ビジネス一般

☆☆☆ビジネスマンの「基礎用語」☆☆☆

例えば「営業利益」や「アメーバ経営」。「わかっているつもりだけど・・・」という人、いますよね。このメルマガは、ビジネス用語の解説マガジンです!これを読めば、基礎知識が身についていくこと間違いなし!


全て表示する >

今日の「基礎知識」

2006/02/13



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
☆☆☆ビジネスマンの「基礎用語」☆☆☆
    〜知らないでは済まされない、ビジネスの主役達〜

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第7号━━

今日の「基礎用語」



☆「減損会計」




みなさんこんにちは!諸事情で二週間お休みさせていただきました。
今日からまた再開します!!

☆ちなみに、最後にお勧めのメルマガを紹介させていただいており
ます☆


さてさて、今日は「減損会計」について解説させていただきます。


みなさん「減損会計」って知っていますか?一時期話題になったので
すが、いまいちなじみがありませんよね。この「減損会計」が平成18
年3月から、大企業に関しては強制適用されるようになり、企業が持
つ資産の評価に関して、大きな変化が生まれたんです。


今日は減損会計とはなんなのか、そしてそれがどういう意味を持ち、
またなぜそれが誕生したのかをご説明致します。


たとえば、企業が三年前100万円で購入した土地があるとします。
この土地の価値が三年間で五割も減少し、50万円になったとしても、
この情報が開示されなければ、外部の人はそのことに気が付きませ
ん。前回お話した貸借対照表の資産の部に、「土地 1000000」と
計上されたままです。



ところが実際にはその土地は50万円の価値しかなくなってしまった
のですから、企業は50万円損していることになります。この企業の
株主や債権者などの利害関係者は、この企業の本当の財政状態を把
握する必要がありますので、これではまずいのです。


本当は企業が50万円も損失を出しているのに、それを把握すること
ができないのですから。


そこで登場するのが減損会計です。減損会計は、このような資産を、
取得原価ではなく、「現在価値」で表示することを要請します。企
業は減損会計を適用することで、土地評価損として50万円を計上す
ることになります。



ようは減損会計を一言でいうと、資産の価値が下がった分を、損失
としてきちんと公表しなさいということなんですね。


ではなぜ減損会計が誕生したのでしょうか。その背景にあるのは、
ずばり「バブル」です。昭和60年から平成2年ころまで続き、見事に
はじけたあの「バブル」です。当時の日本では、土地の価値がバン
バン上がっていましたよね。本当はそこまでの価値がないのにもか
かわらず。



企業は土地を購入すれば、原価をもって貸借対照表に記載します。
バブル期は土地の値段は異常でしたから、企業によって買われた土
地は、異常な数字で貸借対照表に記載されていきました。


その後バブルが崩壊すると、土地の値段はどんどん下がりました…
というか、適正な価値に戻っていきました。


すると、企業の貸借対照表は、本当の企業状態を表さなくなってし
まいました。(100万円の土地を持っているということになっている
のに、本当は50万の価値しかないのですから。)


このような問題を抱える企業が非常に多く存在しているという事態が
減損会計適用の背景にはあったんですね。徐々に資産の減損処理の必
要性が叫ばれる様になり、減損会計がとうとう適用にいたったという
わけです。


ちなみに中小企業では、いまのところ適用は強制されていません。
おそらくその影響があまりにも大きいためでしょう。おそらく中小企
業にまで強制適用したら、かなりの企業が破綻してしまうと思います。
それくらい、企業にとって減損会計は、大きな存在なんですね。


では今日は以上です☆今日も最後まで読んでくださいまして、
本当にありがとうございます!これからも是非よろしくお願いいたし
ます☆



=========今日のまとめ==================

☆ 「減損会計」とは、資産の本当の価値を示すこと。

☆ 「減損会計」は、平成18年3月から大企業に強制適用された。

☆ 「減損会計」適用の背景には、バブルのころの異常な土地の価格がある。

=================================


さて、ここらで私が読んでいるメルマガをご紹介いたします☆
このメルマガの読者さまなら、きっと興味があるメルマガだと思いますよ☆



 これがお勧めのメルマガです!興味ある方はぜひ読んでみてください☆
  
  サラリーマンのみなさん!あなたの努力は、からまわりしてませんか?
  会社3つを55年間みつめてきた事例より 努力を最大にいかし、
  みんなに認められて出世する方法を、お伝えします。  
 
⇒ ちょっとで差がつくサラリーマンの出世術
  登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000179600.html

  
  こちらはちょっとハードなタイトルですが 笑(汗)

<a href="http://dokusyazou.net/afisystem/jump.php?adwares=A0000010&id=N0000050">
倒産経営者が語る 【実践から本音で伝える経営とは】
</a>
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆今回の内容はどうでしたか?皆様のご意見ご感想を
お待ちしております! ↓
E-mail yotashi2000@yahoo.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-12-04  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。