営業

今週の営業マン必読ニュース

営業に役立つ情報・ツール・商品・サービスが勢揃いしたサイト『営業満タン』では、世の中の様々なニュースを独自の視点で連載中。そこから今週の注目記事をピックアップし、営業トークで活かせるように分かりやすく解説します!

全て表示する >

【必ず売れる!営業マン成功のテクニック】オフィシャルマガジン

2005/12/19

**************************************************

      今週の営業マン必読ニュース 
          2005/12/19  http://www.qbicone.co.jp/

**************************************************

今朝は、息も凍るような冷え込みでした。
読者のみなさま、風邪などひいていませんか。
こんな日は早めに仕事を終えて、
コタツであったかいお鍋でもつつきながら熱燗……
なんて思案をされている方も多いことでしょう。

その前にちょっとだけ、今週の必読ニュースダイジェストにもお付き合いください。
お酒のつまみになるような、話のネタを見つけていただけるかもしれません。
今回も、各ニュース末尾には営業のプロによる一言コメントつきです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《12月9日(木)Yomiuri Onlineより》
◆ 公園から「箱ブランコ」が消える 相次ぐ事故が原因

子供の頃、誰もが一度は遊んだ記憶がある「箱ブランコ」。
それが今、全国の公園から姿を消しつつある。

箱ブランコについては、かねてから子供たちの死傷事故が問題となっていた。
その結果。各自治体が撤去を進め、
現在の箱ブランコ数は、地方自治体の公園で、かつての3割以下…。

しかし、ここでちょっと疑問を感じる。
危険な遊具は箱ブランコだけ?
ジャングルジムもシーソーもすべり台も、使い方によっては全部危ない。
アブナイという理由で撤去するなら、ほとんどすべての遊具が該当するのではないか。

『事故が起きた→危険→撤去すればよい』
確かにセオリー通りのやり方だが、事務的でもある。
公園ならではの楽しさ、ワクワク感を維持しつつ、
子供が安心して遊べる場所にするためには、どうしたらよいか。
そこのところの議論が不足している気がしてならない。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
営業のプロは、このニュースこう見る!
★★★★★★★★★★★★★★★★
身の回りの危険なものは全て排除しよう。
安心して暮らせる環境を創ろう。
そう言われている気がする。
 
子供の頃、よく遊んでよく怪我をした。
遊び場には、危険なものがいっぱいあった。
しかし、今ほど凶悪犯罪は多くなかった。

知らない大人の人に怒られた。
知らない大人の人に褒められもした。
そのおかげだろう、僕はまっとうな人間になれた。

これからの日本を創るのは、今の子供たち。
大人たちには、まっとうな子供を育てる責任がある。
そして、本当の意味での「安心して暮らせる社会環境」創る義務がある。   



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《12月11日(日)朝刊より》
◆新型スーパー「フーディアム」 三軒茶屋にオープン

経営再建中の大手スーパー「ダイエー」は10日、
世田谷区三軒茶屋に新型食品スーパー1号店「フーディアム三軒茶屋」をオープンさせた。

フーディアムとは「フード スタジアム」の略で、
買い物する楽しさを味わってほしい、という意味でのネーミング。
売り場は食品、コンビニエンスストア、お総菜の3ゾーンに分かれており、
スーパーの特徴である生鮮食品の品揃えと、コンビニの特徴である利便性を兼ね備える。

コンビニとスーパーの融合という、この新業態。
果たして消費者にどこまで浸透していくだろうか。

心配な点を挙げるとすれば、
スーパーやコンビニのデメリットまで継承してしまわないか、ということ。
年中変わり映えのない商品が並ぶ食品スーパーと、定価販売が基本のコンビニ。
この2つが一緒になったら、せっかくの新業態の意味がない。
目新しいうちは人を呼べても、
「コンビニ商品も買えるただのスーパー」と認識されてしまったら、
客足はあっという間に遠のくだろう。

多様化する消費者のニーズに、ダイエー、そしてフーディアムがどう応えていくか。
今後の戦略に期待しながら、見守りたい。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
営業のプロは、このニュースこう見る!
★★★★★★★★★★★★★★★★
経営再建の重要な柱として期待されている「フーディアム」。
買い物する楽しさを味わってほしいとの林文子会長の言葉だが、
同じ顧客満足としてイトーヨーカ堂が出店したときの戦略を思い出した。

イトーヨーカ堂は、敢えて駅から遠い場所に店を出した。
交通の便が悪いスーパーなんて、普通の方法ではライバル店に負ける。
負けないためには、店も従業員も努力と創意工夫が必要。
それが他の店舗にないサービスを生み出す。

ダイエーとイトーヨーカ堂、どちらの戦略が正しいかは別として、
中小企業が再建を目指すなら
顧客満足を上げる仕組みはもちろん必要だが、
一番重要なのは、従業員と経営が一体になること。 

それが、他社にないサービスを生み出すのだから。  



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《12月13日(火)朝刊より》
◆ 今年の漢字は「愛」 愛ある世の中を願って

1年の世相を漢字1文字で表すと?
12日、毎年恒例となった「今年の漢字」(日本漢字能力検定協会主催)が発表された。
1位は、全国公募8万5322票のうち、4019票(4.7%)を獲得した「愛」。
「愛・地球博」の盛況ぶりや、黒田清子さん・慶樹さんのご結婚を反映しての結果のようだ。

ちなみに、2位は改革の「改」。3位は選挙で争点となった郵政民営化の「郵」。

今年の漢字は「愛」。
これだけを見ると、比較的良い1年だったと言えるのかも知れない。
去年の漢字は「災」だったから、大幅なイメージアップだ。

しかし、一部の応募者からは、
相次ぐ残酷な殺人事件を憂いて、「もっと愛のある世の中を」と願う声も聞かれたという。
となると、楽観視ばかりはしていられない。
多くの人々が「愛」を感じられないからこそ、「愛」という言葉が選ばれたのだから。

2006年は、「愛」はもちろん、
「喜」「楽」「真」「清」なども、嘘いつわりなく世の中にあふれる1年でありますように。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
営業のプロは、このニュースこう見る!
★★★★★★★★★★★★★★★★
過去10年間の「今年の漢字」を振り返ってみよう。

1995年 : 震 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)発生。
1996年 : 食 O157による集団食中毒 
1997年 : 倒 大型企業倒産  
1998年 : 毒 和歌山毒物カレー事件  
2000年 : 金 田村亮子、高橋尚子の金メダル
         金大中と金正日による初の南北首脳会談。
         「きんさん」(成田きん)死去。 
2001年 : 戦 アメリカ同時多発テロ事件発生。
2002年 : 帰 北朝鮮に拉致された日本人5人が帰国。
2003年 : 虎 阪神タイガースが18年ぶりに優勝。 
2004年 : 災 新潟県中越地震発生。
2005年 : 愛 愛・地球博。紀宮清子と黒田慶樹の結婚。福原愛の活躍。
        児童殺害など「愛情不足事件」の多発。 

近年の日本経済を象徴するように全般的に暗いかな。

日本経済の復活と共に、人々の心も早く復活することを祈る。   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《12月15日(木)朝刊より》
◆ たばこ価格引き上げ 1本あたり約1円の増税

愛煙家にとっては、ちょっと辛いニュース。
政府・与党は、現在1本約7.9円のたばこ税を85銭引き上げることで合意した。
実質の販売価格は、1箱20本あたり20円増。
早ければ、来年4月にも引き上げが実施される。

2003年以来3年ぶりとなる、たばこ増税。
ヘビースモーカーのみなさんにとっては、懐の寒い来春となりそうだ。

ここで、たばこ増税を巡る面白いアンケート結果をご紹介。
1箱20本(平均280円)のたばこを、1日平均で21本吸っている喫煙者のうち約半数が、
1箱550円になると禁煙に踏み切ると答えたとのこと。

アンケートは、1箱300円から10円きざみで価格を示し、禁煙するかどうかを聞く方式。
ネットのモニター登録者から20〜60代を無作為抽出し、1385人から回答を得た。

この結果から、たばこが1箱550円になれば健康にも有益で、
医療費削減にも効果があるとの見方も出てきている。

たばこに限らず、コーヒーやアルコールなどは、別になくても生きていけるという「嗜好品」。
たしかに、たばこが吸えなくなってもお酒が飲めなくなっても死にはしないし、
たばこに関しては特に、むしろ摂取することによる健康被害の方が大きい。

でもそれらは、大切な人生のスパイスでもある。

さて、営業マンのみなさん、
あなたの楽しみにしている休憩中の1服や仕事の後の1杯、
果たして いくらになったら諦めきれる?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
営業のプロは、このニュースこう見る!
★★★★★★★★★★★★★★★★
当方かなりのヘビースモーカーだ。
一日に3箱は欠かせないから、値上げは響く。

ここで、世界の煙草価格を確認してみよう。
英国 794円
米国 539円
香港 498円
スウェーデン 456円

先進諸国の中では、日本の煙草はかなり安い。

おもしろいのがスウェーデン。
健康上悪いという理由で、たばこ税を上げたのに、
600円だと売り上げが下がり税収が落ちたため、また税率を低くした。

そうすると、当方が吸ってる煙草も日本経済に貢献しているはずだ。
胸を張って、吸い続けることにしよう。  



===================================
いかがでしたでしょうか?

これからも営業マンのみなさまに楽しみながら読んでいただけるような
役立つニュース・情報配信を目指します!
来週もお楽しみに♪

営業マン必読ニュース編集部
田中 薫


***********************************************************
このメールマガジンに対するご意見・ご感想は
info@qbicone.co.jp
までお寄せください。
また、登録解除は
営業マンに役立つ情報満載サイト【必ず売れる!営業マン成功のテクニック】
http://www.qbicone.co.jp/
でも可能です。

今後とも、
【必ず売れる!営業マン成功のテクニック】をよろしくお願いいたします。
***********************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-18  
最終発行日:  
発行周期:毎週月曜日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。