読書

一古書店主の書評日記

一古書店主が空いた時間を、手元の本を読みながら書き綴った日記です。

全て表示する >

一古書店主の書評日記

2005/10/24

聖母の出現    4-88888-200-2

毎年、テレビが聖母出現の聖地を巡礼する多くの人々を
放映する。それが、19世紀の聖地ルルドではなく、ブラジル
の何処かでもあったりする。

導入部が、映画「ホルターガイスト」
題材が題材だけに、研究論文として上梓されるのが、困難
であったろう事が察せられる。
本人の言による論文としての初出時の資料の少なさも然る事
ながら、超心理主義、霊能者、スピリチュアリズムと言った言辞
がジャーナリズム的言語(映像)に包囲されがち易い事も重なり
更に、この書の発行年93年の翌年には、立花隆「臨死体験」
が出版され、関連書湯水の如く出回り、ジャーナリズムの波に
席巻されたと言えなくもない書。

以上。で、これから余談。
「聖母の出現」の翌年。つくば大学(現在は九州大学職)
関研究室より「マンガ史研究 第一号」発行。
関一敏「こどもマンガの領分」圧巻!
私事で申し訳ないが、いがらしみきお。で、当時、悩んで
おったとです。ばがやろさま!なんで、ぼのぼの?
関先生の論文!目からウロコはおちる。顎外れる。腰抜ける。

宿舎に有って、譲ってくれなかった、かなりのミステリー文庫。
あれからは、どんな論文生まれるんだっしょ?
NOAH(ノア)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-10-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週月  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。