を締結して、手付金を支払った。Bは、Aからクーリン
グ・オフについて書面で告げられていなくても、その翌日に契約の解除をす
ることができる。

2 買主Cは、喫茶店で買受けの申込みをした際に、Aからクーリング・オ
フについて書面で告げられ、その4日後にAの事務所で契約を締結した場合、
契約締結日から起算して8日が経過するまでは契約の解除をすることができ
る。

3 買主Dは、ホテルのロビーで買受けの申込みをし、翌日、Aの事務所で
契約を締結した際に手付金を支払った。その3日後、Dから、クーリング・
オフの書面が送付されてきた場合、Aは、契約の解除に伴う損害額と手付金
を相殺することができる。

4 買主Eは、自ら指定したレストランで買受けの申込みをし、翌日、Aの
事務所で契約を締結した際に代金の全部を支払った。その6日後、Eは、土
地の引渡しを受ける前にクーリング・オフの書面を送付したが、Aは、代金
の全部が支払われていることを理由に契約の解除を拒むことができる。



※ 解答は下にあります。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宅建通信学院からのお知らせ!
--------------------------------------------------------------------


■ 宅建通信学院〜平成29年度向け宅建通信講座

 一番安くて、一番内容が充実している宅建通信講座!

 本メルマガ執筆者による全教材作成及び質問対応の「宅建通信講座」です。

 9,700円ですべての教材が揃います。

 教材内容
 ・目からウロコのテキスト〜「覚え方」「考え方」も分かる
 ・分かりやすい音声講義
 ・覚える内容をオール図解したレジュメ〜「細切れの時間」の有効活用
 ・最強の過去問集〜平成の過去問をすべて内容別に一問一答形式に編集
 ・学習の心強い味方の学習アドバイス・メール
 ・学習スケジュール表(エクセル)でラクラク学習管理
 ・本試験に近い答練・模試

 ※Webコースですので、ご自身で問題集などのPDF教材をプリントアウ
  トしていただく必要がある場合があります。

 詳しくは下記ホームページで!

 http://www.law-ed07.com/takken/top.html


・宅建本試験解説ページ http://www.law-ed07.com/shiryou/top.html
・宅建通信学院ツイッター https://twitter.com/law_ed07
・宅建通信学院フェイスブック http://www.facebook.com/lawed07
・YouTube 宅建 辻説法 http://www.law-ed07.com/takken/YouTube.html


宅建通信学院ホームページ

 http://www.law-ed07.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





■■ 解 答 ■■


【問 39】 正解 1

1 正しい。

案内所で契約した場合でも、テント張りのような土地に定着していない案内
所で契約を締結した場合には、契約の解除をすることができる。なお、クー
リング・オフは、申込みの撤回等を行うことができる旨及びその申込みの撤
回等を行う場合の方法について告げられた日から起算して8日を経過するま
では、行うことができる。したがって、書面で告げられていない場合でも、
解除することができる。
*宅地建物取引業法37条の2第1項1号
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/37_2.html

2 誤り。

事務所等以外の場所で買受けの申込みをし、事務所で契約をした場合でも
クーリング・オフをすることができるが、クーリング・オフについて書面で
告げられた日から8日を経過すればクーリング・オフをすることはできない。
契約締結日から8日間を起算するわけではない。
*宅地建物取引業法37条の2第1項1号
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/37_2.html

3 誤り。

宅地建物取引業者は、クーリング・オフできる場合、申込みの撤回等に伴う
損害賠償又は違約金の支払を請求することができない。また、申込みの撤回
等が行われた場合においては、宅地建物取引業者は、申込者等に対し、速や
かに、買受けの申込み又は売買契約の締結に際し受領した手付金その他の金
銭を返還しなければならない。したがって、Aは契約の解除に伴う損害額と
手付金を相殺することはできない。
*宅地建物取引業法37条の2第1項・3項
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/37_2.html

4 誤り。

申込者等が、当該宅地又は建物の引渡しを受け、かつ、その代金の全部を支
払つたときはクーリング・オフできないが、代金の全部は支払われたが、引
渡しがまだなされていない場合には、クーリング・オフをすることができる。
*宅地建物取引業法37条の2第1項2号
http://www.law-ed07.com/cyber-law/takken/37_2.html




■■ 解法のポイント ■■


本問を解くのに必要な知識は、基本的なものだと思いますが、クーリング・
オフの場合、いろいろな論点が出てきますので、それが組み合わされた場合
でも、しっかり解答できるようにしておいて下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



====================================================================

【宅建の過去問】
■発行者 宅建通信学院
   ホームページ http://www.law-ed07.com/
■このメルマガは、一応「発行時点」における法改正に対応しておりますが、
 本試験までの法改正への対応を保証するものではありません。
■発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
        『メルマ』   http://melma.com/
 登録及び配信中止はこちら
     まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000179544.html
     メルマ   http://www.melma.com/backnumber_148763/
■ご意見・ご感想は、このメルマガに直接「返信」の形でお送り下さい。

Copyright(C)2017 宅建通信学院 All rights reserved.

====================================================================


ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    4455人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. ハロー!株式

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    4619人

    メルマ!ガ オブ ザ イヤーにて総合大賞を8年連続で受賞中。マネー部門賞でも第1位を2度受賞、10年連続で受賞を頂いています。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」にも紹介され、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    3294人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  5. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    5700人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

発行者プロフィール