雑学

くだらないけど面白い下ネタ集!

こんにちのストレス社会の中で、大人が気楽に、そして軽いノリで読めるものはないかと考え、そして、その結果、大人も何のわだかまりもなく屈託無く笑える下ネタの”屁のはなし”でお互いリラックスしましょう!

全て表示する >

”屁”のイロイロ!

2006/01/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【 くだらないけど面白い下ネタ集! 】 
                             第5号

───────  ”屁”のイロイロ。  ───────

------------------------------------------------------------------

◆ご 挨 拶◆

◆ 5.風呂場の密かな楽しみ「屁遊び」 ◆

------------------------------------------------------------------

◆ご 挨 拶◆

本メルマガ発行人の山崎です。

屁も小便もウンコも毎日しているのに、人はしていないようなフリをする。

「そんなクサイもの、するわけないだろう」と、まるで人ごとのように平然としている。

こうした虚偽申告が、世の中にはまかり通っている。そんなことは本来、

許されるべき筋合いのものではない。

自然と共生しながら英知を絞って作りあげたご馳走は、口から入り、やがて排泄物となって、

戻ってくる。そのとき、人は急に態度をガラリと変えて「こんなに汚い物はない」という
--------------------------------------------------------------------------
朝から晩までお金の心配!こんな生活どうにかしたいって思っても何にも出来ない
     私が何気なしにクリックしてであったこのHP・・・・
こんな私にも出来る!嬉しい!やればやるほど結果が出てくる!
 (*^_^*)おかげさまで小旅行にも行ってます。欲しいものも買えちゃいました! 
    http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm
--------------------------------------------------------------------------
冷淡な処し方をする。この変わりようは、いったい何なのだ。

「クサイものに蓋をせよ」という通念が、いつもニッポン民族の社会構造を駄目にしてきたことを

思い出してほしい。いまこそ、それを徹底的に分析、情報開示するときがきたのだ。

現代人がもっともタブーとする排泄という行為を通して、私は人の心の動きというものを、

主観的、客観的、率直に反映させてみたいと考えた。

ストレス社会のなかで、人々が気楽に、そして軽いノリで読める読めるものはないものかと、

そして、その結果、何のわだかまりもなく屈託無く笑える下ネタの”屁のはなし”を

くだらないけど面白い下ネタ集!なるじつにふざけた、アホらしいタイトルの

メルマガを発行する運びとなった次第です。

しかし、いたって私は真面目に書いております。

─────────────────────────────────
  ◆ 5.風呂場の密かな楽しみ「屁遊び」 ◆
─────────────────────────────────
****************************************************************
旦那には内緒ね!(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
****************************************************************

ところで、決して多くを語らず、謙譲の美徳をモッーとし、

隠とん生活を余儀なくされている屁が、形となって現われ、唯一それを

確認できるチャンスがある。それは風呂に入ったときだ。風呂に入ると下腹に

適度の圧迫感が加わり、その湯加減の気持ちよさからか、屁はにわかに活気づいてくる。

すると、今度は腸管のなかをやたらと上に行ったり下に行ったりして愉快に暴れまわる。

このとき、この自分の分身を粗末に扱ってはもったいない気持ちがどこからともなく

芽生えてくる。屁をなだめすかしながらも、やさしく手に取れる貴重な瞬間だ。

湯面に急いで手拭いを広げ、容赦なくそこに向かって一発放つ。

屁は、プクプクと泡となって浮かんできたかと思うと、手拭いが風船のように

もっこり膨らむ。「これが屁だ、紛れもなくオレの屁だ、オレの屁の形がここにある」

嬉しくて、感激にむせび泣きながら、それを問いつ眺めつ、もてあそび、

そして最後に鼻先でパチンと割った。「クセー!」確かに屁を体感し、この目でその形を認識し、

匂いを確認できたという納得感が嬉しさとなり、健康であることの満足感につながる。

人呼んで、これを「屁遊び」という。しかし、それまでだ。その程度のことを主張し、

あとは何も見えない世界のこととなる。

屁が出たいのを我慢していると、しだいに気分がうっ積してくる。何ごとも必要以上に

我慢すると、ストレスが溜まる。仕事もそうだ。あまりに緊張感の連続だと、

いつか必ずミスをする。そうしたストレスを解消することを「ガス抜き」という。

人間には、やっぱりこれが必要なのだ。屁を適切に抜いてやることも立派な仕事だ。

それが屁に対するいたわりというものである。

頭が疲れたらコーヒーブレイクがあるように、煙草を吸う人に喫煙時間があるように、

屁をしたい人にガス抜き時間を提供してやることも、これからは社員を思いやる経営者の

大切な仕事だ。

****************************************************************
何を試しても痩せなかったんです(泣)
でも最後に試したこれで見違える体型に!!(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/d/index.htm
****************************************************************
-------------------------------------------------------------------------
くだらないけど面白い下ネタ集!は下記メルマガサイトを利用して発行しています。
     お問い合わせ:focusfan@hotmail.co.jp
-------------------------------------------------------------------------

購読の登録&解除は、下記URLよりお願い致します。

解除&登録&バックナンバー購読はすべてこちらから

RanSta     http://ransta.jp

メルマガ天国 http://melten.com/m/22191.html

E-Magazine  http://www.emaga.com/

melma!    http://www.melma.com/taikai/

Melcup      http://www.melcup.com/

めろんぱん  http://www.melonpan.net/mag.php?009024

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。