その他ニュース

やさしい【経済トレンド】

「経済の動きや気づきを、やさしく、深く、そしておもしろく。」をモットーに、身近な経済トレンド情報として、また投資先及び取引先のリスク管理に必要な企業分析に関することなども織り交ぜながらお届けします。経営・マネー戦略のご参考にどうぞ。

全て表示する >

やさしい【経済トレンド】

2005/12/01

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                              
   
        ◆やさしい【経済トレンド】◆        
   
                              
   
 「経済の動きや気づきを、やさしく、深く、そしておもしろく。」を
 モットーに、身近な経済トレンド情報として、また投資先及び取引先
 のリスク管理に必要な企業分析に関することなども織り交ぜながら
 お届けします。経営・マネー戦略のご参考にどうぞ。

                  2005/12/01発行  第17号 
  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



■インフレとは、偉大なる詐欺師である。


■これまでの歴史はデフレよりもインフレの方が長かった。


■戦費調達で借金した政府は貨幣増刷(インフレ)で乗り切ってきた。



■適度な、心地よいインフレの持続は、人々の財布の紐を緩ませ、
 企業は毎期これを前提に事業・財務計画を立て遂行する。


■しかし、急激な物価変動は企業経営を撹乱させ、
 せっかくの事業・財務計画は絵にかいた餅と化す。


■急激な物価変動は投資家に対し、その企業の損益要因が販売価格変動
 によるものなのか、それとも販売数量増減によるものなのか、それと
 もその他コスト要因によるものなのか、分かりづらくする。



■米国経済の謎。長期金利、住宅販売・・。

■米国の10月住宅販売の謎。一個建て新築販売13%増(前月比)。中古
 住宅販売2.7%減(前月比)。



■米国など先進国の金利上昇は、新興国の資金繰りを悪化させ、
 世界的な通貨危機を現実のものとする。



■29日、OECDは、米国に対し追加利上げによるインフレ抑制を、
 日本には慎重な量的緩和解除を、求めてきた。


■プッシュ大統領「パーナンキ君、何か妙案はないかね?」

■パーナンキ次期議長「・・・・・。大統領、私は学者です。」

■ブルースパン議長「閣下、ございます。ふたりだけで別室へ・・。」



************************************************************
************************************************************
  
 最後まで読んでいただきありがとうございました。ご登録いただき、
 末永くお付き合いいただければ幸いに存じます。

■発行者 Araki Office

■このメールマガジンは『melma!』より発行しております。
    発行システム:『melma!』 

■メールマガジンの登録・解除はこちらからお願いします。
   http://melma.com/
 ◇マガジンID 147526
 ◇マガジン名 やさしい【経済トレンド】

■ご意見・ご感想などございましたら、こちらまでお気軽にお寄せ下さ
 い。

■当メールマガジンは私見に基づいており、事実を保証するものではあ
 りません。従いまして、当該情報を利用されてのトラブル、損害等の
 一切について責任を負うことはできませんので、予めご了承願います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-11-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。