恋愛・人生

僕的に彼女を作ったお話

僕の彼女の作り方のお話です。 少しの過程と、彼女を口説いた一言だけのメルマガです。 これを読めば、彼女の作り方が分かります!

メルマガ情報

創刊日:2005-12-09  
最終発行日:2005-12-13  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

私は、今まで色々な女性とお付き合いをさせて頂きました。

その中で今回は、「100円で彼女を作ったお話」をします。

 その彼女は、飲み屋さんで働いている女性です。僕は、農業をしている20代の男です。
 初めて行ったそのお店に、その彼女はいました。
 挨拶から始まり僕の隣に座って、話をしていると、「遊んでそうだね」という一言が登場しました。
 この言葉を「僕は褒め言葉」と考えています。だって誰がみても格好悪い人には「遊んでそうだね」とは言わないからです。
 しかし、「遊んでそう」=軽そう  になります。
ここで僕は、軽そうのイメージを「誠実」「しっかりしてる」に変える作戦を実行しました。その内容は・・・。

世間話をしていた最中に僕は、その彼女に一言言いました。「煙草代が足りないから100円貸して下さい」と。すると彼女は100円を貸してくれました。有難く煙草を買わせて頂き、その日は携帯番号交換で終了。

次の日僕は真っ先に「昨日100円ありがとう」と電話をし、その日の
うちに100円を返しにお店に行きました。

すると、彼女は「ありがとう」と言ってくれました。
100円借りた身分の僕が逆に彼女から「ありがとう」と言われ何か変
な気分です。
その日彼女に言われた言葉は以下の通りです。
「ありがとう」「しっかりしてるね」「別に100円なんか返さなくても良かったのに」等

僕を褒めてくれる内容ばかりの言葉でした。

100円を借りて100円をすぐ返す。これだけで彼女に「誠意」「誠
実」が伝わりました。

もちろん、この彼女はGETしました。

これを僕は、「ワンコイン作戦」と呼んでいます。





最新のコメント

  • コメントはありません。