ニュース・トレンド

すべてのクリエイターのために【日刊デジタルクリエイターズ】

デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

全て表示する >

日刊デジクリ[#4307] 共謀罪のなにが問題なのか

2017/03/17

 
          《電波にだまされてるのでは?》

■晴耕雨読[32]
 共謀罪のなにが問題なのか
 福間晴耕

■はぐれDEATH[24]
 はぐれの電波妄想はWi-Fiリストに恐怖する
 藤原ヨウコウ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■晴耕雨読[32]
共謀罪のなにが問題なのか

福間晴耕
http://bn.dgcr.com/archives/20170317140100.html
───────────────────────────────────

この記事が出る頃には、既に共謀罪(テロ等準備罪)が国会で決着がついてい
るだろうか。なぜ共謀罪がここまで騒ぎになっているか、わからない人もいる
と思うので、大雑把に説明する。

共謀罪は他の罪と違い、ある特定の犯罪を行おうと、具体的・現実的に合意す
ることによって成立する罪だからである。

つまり、ざっくり言うと共謀罪では犯罪行為を行ったり準備したりするのでは
なく、それについて計画しただけで罪に問えるのだ。

これは非常に強力な法律で、上手く使えばこれまで対応が難しかった暴力団や
悪徳商法、国際テロ組織などを有効に取り締まることが出来る反面、悪用すれ
ば国民の一般的な社会活動(デモや集会)などでさえも取り締まりの対象にす
ることが出来てしまう。

そのせいもあって、過去三回も提出されながらもすべて廃案になって通らなか
った先例がある。つまり、それくらい強力な反面危険な法律なのである。

さてその共謀罪が今回、テロ等準備罪という名称で国会に提出された。今回は
過去の反省も踏まえて、悪用されないよう対象をテロ行為に限定するという事
で、名称も変えて出されたわけだが、実はその危険性はなくなっていない。

例えば、今回対象となる犯罪行為を676個上げて出したものの、あまりに対象
となる犯罪が多すぎるということで277個に減らされたが、その中には著作権
侵害などかなり微妙なものまで入っている。

実は今回のテロ等準備罪は平成12年11月に国連総会で、効果的に国際的な組織
犯罪を防止し戦うために協力する事を目的とする「国際組織犯罪防止条約」に
日本も加盟するための条件に、共謀罪も含まれている。

その中にICPO・インターポール(国際刑事警察機構)からの勧告で模倣品や海
賊版の売上げの一部は、組織やテロ組織の資金源となっている可能性があると
警告を受けているのと、国際組織犯罪防止条約が「長期4年以上の自由を剥奪
する刑又はこれより重い刑を科することができる犯罪」を共謀罪の対象犯罪と
することを義務付けている為に、一絡げに対象となる犯罪行為を入れているか
らこんなことになっているのである。

よく共謀罪は現行の法令により許容された範囲内で捜査を尽くすから安心して
ほしいとか、暴力団、詐欺集団、テロ集団のような犯罪集団が共謀しない限り
は適用されないから大丈夫と言う意見もある。

しかし、法律は文面に書かれたものがすべてなので、大丈夫と言うからには法
律の文面で書かれていなければならない。

そうした観点から見ると、実は今回の法案は反社会的集団の資金源、海賊版定
義が現行法で明確でないので、リスクをはらんだものだと言うことがわかるだ
ろう。

噛み砕いて言ってしまえば、コミケの二次創作物のようなものでさえも、共謀
罪の対象になる危険性は残っているのである。

また、共謀罪には他にも著作権法違反などの親告罪の対象が、非親告罪化にな
ってしまう問題もある。親告罪とは対象者が親告して始めて罪に問える犯罪な
のだが、共謀罪の対象になればこれらは親告罪の対象ではなく、非親告罪の対
象になる(さもなければ警察が捜査できない)。

これのなにが問題かというと、多くの二次創作物やパロディは権利者の暗黙の
了解で成り立っているのだが、これらもまた権利者の暗黙の了解があろうとも
処罰の対象に(法律的には)なってしまうのだ。

たかが二次創作物が、テロ等準備罪に問われるわけはないだろうと思う人も多
いかも知れないが、法律的に罪に問えるとなると、第三者の告発があれば一応
警察は動かなくてはいけないので、単なる嫌がらせの為に警察に通報しまくる
だけで、現場を萎縮させるには十分効果があるのだ。

このように、共謀罪(テロ等準備罪)は強力かつ非常に危険性も高い法案なの
だ。法案が通るのか通らないのか、この記事を書いた時点では分らないが、い
ずれにせよ細かいところも含めた国会での審議が今後も必要で、懸念点は条文
上で担保されるようにしなくてはならないのである。


【福間晴耕/デザイナー】

フリーランスのCG及びテクニカルライター/フォトグラファー/Webデザイナー
http://fukuma.way-nifty.com/

HOBBY:Computerによるアニメーションと絵描き、写真(主にモノクローム)
を撮ることと見ること(あと暗室作業も好きです)。おいしい酒(主に日本酒)
を飲みおいしい食事をすること。もう仕事ではなくなったので、インテリアを
見たりするのも好きかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■はぐれDEATH[24]
はぐれの電波妄想はWi-Fiリストに恐怖する

藤原ヨウコウ
http://bn.dgcr.com/archives/20170317140100.html
───────────────────────────────────

別にボクが電波系とかいうお話ではない。電波系かもしれないけど(笑)

京阪電車に乗って京橋駅で降り、JR環状線京橋駅に乗り換え、鶴橋駅で更に近
鉄に乗り換える。で、いちいちiPhone君がWi-Fiを拾ってくれるのだが、とに
かく量が凄まじい。

ボクはiPhone以外のスマホを使ったことがないので分からないのだが、とにか
くWi-Fiのリストがずらっと並ぶ。使えないのばっかりだけど。

Wi-Fiに関しては伏見の仮住処と出向先で繋ぐだけ、その他は普通に(?)4G
通信となるわけだが、これをボクはほとんど使わない。月に1GBいかない。歩
きスマホもしないし(老眼のせいで出来ない)せいぜい業務メールぐらい。

ボクのスマホネタはかつて記したのでここまで。本筋はここからである。

目に見えない電波を気にする人は稀だろう。よほどの山間部にでも行かない限
り「この国は得体の知れない電波に覆われているのでわ?」と勘繰ったりする
のは、ボクのようなひねくれ者だけかもしれない。ちなみにボクの生活圏内で
は、無数のイマイチ役に立たない電波が飛び交っている。

いつの間にか日常生活の一部になってしまっている、この目に見えないヤツら
がスマホのWi-Fiリストという形で目の当たりにして、薄々気になっていた電
波に気持ちの悪さを感じ始めている。

関東にいたときは全然気にならなかったのに、ナゼか京都に戻ってきて京橋経
由で出向をするようになってから、ひどい違和感というかなんというか、妙な
感じなのだ。

伏見が長閑(のどか)すぎ、という指摘もあるかもしれない。否定はしないけ
どね。じっさいボケボケしているので、ボクは気に入っている。伏見以外の場
所で見るWi-Fiのリストは、何某かの強迫概念をボクに与えているのかもしれ
ない。主に京橋だけど。

一般家庭にある通信機器が固定電話しかなかった頃は、こんなアホなことを考
えもしなかったが(もっとも固定電話は有線だが)携帯電話が普及し始めて、
ボクの電波妄想は始まった。

一般家庭に無線電波が最初に普及したのはラジオだろう。日本初のラジオ放送
は、1925年(大正14年)3月22日9時30分、社団法人東京放送局(JOAK:現在の
NHK東京ラジオ第1放送。略称:AK)が東京・芝浦の東京高等工芸学校(千葉大
学工学部の前身)内に設けた仮送信所から発したものだそうだ。

テレビが始まるまで、一般家庭での電波系媒体の主流だったことは敢えて書く
までもないだろう。

ボクが中高生ぐらいの頃は、深夜ラジオを聞くのがちょっとした流行だったの
だが、ボクは寝るのが早いので(昔からだ)肝心の深夜には爆睡している。

同級生の会話には当然ついていけないのだが、夜は寝る時間と頑なに信じ込ん
でいる節があるので、当時(今もだけど)会話についていけないからといって
疎外感を味わったことはない。むしろ「そんな時間まで起きてて、朝よう登校
できるなぁ」と感心してたぐらいだ。

ラジオの娯楽も掘り出すと面白そうだが、キリがなさそうで、面倒くさいので
いつも通りじゃんじゃん飛ばす。

とここまできて、ふと「場所と設備を選ぶが電報というのもそうなのか?」と
思って、ちょいとググったらこっちは有線だった。逓信省の管轄だったようだ。

ついでにちょろっと調べたのだが、ボクが「電波」と呼んでいるのは「電信」
と呼称するのが通例のようだ。ラジオも後述するテレビもアマチュア無線も、
この中に含まれるらしい。この稿では、あくまでもボクのうやむやな定義の電
波で統一表記することにする。

で、テレビだ。1953年(昭和28年)2月1日、日本放送協会(NHK)のテレビ放
送が開始だそうだ。普及の歴史もじゃんじゃん飛ばす。

ちなみにボクが、無線電波というのを初めて意識したのはタクシー無線。続い
てアマチュア無線となる。ラジオもテレビも生まれたときには一応あったので、
無線電波を意識することはなかった。

それでも、母方の祖父の家は周りを山で囲まれていたので、受信状態はとても
じゃないが良好とは言えなかった。あの時の体験で「テレビも無線電波なんや」
と確信したのだ。今からでは想像もできないだろうが、そんな時代もあったの
である。

携帯電話の前にはポケベルなどというものもあったが、もう今や完全に化石や
な。短い生涯だった。合掌。

そして携帯電話が登場する。気がついたら周りは携帯電話一色で、ただただ狼
狽していたのだが、祇園祭の大工さんのお手伝いの直前になって「どうやら携
帯を持たないとマズイっぽい」と思い、ボクも持つことにした。大工さんのお
仕事中に、本業の依頼電話が入ってくるのを恐れたのだ。

大工さんのお手伝いの期間は文芸雑誌の締め切りと被るので、当然依頼そのも
のも被ることになる。

お仕事さえ入ってしまえばこっちのものだが、とにかく文芸雑誌は時間が勝負
なのである。来るお仕事はきっちりゲットしないと困る。実に分かりやすい理
由である。

もっとも、大工さんのお手伝いをしていないときは家にいるので、携帯はあん
まり役に立たなかったりもするのだが。

21世紀の現代は、ボクが生まれ育った昭和の日本の空間を飛び交っていた電波
の量とは桁違いだろう。情報そのものの量は言うまでもない。情報の質はあえ
て言及しない。

ここも掘り出したらキリがないからだ。ボク如きが口を挟む件ではないし、そ
の気もまったくない。ややこしい事に首を突っ込むのは御免である。なのでど
んどん飛ばして先にいく。

ちなみに現代のテレビ電波に関してはもうさっぱり分からない。BSくらいまで
はなんとかついていけたのだが、CSだの地デジだのになると、使ったこともな
いのでチンプンカンプンである。

実家の今あるテレビのリモコンの使い方も、ボクは分からないのだ。あのボタ
ンの量で触る気すらしなくなる。多すぎやろう。この辺は察していただきたい。

テレビついでに、最近4Kだの5Kだのが会話の中で出てきて、大ボケをぶっかま
した。バブル末期の印刷会社に勤務していたので、つい3K(きつい、きたない、
きけん)を思いついてしまった。

「最近また何か加わったのかなぁ」と思って話をしていたら、話が全然繋がら
ない。画面解像度の話だということに気がつくにの、かなり時間がかかった。
おまけに、今のテレビって液晶なんですね……でかいけど薄い。

実はこの時流にもしっかり乗り損ねているのだがまぁ良かろう。どうせ見てな
いんだし、必要性も感じない。

脱線ついでにもう一つ。地デジになった時にNHKはなぜスクランブルを導入し
なかったのだろう? ちょうど買い換え需要があったはずなんだから、そこに
紛れ混ませれば良さそうなものをそのままスルーしてしまうから、受信料の件
がいつまでたってもややこしいままになるのだ。アホちゃうか……。

電波といえば人工衛星からのものもある。こっちは宇宙からですぞ。通信用は
言うに及ばず、GPSだのなんだの(GPSしか思いつかなかったのは内緒だ)色々
あるだろう。世間様は自然界の紫外線で大騒ぎしているが、個人的には衛星か
らの電波の方がよほど気になる。監視されてるみたいだし。

直接、日常生活とは関係ないが、レーダーだって色んな種類のものがあるらし
い。らしい、というのは興味があんまりないからだ。レーダーの基本原理は電
波を対象物にむけて発信し、その反射波を測定する事で様々な情報を得る。航
空用レーダーなどは分かりやすい例だろう。

これに軍事が絡むともうワケが分からん。どこの国がどんなレーダーを使って
何を監視しているのか、もちろん分からないし、ステルスがどうのチャフがど
うのと言われても混乱するだけである。

そういえば、ひと昔前は携帯電話から出る電磁波が、人体に及ぼす影響がどう
のこうのという話もあったが、いつの間にか聞かなくなった。結局、どんな結
論になったんだろう? ただの都市伝説か? それとも業界をあげてウヤムヤ
にしたのか?

このようにして、ただでさえ怪しげな電波はどんどん怪しくなる。ボクが知ら
ないだけかもしれないが(実際知らないんだけど)、ボクの中では電波が得体
の知れない何かにどんどん変化していっている。

ボクが過敏なのか、世間が鈍感なのか、そもそも世間様ではこのような事は気
にするようなことですらないのかもしれない。ただボクは気になるのだ。

前にスマホの件でも白状したが、今の日常生活の中の常識とやらが、ボクには
胡散臭くて仕方がない。デジタル一辺倒になってから不信感は増すばかりで、
それこそ電波系的な被害妄想になりかねない。

いや、何かの電波を受信してこの作文を書いてるわけではありません。多分、
自分の頭で考えていると思う。無意識にのうちに変な電波を受信して書いてる
とかはイヤやなぁ……五感ははたらかせているつもりですがね。

ボクが素直に信用できたり、諦めたりできるのは、あくまでも自分の五感であ
る。万能ではないので取りこぼしや変な歪みがあるだろうが、それでも自分に
もともと備わっている自然な能力である。

基準になるのは五感を通じて感じたり、考えたりしたことしかない。もちろん、
他者からの意見に耳を貸さない、というわけではない。肯定するかしないかは、
あくまでもボク自身である。決めるのだって基準がなければどうにもならん。

極端な自然主義者ではないし、テクノロジー否定論者でもない。

それでも京橋の駅に着いてWi-Fiのリストがずらり並ぶと、「電波にだまされ
てるのでは?」とつい思ってしまうのだ。

これもまたはぐれの歪な価値観なのだろう。


【フジワラヨウコウ/森山由海/藤原ヨウコウ】
YowKow Fujiwara/yoShimi moriyama
http://yowkow-yoshimi.tumblr.com/
http://blog.livedoor.jp/yowkow_yoshimi/

装画・挿絵で口に糊するエカキ。お仕事常時募集中。というか、くれっ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(03/17)

●日下公人「ついに日本繁栄の時代がやって来た」を読んだ(WAC、2017)。
日本が嫌いな人は、タイトルや版元を見ただけで遠ざけるだろう。月刊「WiLL」
に掲載されたコラムを一部改題加筆して構成したものである。日本が大好きな
私は非常に楽しく読んだ。ところどころに出てくるクイズが面白い。

アメリカの小噺だが、「メリーちゃんとマーガレットちゃんは大の仲良し姉妹
でした。ある時、おやつの時間ですよと言われて二人が行ってみると、テーブ
ルにはケーキが一つしかのっていませんでした。メリーちゃんは『マーガレッ
トちゃんの分がない』と泣き出しました。妹思いの、いいお姉さんですね」。

メリーちゃんはケーキを確保できるうえ褒められる。「これが〈優位戦思考〉
の好例である。自分中心で先んずれば人を制す、である。マーガレットちゃん
になってみて、何と反撃すべきかを考えて下さい」。考えたが分からない。ズ
ルしてネットに行くと、これは有名な小噺だったと知る。でも回答はない。

マーガレットちゃんになったわたしは、メリーちゃんの行動を知らんぷりして、
にっこり笑い「お母様、二つに切り分けて下さい」と言う。メリーちゃんの野
望を挫きながら、顔をつぶすこともない。うまくいけば「あら、出し忘れたわ」
となるかもしれない。劣位戦としては上等だと思うがどうだろう。どなたか、
もっといい方法があったら教えて下さい。

クイズ:広島の人は今までアメリカに原子爆弾投下の謝罪を求めたことがある
か。分からない……。「ない。当時の日本人の気持ちを知っている私は調べな
くてもそう思う。日本人は原爆開発競争に負けたとだけ思っていた。先んじて
いれば、日本も使うが、まず海上投下したのにと当時の大人達は思っていた」

「誰か、日本外交の腰抜けの理由を解説してください。答え:その1 何も考
えていないから。その2 安倍首相に任せているから……困ったものですね」
中国が日本に漢字を教えたと言ったら、「政治用語は全部日本製だ」と言えば
よい。「全国人民代表大会」は全部日本語ですよと言えばよい。

どこの国でも借金を返済できないときは領土を売った。時には国民も売った。
アメリカはそれを買ってきた。その実例を挙げよ。これをテレビのクイズにし
たら日本人は全滅だろう、という。ロシアからアラスカを買ったのは知ってい
るが。スペインからフロリダ、フランスからはミシシッピ以西、独立戦争の時
にイギリスやドイツから兵士を買って、ワシントンの民兵と戦わせた。

世界は「グローバリズムからローカリズムへ動く」と見なければならない。グ
ローバリズムの敵はナショナリズムであるが、アメリカは今グローバリズムか
らナショナリズムへ戻りつつある。アメリカ分裂への道である。新しい動きの
先頭に立つ国は日本とドイツらしい。面白いことになってきた。(柴田)

日下公人「ついに日本繁栄の時代がやって来た」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898317499/dgcrcom-22/


●消防点検。覚えてないけど、たぶん年に1〜2回はある。毎回違う人が来てく
れるのだが、説明ポイントが違ってて面白い。

火災報知器を止めるための暗証番号をきちんと覚えておいてと言う人や、家具
からスプリンクラーの距離を力説する人もいる。

避難ばしごのある部屋はベランダの仕切板の前に物を置くなとチェックされる
ものの、うちはない部屋なのでそれまで何も言われなかったが、今回の人はチ
ェックしてくれた。まぁ何も置いていないんだけどさ。

スプリンクラーのチェックは目視なので、それでわかるのかと質問したことが
ある。いざという時に作動するかどうかなんてわからなくて、熱でカバーが溶
けると水が出るはずなんですとしか言えないらしい。そりゃそうだ。続く。
                            (hammer.mule)

住宅用防災警報器の設置場所
http://www20.tok2.com/home/tk4982/kako-mon/kako-shobo.htm
はりや壁、エアコンや換気扇の吹き出し口、天井からの距離が決められている

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-08-22  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。