マンガ・アニメ

おとぎ郵便局

主にミスフル・テニプリの固定キャラ小説をそれぞれ発行していきます。
更新は不定期ですがたくさん連載していきます!!

全て表示する >

post story vol.2 DATA GIRL 01

2006/01/09


びっくりした。

正直こんなこと本当に起こっちゃうんだと思った。

でもこの世界の方が大好きなんて思っちゃう私はまだまだ甘いのかな?



         DATA GIRL

            file:01



太陽が赤く染まって学校にいる生徒達がだんだん自宅に帰っていく中、私はいつものように音楽室の鍵を開けた。

鍵はかかっていたけどいつも学校の情報整理をしてるからその報酬ということで先生が合鍵を作ってくれた。




私はこれでも学校で色々な情報収集や整理を任されている。

もともと私がこういう仕事が好きだったから最初はお手伝い程度でやってたけど、高2になった今ではみんな私のする仕事に満足してくれて、学校の先生や友達の他に噂を聞きつけて他の地域から頼まれたりする。

友達の話だとお金をとったりしないから結構有名らしいけど本当に好きでやってることだからお金をとるなんてできないんだけどな…





音楽室はやっぱり無人だった。

でも一人じゃないと思いっきり歌えないからよしとしよう。

夕日が一番きれいに見える窓辺に近づいてゆっくりと深呼吸すると私はアカペラで歌い始めた。






 たとえば 息を止め

 星の光を

 全部

 吸い込んでみたら

 輝けるかな

 それから

 心の向くままに

 宇宙を 駆け抜けて

 流れてく 星みたいに

 恋に落ちた それは

 一瞬の出来事

 生まれたときから

 知ってる

 魂に火をつけて

 限りなく くり返す

 響き合う

 愛のささやきは

 差し迫る 危機を越え

 命ある

 すべての世界を

 巻き込んで

 つなぎ止め

 かき乱し

 一つにさせるよ

 だから もっと

 かき鳴らして

 響き出す

 切ない 愛をうたえ






この曲は最近友達に教えてもらった大好きな歌。

初めて聞いた時にすぐに気に入って歌えるように練習した曲。

私は歌うことが仕事と同じくらい大好きだから暇があれば歌ってると思う。

歌って聞いたり歌ったりするだけでその人を癒したり元気にできるから生きてる中で大切なことだと私は思ってる。

この前自分で作った歌を友達に聞いてもらったらすごい好評だったからそっちの方も今練習中。



そんな人間が、私鈴菜結乃高校2年の姿です。



私が気持ち良く歌っていると校外から小学校の完全下校のアナウンスが聞こえてきた。

こんな地域も他の人から見れば田舎かもしれないけど私はこののどかな空気を気に入っている。

私もそろそろ帰らなきゃと思い教室を出ようとしたときとても不思議な事が起こった。

突然強風が私を巻き込んだのだ。

窓が開いていたのか?と思い強風に飛ばされないようにしながら窓をみると不思議なことに窓は開いていない。本当にわけわからないよ!この強風!!

「何なのよ〜!!これ〜!!」

私が思わず口に出すとどこからか声が聞こえてきた。

――ヤット…ミツケタ…!ワレワレノコエヲキキタスケテテクレルニンゲンヲ!!――

「なっ何?!」

次の瞬間更に強い風が私の体に叩きつけついに体が宙に浮いた。

そして洗濯機のなかで洗われている洗濯物のように飛ばされてしまった。

私は飛ばされた時の衝撃で意識が保てず、そのまま手放してしまった。




これが私がこの世界に飛ばされてしまう前の不思議な出来事。






     歌詞引用:「愛をうたえ」wyolica
    公式HP:http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/wyolica/



ご意見・感想はメールにて!!
メール:configuration2@hotmail.com
HP:http://members.goo.ne.jp/home/akiho-mizukawa

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-12-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。