生の刻印

詩と称するには少し抵抗があります。僕の記す其等は詩という容を拝借した心の声。独り言や戯言、呼掛けのような物だから。普段は決して口にできない声も詩に託せば映すことができる。そう信じてます。万粒の一でもアナタに響く声があれば幸いです。

メルマガ情報

創刊日:2005-11-11  
最終発行日:2006-02-03  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • コメントはありません。