塾・予備校

定期テストで5教科450点以上とる秘訣!

「5教科450点」と聞くと、これまでは「頭がいい人しかとれない」というイメージをもたれていました。
 しかしそんな常識をくつがえす事例が当塾で続出しております。
 その“秘訣”を大公開していきます!

全て表示する >

【Sozemi Times】

2005/12/24

━☆ 定期テストで5教科450点以上とる秘訣! ☆━〈sozemi-No.2 2005/12/22〉━

 「5教科450点」と聞くと、これまでは「頭がいい人しかとれない」とい
 うイメージをもたれていました。
 しかしそんな常識をくつがえす事例が当塾で続出しております。
 決して「頭がよい」のではなく、「心の持ち方・考え方」が大きなポイント
 なのです。そのことに関する“秘訣”を大公開していきたいと思います。
 ぜひ実践してみてください!!!!

===================================
─【秘訣02 「〜したい」とどれだけ強く思うか?】───────────

 前回は「〜したい」と思うことが出発点だということをお話させていただき
 ましたが、今回は「〜したい」とただ思うだけでなく、その思いがどれだけ
 強いかによって結果へのつながり方が変わってくるというお話をさせていた
 だきたいと思います。

 まず、ディズニーランドで楽しんでいる人々を思い浮かべてみてください。
 彼らはなぜディズニーランドで楽しんでいるのでしょうか?
 答えは簡単。
 ディズニーランドで楽しみたいという“強い思い”が実現したからです。
 もし、彼らが「ディズニーランドに行ければ、まあいいかな〜。」という弱い
 思いを抱いていたら結果はどうだったでしょうか?
 おそらく、ディズニーランドに行けたかどうかそのものが、運まかせになった
 のではないかと思われます。

 勉強も全く同じことが言えます。結果に対する“強い思い”があるからこそ、
 なんとか成果を上げようと工夫し、行動し、成果につながるのです。

 でも、勉強に対して燃えるような強い思いを抱くことはなかなかできない人が
 多いのも事実です。
 では、強く思うためにはどうすればよいのでしょうか?

 先ほどのディズニーランドの例で考えてみましょう。
 なぜディズニーランドに行きたいのでしょうか?
 その理由は、
  楽しい、わくわくする、ミッキーが大好きだ、乗り物が楽しい、
  雰囲気が最高! 彼女と一緒だ!
 などさまざまですが、結局、そこに行く理由・意味がたくさんあるから、
 「行きたい!」と強く思えるのではないでしょうか?

 したがって、勉強に対しても“理由や意味づけ”をたくさん持つことが必要です。
 では一体“勉強に対する意味づけ”とは何でしょうか?
 例えば、

 ===================================
 ‖◎何のために勉強するのかということが自分の中で明確になっていること‖
 ‖ 【例】弁護士になるため、医者になるため、etc           ‖
 ‖◎勉強したら自分にかえってくる“いいこと”            ‖
 ‖ 【例】自信がつく、充実感・達成感が得られる、etc         ‖
 ‖◎勉強そのものが好きであること                  ‖
 ‖ 【例】英語が好きだ。歴史が好きだ。etc              ‖
 ===================================

 などです。これらをたくさん持っていればいるほど、勉強に向かう気持ちが強く
 なる(“やる気”が出る)ということは容易に想像できるでしょう。

 今回お伝えしたかったことは、とにかく“強く思う”ことがいかに大切かと
 いうことです。日常の自分をぜひ振り返り、自分なりの“意味づけ”を持ち
 ましょう。

◎実践トレーニング◎ 〜自分の「思いの程度」を意識する〜
 1、勉強に対して、今どんな思いを抱いていますか? 自分に正直になって考
  えてみてください。そしてその思いを紙に書き留めてみましょう。
 2、書き出したそれらの「思い」の中で、勉強する上でプラスになる思いを選ん
  でください。
 3、その「思い」がより強くなるための“意味づけ”をできる限りたくさん書き
  ましょう。
 4、心の底から「勉強したい」と思えるまで、この実践を続けていきましょう。
  ※定期的にこれを実践する曜日と時間帯を決めておくとよいかもしれません。

=====================================

 いかがでしたか?
 5教科450点ということで、具体的な勉強方法などを取り
 扱うものだと思われたかもしれません。
 たしかに後ほど、具体的な勉強方法に触れることはしますが、まずは「やる気」
 が起きなければ何も始まりません。
 しかし、この「やる気」というものがなかなかやっかいで、コントロールが難し
 いものですね。
 まず前半はこの根本的な問題について述べさせていただきたいと思います。
 皆さん、楽しんでお読みください。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-12-09  
最終発行日:  
発行周期:隔週金曜日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。