小説

◆◆◆ありすワールド◆◆◆

創作小説メルマガです。バンドでメジャーデビューを目指す少年たちが、様々な出来事や、他のバンドとの関わりなどを通して成長して行く姿を綴っていきます!

全て表示する >

◆◆◆ありすワールド◆◆◆第33号

2007/10/20

〜当メルマガは、MSゴシック(等幅フォント)で読むのをオススメします。〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■           ■
■■  ありすワールド  ■■
■           ■■■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
◇バンドでメジャーデビューを目指す少年たちの恋愛模様をお届けします◇
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
                             第33号
                           2007/10/20
                          発行 有栖都
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




全米人気ナンバー1ドラマHEROSがいよいよSuper!daramaTVで始まりましたね!
昨日第1話から3話までが一気に放送されたんですけど、面白くてあっという間
に3時間が過ぎていました。続きが気になりますけど、次は火曜日まで待たな
いとならないんですよね〜。待ち遠しいです。

⇒ http://niigata.cool.ne.jp/jaguar666/ (ありすワールド)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ BIRTHDAY Vol.4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして残された二人。
重い沈黙が続いた。
話し合う言うたかて、どうせ孝史くんはまた「寝とってん」しか言わへんの分
かっとるもん。
信之介はそう思い、黙って不貞腐れた顔をしていた。
一方孝史は、信之介が何故そんなにも怒るのか、実際の所理解不能だった。
これは朗に言われた通り、ちゃんと話をせなあかんな・・・・・・そう思う孝
史だった。
それにしても。
ちらりと信之介を見ると、かなり拗ねている。
あかんわ、これじゃ話しにならへんて。
ふう、と大きな溜息を一つついた孝史。
その溜息に反応した信之介がぽつりと呟いた。
「待っとったのに」
「あ・・・・・・せやから・・・」
「寝とったんやろ、分かっとるねん、もうその言葉は聞きたないねん!」
「いや、ほんまにやなぁ・・・」
「嘘やとかそういう事、言うてんのとちゃうやん。もう・・・・・・聞きたな
いねん、そんな言葉」
今までとはちょっと違う、すこし寂しそうな様子の信之介に、孝史も言葉につ
まってしまった。
「待っとったのに・・・・・・」
部屋で、いつ孝史が来るんだろうと、それこそ首を長くして待っていた。
マンションの前にタクシーが止まる音がする度にベランダからこっそりと眺め
てみたり、廊下を歩く靴音が響くと、孝史が来たのではないかとわくわくした。
靴音が別の部屋に消えて行くと、孝史は靴音が響くような靴は履かないんだと
気づいて自分を励ましつつも、別の靴音が聞えると、またもや胸の高鳴りは激
しくなる。そんな事を続けているうちに、25日の深夜0時丁度は虚しく過ぎて
行ってしまった。携帯を手にしてみるが、電話すら掛かってこなかった。
酷いわ、孝史くん・・・・・・
必死で毒づきながらも、優しい孝史の面影がちらつくと、つい微笑みが漏れる。
25日は丸々一日休みを貰っているのだ。
誕生日プレゼントに孝史くんの今日一日を頂戴ね、と・・・・・・そう言った
とき、孝史は果たしてどんな顔をするのだろうか。
そんな事を考えていると、切ない時間は案外過ぎて行くものだった。
うつらうつらし始めて、夢の中では孝史が部屋に来ていた。
『ごめんな、信之介、遅ぉなってもぉて』
大汗をかきながら信之介の元へ来てくれた孝史に抱きついている自分を感じて
いた時、夢から覚めた。一瞬、どれが夢か何がうつつか、判断がつかなかった。
そして、孝史のいない部屋の広さに、切なさを感じるのだった。
待てど暮らせど、孝史は来なかった。
電話をかけて見る事は考えたけれど、自分の誕生日にそれはあまりに寂しすぎ
る行動だったので、信之介にはそれは出来なかった。
掛かってくる事を考えて、携帯を肌身離さず持っていたけれど、結局25日の日
に孝史からの電話は掛かってこなかった。
「誕生日のお祝いをしてって頼んだやんか。そしたら、孝史くんは”おう、ま
かせとき”って言うたやん。だから僕、ずっとずっと待っとったのに・・・・
・・」
とうとう言ってしまった信之介。
孝史の方から『誕生日の日、約束破ってもうてごめんな』くらいの一言が出る
までは絶対に言わないでいようと思っていた言葉だったけれど、この際そんな
事はもうどうでも良くなっていた。
すると孝史が驚いた声をあげた。
「ちょ、ちょ、ちょ・・・・・・ちょっと待ちって。なんやそれ? 俺、ちゃ
んと誕生日のお祝いしてやったやんけ。な、そやろ? 中華の食事を企画して、
お祝いしたったやん」
「あれは・・・」
「信之介が頼むから、メンバーは皆いつものように居酒屋で乾杯して終わりに
しようくらいに考えておったんを、キチンとした場所で祝ってやったってや・
・・って、俺が言うたんやで?」
「別に僕はそんな事を孝史くんに頼んだんじゃないやん!」
「おいおいおい、アホなこと言うなや。ちゃーんとお前、俺に言うたやろ? 
”誕生日お祝いしてほしいねんけど”って、言うたやん!」
「言うたけど、違う意味やんか、それは」
「何が違ういうねん! キチンとお祝いしたったろ?」
あー、アホくさ、そんなんで朝から拗ねとったんかい・・・・・・と孝史は面
倒臭そうに言うと、両手を頭の後ろで組んで「あーあ」と呟いた。

======================================================================
  〜つづく〜
======================================================================

○人物紹介○
【佐藤喬】アマチュアバンド『スパイラル』のボーカル担当。整った外見が冷
たそうに見えるが隼人にはとりあえず甘い。
【鈴木隼人】アマチュアバンド『スパイラル』のリードギター担当。細身なの
に甘いもの好き。実は内向的。
【三条孝史】アマチュアバンド『スパイラル』のサイドギター担当。バンドの
ムードメーカーで、いつも元気!
【中村信之介】アマチュアバンド『スパイラル』のベース担当。バンドのマス
コット的存在。
【小林朗】アマチュアバンド『スパイラル』のドラム担当。バンドのリーダー
だが、のんびりおっとりした性格。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆配信は各週を予定しております◆
短編、長編織り交ぜつつ配信をして行く予定です。平均4回で物語は終了し、
次のストーリーが始まります。それぞれの短編は続き物ではありませんが、登
場人物など設定が引き継がれますので、末永くお付き合い頂ければ幸いです♪

◆WEB SITEへもご訪問ください◆
物語に登場する人物の相関関係や、メルマガでは配信されない物語なども掲載
して参ります。また、不定期にWEB上でのイベントも行う予定です。イベント
内容は秘密です、お楽しみに♪
(メルマガ配信済みの物語もWEB上にてまとめてUPする予定です)


*********************************************************************
        +++ご購読ありがとうございます+++
*********************************************************************

 +-+-+◇◆◇ありすワールド◇◆◇+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 このメールは、melma!にて「ありすワールド」の購読設定されている方
 を対象に、無料で配信いたしております。
 解除希望・お心当たりがない方はこちらからお手続き下さい。
   ⇒ http://www.melma.com/backnumber_148518/
 ありすワールドウェブサイトへもご訪問ください!
 URL:http://niigata.cool.ne.jp/jaguar666/
 発行者:有栖都(arisu_385@mail.goo.ne.jp)
 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+◇◆◇by 有栖 都◇◆◇+-+-+-+
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Copyright 2005-2007 by Miyako Arisu.All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-12-09  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。