雑学

そのマナーみっともないですよ!

容姿はもうしぶんないけどマナーに欠ける人、肩書きは立派だが下品な人「気品さ」も「マナー」も一朝一夕に身につくものではありません。でも心がけひとつです。今日始めたらそのぶんだけ魅力あるあなたに変わります。

全て表示する >

そのマナーみっともないですよ!☆第10号☆

2006/01/04

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 給料もボーナスも期待できない。年金なんてこの先
               どうなるやら・・・
  年金なんてあてにせずに、自分のことは自分で守るために
「何かほかに収入源を・・・」と毎日毎日探していました。

     そんな時、このホームページに出会いました。

 何の資格も技術も無い私でも自宅でコツコツ空いた時間を
    利用しただけで、本当に人様に喜ばれて副収入を
  いただけるようになり、将来に不安が無くなりました。

 ⇒ http://nourifusion.sakura.ne.jp/kisgr/buntan/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

         【そのマナーみっともないですよ!】
   ★“魅力あるあなたに変わる方法”あります★
          ■第10号■               

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【目次】

☆レストランでのマナー(その3)

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


こんにちは!発行人の中岡 豊です。
新たにご購読いただく方、ありがとうございます。

それでは第10号をお届けします。


/_/_/_/_/_/_/★【レストランでのマナー(その3)】★_/_/_/_/_/_/


これまで2回にわたりお箸の扱いについて書きましたが、
読者の方から「こんな作法、いちいち気にしていては食事が楽しめない」
というお声が聞こえてきそうです。

でもちょっと待ってください。身内や親しい友達どうしの食事なら
そんなに気にすることはないでしょう。

でも時によっては改まった席での食事もあります。
そんなときに恥をかかないためにも「知っておく、身につけておく」
にこしたことはありません。


■食器の扱い

1)ふたのついている食器の扱いは、器が右側にあれば右に、
  左側なら左にふたをあお向けにしておきます。
  
  食べ終わったら元のようにふせて置きます。勝手に裏返して重ねて
  置かないことです。
 
2)小皿や小鉢などの料理は、器を手に持って口に近づけます。
  時折、小皿は置いたままで、背中をまるめて食べる人がいますが
  みっともありません。

■食事のエチケット

1)クチャクチャしたり、ズーズー音を立てないこと。

2)つまようじを使うときは、片方の手で口を覆うこと。
     
3)食後のお皿がきれいになっていること。
  食べ散らかしているとみっともありません。

4)食事中の話題は、難しい話はさけること。
  なごやかな雰囲気で食事を楽しむことです。 

■おかわりのとき
 
レストランによっては、ご飯のおかわりが出来るところがあります。
お茶碗を出すときは、両手で出します。
いただくときも両手で受けます。

受け取ればいったんお膳に置いてから箸をつけます。
受け取ってそのまま食べるのはガツガツしてみっともありません。



/_/_/_/_/_/_/_/★【編集後記】★_/_/_/_/_/_/_/_/

読者の皆様、明けましておめでとうございます。
良い新年をお迎えになられたことと思います。

元旦は予想に反して素晴らしい天気に恵まれましたが、
皆様のお住まいの天気はいかがでしたか。

今年はデパートの福袋も高額商品が売れるなど、景気は明るく
なってきたようです。

私も近くの有名な神社に初詣でに行きましたが、昨年と比べて
ずいぶん人出が多いと思いました。
参道に並ぶ出店を見て回るのも楽しいものでした。でも8個入った
たこやきが500円、イカ焼きひとつが700円とは高すぎるのでは・・・
(お正月だからまあいいか・・・)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


■ 最後までお読みいただきましてありがとうございました。
  今後ともよろしくお願いいたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

発行者:中岡 豊
連絡先:one50_cent@yahoo.co.jp
▲本誌の情報は個人の責任においてご利用ください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-01  
最終発行日:  
発行周期:毎週木  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。