蒼い旅 19歳

 15歳の秋から書き始めた 心の旅. 短い言葉に詰め込んだ 彷徨いの記憶          暗闇の淵で叫ぶ声が聞こえますか....

メルマガ情報

創刊日:2005-11-07  
最終発行日:2006-04-29  
発行周期:毎週 金曜日  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • くるり2006-04-01 10:52:46

    あん!!また評価忘れてた!!0点だなんてとんでもない毎度毎度良い詩をどうもです。

  • くるり2006-04-01 10:45:04

    いいのよー。だって圭太の詩の大ファンだもの!!未だに登録できてないのが本当に申し訳ないくらいよ…でもこのパソちゃんもよく頑張ってきてくれたから、パソちゃんを老パソ呼ばわりしてそのせいにするとは言いませぬ。だからこそせめて、こうやって毎回コメントさせてもらわせてます。ってか、させて!!だってだって、これを読んで無言で去るなんてできないよー。今までの圭太の詩を全部読んだけど、どれもこれも感銘受けます。私も詩への情熱をますます感化されてるので、逆にこっちがお礼言いたいくらいです。感謝です(^_^)

    もっともっといろんな人に知ってもらいたいです。この素晴らしいメルマガサイトを。

    次も楽しみにしてます。お体に気をつけて。それと、毎度毎度注意してはいるんですが、このレビューを書く上で何か気に障るような発言や無礼を致しておりましたらすみません(>_<)決してそういうつもりではないのですが、もし何かお気に召さないところがありましたら遠慮なく削除しちゃって下さいm(_ _)m

  • くるり2006-04-01 10:35:16

    今回あえて4点評価にしたのは、誰もがよくやってしまうようなドジっちゃった自分を責めた圭太の後書きのためよ(笑)でも今回も、詩自体は5点満点評価ですよ。自分の無力を知る辛さと、大切な人に対する思い、切なさ、悲しみ…今回は特に、何だか寂しかったな…。でも読んでてこう…形は違えどわかるような所があったりして。今回も読めてよかったよ。いつもUPお疲れ様!!毎週毎週楽しみにしています。無理しないように、お体に負担かけない程度に、また圭太の詩を読ませてね。

  • くるり2006-03-25 01:45:50

    毎度毎度コメントしちゃってゴメンねぇ。楽しみにしてた金曜日っ♪早速読みました!!『戻らない夜』…タイトルからまず圭太の世界へ行ってしまったね(笑)。

    タイトル考えるの大変だと以前に書いてた(?)けど、毎回毎回すごいなーと思う。詩に響くと言うか、ちゃんと内容と共鳴させてる感じ。タイトルって何気に大事だもんねぇ。詩のタイトルは、小説でいうところのあらすじみたいなものだもの。中身を凝縮し、いかに読者を惹きつけるか。タイトルから詩は始まるよね。

    …と、タイトルのことばかりで大半書いてしまいましたが、もちろん内容も。戻らない夜、隣で眠る人。読んでて、寂しさが詰まってたように思えた。寂しさは、自分との戦いなのかなー。圭太はそれと戦うことで、遠ざかっていく今日や明日や明後日を越える?それとも、その想う「誰か」と同じ空と星の夢を見るのかしら。

  • くるり2006-03-25 01:32:01

    うきゃっ!!ちょっと待ってちょっと待って上の私!!採点5点にするつもりが、間違えて0点に…っ!!改めてこちらに採点を。

    いえ、いつも思うんですが、採点などさせて頂いてもよいのかなーと。何か大したコメントも言えてないのに、偉そうに人の詩を採点するなんて…。

    でも、やっぱり何度読んでも圭太の詩はいいよ!!「昼ドラ並みのドロドロ」だと言われたそうだけど、昼ドラと違ってよきダーク感でした☆(表現下手でごめんなさい)何度読み直しても、朝っぱらからでもへこみゃーしないよー。また次回を楽しみにしております。