雑学

そのマナーみっともないですよ!

容姿はもうしぶんないけどマナーに欠ける人、肩書きは立派だが下品な人「気品さ」も「マナー」も一朝一夕に身につくものではありません。でも心がけひとつです。今日始めたらそのぶんだけ魅力あるあなたに変わります。

全て表示する >

そのマナーみっともないですよ!☆第19号☆

2006/03/08

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 給料もボーナスも期待できない。年金なんてこの先
               どうなるやら・・・
  年金なんてあてにせずに、自分のことは自分で守るために
「何かほかに収入源を・・・」と探していましたらありました。

     
 何の資格も技術も無い私でも週末の空いた時間を
  利用しただけで、本当に人様に喜ばれて副収入を
  いただけるようになり、将来に不安が無くなりました。
        ↓    ↓    ↓
クリック ⇒ http://nourifusion.sakura.ne.jp/kisgr/buntan/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

         【そのマナーみっともないですよ!】
   ★“魅力あるあなたに変わる方法”あります★
          ■第19号■               

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【目次】

☆気をつけたい呼び方

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


こんにちは〜!発行人の中岡 豊です。

途中からお読みくださる方、ありがとうございます。

それでは第19号をお届けします。

_/_/_/_/_/_/_/★【気をつけたい呼び方】★_/_/_/_/_/_/_/


会議や商談の場での言葉使いは注意が必要です。

ふだん同僚を相手に話すような言葉づかいをしては、
相手から軽んじられることにもなります。
 
とくに気をつけたいのが、自分や相手の呼び方です。
男性の場合、自分ことを「ぼく」や「おれ」と言う人が多いが、
会議や商談でこれを言っては失格です。

「君の考えはどうかね」と質問されて「ぼくの考えは」と言わないこと。

また女性の場合は、「あたし」と言うことが多いが、
これも適切ではない。

あらたまった場や社外の人と接するときは、男女を問わず「わたくし」
と呼ぶのが原則です。

それでは、相手のことはどうを呼べばよいでしょうか。
同僚に対して、「中村くん」、または「中村」と呼び捨てで呼ぶことが
あるが、あまり好ましいことではない。

退社後などのプライベートのときならともかく、職場では
「親しき仲にも礼儀あり」です。
「中村さん」と「さん」をつけて呼ぶのがマナーです。

上司に対しては「鈴木課長」と肩書きをつけて呼ぶのが一般的だが、
会社によっては「鈴木さん」と呼んでいる場合もある。

社外の人を呼ぶ場合は「山本課長」と役職名をつけて呼べばよい。
たとえ相手が年下であっても社外の人は「山田さん」呼ぶことだ。



/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★【編集後記】★_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ようやく春らしい気候になって来ました。
今年の冬はことのほか厳しかっただけに、春の訪れが
待たれます。

春は別れの季節でもあります。このころになるといつも
「蛍の光」「仰げば尊し」を歌って田舎の古い木造校舎を
後にしたことが思い出されます。

一緒に巣立った級友たちは元気だろうか。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


■ 最後までお読みいただきましてありがとうございました。
  次回もよろしくお願いいたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

発行者:中岡 豊
連絡先:one50_cent@yahoo.co.jp
▲本誌の情報は個人の責任においてご利用ください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-01  
最終発行日:  
発行周期:毎週木  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。