映画

スキなコト・キライなコト。又はどうでもいいコト

私のスキなコトやキライなコトを、映画や小説や音楽などの話題を絡めて紹介するメルマガです。基本的に、スキなコトばかりになりそうですが(笑)

全て表示する >

IT'S A WONDERFUL WORLD

2006/01/21



    ☆★スキなコト・キライなコト。又はどうでもいいコト06.1.21発行★☆

================================================================================

     メルマガのタイトル通り、私のスキなコトやらキライなコトやらを徒
     然なるままに綴っていくものです。どうぞ、ヨロシクお願いします。
               又、配信は不定期です。

◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆

             vol.26『インストルメンタルで尾崎豊を聴く』

 先日、所用で久しぶりに県の図書館に行った。前に作った図書カードは期限切れだったりと、私の知っている県の図書館と少し違っていて驚かされた。AV室もデッキの数が減り、整頓された印象を受けた。中学時代、毎週のように通ってはTVで放映されない大昔の名画を観たことを思い出す。佐田啓二と岸恵子の『君の名は』も確かここで観た。切ない映画ですよね。
 その当時はビデオテープやCDの貸し出しもなく、AV室でしか観られなかったけれど、今は許されているらしく、数冊の本ととにも尾崎豊のアルバムを借りてみた。しかし、帰宅しコンポで流しても一向に彼の歌声は聴かれず、耳に届くのは「I LOVE YOU」のメロディだけ。おかしいなと思い、そのCDを入れるためのシートを見れば、「演奏オンリィ」とプリントされたシールが小さく貼られている。
 別段、尾崎のメロディは嫌いではないが、彼といえば歌詩だろう。切なくて悲しくて痛くて、それでも何処か優しい尾崎の言葉が私は好きだから、メロディだけでは物足りず、つい歌声を恋しく思ってしまった。

 尾崎豊と言えば、飲み会の席でバイトの先輩に、彼が好きなら君はバイクを盗んだことがあるの、と訊かれ、盗んだことない子に尾崎は語らせれんよ、と言われたことがある。
 その先輩はA地点からB地点に行くのにバイクを盗み、B地点からC地点まででまた盗み、C地点からA地点に戻るのにまた盗んだことがあるのだとか。どんな目的がその行為にあったかは今での不明だけど、その話からくるりの「ハイウェイ」のPVを思い出す。それは俳優の妻夫木聡がさまざまな乗り物を乗り継ぎ、最終的にまた元の場所に戻るというもので、PVも曲も非常に素晴らしい。
 温厚そうな印象その先輩も、若い頃は相当やんちゃだったようだ。

 閑話休題。私はバイクを盗んだことも、校舎のガラスを壊したこともないけれど、彼の歌詩には共感できるところがある。印象深い曲は「シェリー」や「僕が僕であるために」「ダンスホール」「存在」「街の風景」だろうか。
 尾崎はシェリーに俺は間違ってないよな、真実へと向かっているよな、と問いかける。そこが私は特に好きだ。落ち込んでいる時に聴いてしまう曲で、一筋の涙が頬をつたうこともある。
 時は流れ、整頓されたAV室のようにあらゆることが姿を変えていった。尾崎は死に、今やあの頃の若者も尾崎が頑なに反抗していた大人になった。尾崎の理念も、駄目な人間の言い訳に成り下がってしまったかもしれない。けれど、図書館の外観は私が中学生だった頃と同じだ。尾崎の言葉は変わっていないし、尾崎豊も変わっていない。




-----------------------------------------------------------------------------------

 居酒屋のバイトをしていた時だろうか、カラオケで歓迎会をした事があった。私達で頑張って場を盛り上げていたら、仕事で遅れてきた店長が来るなり、「I LOVE YOU」を熱唱してしまった。曲自体も好きだし、店長の歌も巧くて感動したけれど、少し勘弁してほしかったね。せっかく盛り上げたのに、しっとりしてしまった。
                                      <完>



*感想がありましたら、<wasitotaka60@hotmail.com>までお願いします。
*このメルマガのバックナンバは<http://www.melma.com/backnumber_146603/>から
 閲覧できます。
*購読解除は、各メルマガ配信システム経由でお願いします。


                                 発行人:ミュウ

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆
★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-10-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。