小説

◆◆◆ありすワールド◆◆◆

創作小説メルマガです。バンドでメジャーデビューを目指す少年たちが、様々な出来事や、他のバンドとの関わりなどを通して成長して行く姿を綴っていきます!

全て表示する >

◆◆◆ありすワールド◆◆◆第23号

2007/06/02

〜当メルマガは、MSゴシック(等幅フォント)で読むのをオススメします。〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■           ■
■■  ありすワールド  ■■
■           ■■■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
◇バンドでメジャーデビューを目指す少年たちの恋愛模様をお届けします◇
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
                             第23号
                           2007/06/02
                          発行 有栖都
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




先週発行の予定がうっかり1週間勘違いしていました!すみません(汗)
来週も発行しますので、宜しくお願いします。
今回の物語は「ヒメゴト・・・」の続きになります!

⇒ http://niigata.cool.ne.jp/jaguar666/ (ありすワールド)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ そして、僕らは・・・・・・ Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そして朝が繰り返される。
そう、それは変らない昔からの地球の法則。
その法則に従って、俺は目覚めた。
ふと横を見ると、見なれない景色。
そう、朗がいる。
くるりと辺りを見渡すと、やはり見なれない景色。
あのカーテンも、このTVも、そこのテーブルも、あれもこれも・・・
ずべてが全く見なれないものばかりだった。



「喬、昨夜は打ち合わせ、遅くまでやったん?」
今度ライブをするハコの関係者に挨拶しようと顔を出すと、どうやら俺が来る
と分かっていて待っていたらしい隼人が早速そう聞いて来た。
まさか隼人がいるとは思わなかったから、俺はうっかりと昨日と同じ服で来て
しまった。
「ん? おぅ、すまんかったわぁ。うっかり酔ってもぉて」
「飲んでたん?」
「んー、結構、なんての、ほら、いらいらしててついこうね・・・」
微妙なニュアンスでぼかしながら、とりあえず笑顔を一つ与えておく。
案の定、隼人はほっとしたように、片唇を持ち上げてにやりと笑うと、
「あんま飲みすぎんとき、一応未成年やしな」
と言い、席を立ってどこかに行った。
まぁ、隼人にはいつか言わないといけないだろうけど、今はまだ言えない。
朗と一緒にいるほうが安心できるから、別れよう・・・とは。
ん?
”別れよう”てのは、ちょっと大袈裟やんなぁ。
俺等はそんな関係のようだけど、そうでもないような気もするしなぁ。
とりあえず高校の先輩後輩って関係が、微妙に深まって、なんとなく寂しさを
埋めるような、そんな感じでお互いを必要とし合っていただけのような気もす
るし。とりあえず、暫くは朗との事を勘付かれんようにせんと。
服・・・朗の家に少し置いとくかなぁ。
なんとなくそんな事に気を取られていたら、ハコのスタッフの人が突然俺のそ
ばに来て聞いて来た。
「ねぇ、喬くん、昨夜なんかあったの?」
「は?」
そんなん、突然聞かれても訳がわからず、とりあえず昨夜、なにがあったか反
復してみた。
昨夜・・・昨夜・・・・・・。
『僕は隼人より背が低いんやで、疲れるわ』
突然、朗のセリフが頭に響いた。
顔に遣られた手の感触と、唇の感触が生々しく浮かび、思わず俺は赤面する。
そう、俺は昨夜朗と・・・・・・。
え・・・まさか、形跡が残ってたとか?!
かなり焦って俺はそのスタッフに詰め寄る。
「昨夜って、どうかしたんすか?」
「いや、なにがあったのか、こっちが知りたいんだけどね」
「ん? つーのは、どういう意味っすか?」
どうやら形跡があったとかではないらしい様子に少しだけほっとする。
「いや、朝来たらさ、隼人くんがぼんやりとそのソファで座っててさ」
言われて、スタッフの示したソファを見た。
見た・・・・・・瞬間、胸が『どきり』と痛んだ。
そう、隼人が座っていたというソファ。
そのソファはまさに・・・・・・。
『座る場所はあらへんけど、寝る場所はあるで』
そう自分が言い、朗を抱き寄せキスをせがんで・・・・・・。
「喬くん?」
スタッフの声に、現実に戻された。

======================================================================
  〜つづく〜
======================================================================

○人物紹介○
【佐藤喬】アマチュアバンド『スパイラル』のボーカル担当。整った外見が冷
たそうに見えるが隼人にはとりあえず甘い。
【鈴木隼人】アマチュアバンド『スパイラル』のリードギター担当。細身なの
に甘いもの好き。実は内向的。
【小林朗】アマチュアバンド『スパイラル』のドラム担当。バンドのリーダー
だが、のんびりおっとりした性格。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆配信は各週を予定しております◆
短編、長編織り交ぜつつ配信をして行く予定です。平均4回で物語は終了し、
次のストーリーが始まります。それぞれの短編は続き物ではありませんが、登
場人物など設定が引き継がれますので、末永くお付き合い頂ければ幸いです♪

◆WEB SITEへもご訪問ください◆
物語に登場する人物の相関関係や、メルマガでは配信されない物語なども掲載
して参ります。また、不定期にWEB上でのイベントも行う予定です。イベント
内容は秘密です、お楽しみに♪
(メルマガ配信済みの物語もWEB上にてまとめてUPする予定です)


*********************************************************************
        +++ご購読ありがとうございます+++
*********************************************************************

 +-+-+◇◆◇ありすワールド◇◆◇+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 このメールは、melma!にて「ありすワールド」の購読設定されている方
 を対象に、無料で配信いたしております。
 解除希望・お心当たりがない方はこちらからお手続き下さい。
   ⇒ http://www.melma.com/backnumber_148518/
 ありすワールドウェブサイトへもご訪問ください!
 URL:http://niigata.cool.ne.jp/jaguar666/
 発行者:有栖都(arisu_385@mail.goo.ne.jp)
 +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+◇◆◇by 有栖 都◇◆◇+-+-+-+
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Copyright 2005-2007 by Miyako Arisu.All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-12-09  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。