映画

スキなコト・キライなコト。又はどうでもいいコト

私のスキなコトやキライなコトを、映画や小説や音楽などの話題を絡めて紹介するメルマガです。基本的に、スキなコトばかりになりそうですが(笑)

全て表示する >

IT'S A WONDERFUL WORLD

2005/12/31


    ☆★スキなコト・キライなコト。又はどうでもいいコト05.12.30発行★☆

================================================================================

     メルマガのタイトル通り、私のスキなコトやらキライなコトやらを徒
     然なるままに綴っていくものです。どうぞ、ヨロシクお願いします。
               又、配信は不定期です。

◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆

         vol.20『さよなら、2005年』

 今年も早いもので明日が大晦日。けれどテレビも新聞も暗いニュースばかりを報道する。なんだか今年一年の日本を象徴しているかのようだ。年末くらい明るいニュースを届けてくれないものか。Mr.Childrenの『さよなら2001年』を思い出す。あの年も9・11のテロがあるなど悲惨な一年で、歌詩が印象深かった。

♪♪僕等の前にもう少しだけ 楽しい未来が降るように
  あなたの前にもう少しだけ 無邪気な笑顔が降るように
  今日よりも 現在よりも♪♪

 だから、正月は皆が炬燵でぬくぬくお餅を食べて、のんびり笑っていられることを願いたい。

 個人的に今年がどんな年だったか。2005年を総括するような出来事が昨日あった。友人と服を探しに出掛けたのだが、小さな事件の舞台はある古着屋さんだった。そこは私の好きな古着屋のひとつで、ファッション以外のおしゃべりを仲の良い店員さんと夢中ですることも少なくなかった。
 今回ほしかったのは学生服ぽいブレザーで、春にオーバーオールと合わようかと考えていた。仲の良い店員さんにそう告げると、あっという間に素敵な服を出してくれた。いつもこうなのだ。それはラルフローレンのエンブレムがついた紺のブレザーで、金ボタンが可愛い。試着すると、友人がラルフローレンにご入学おめでとう、と微笑んだ。
 ただ普段から即決できない私は、他の古着屋も見ることにした。これがいけなかった。
 どこを見てもあのブレザーが一番だった。逸る気持ちを抑え切れない私は、スキップしたくなりながら最初の古着屋に戻った。しかし、運命は皮肉である。店に入った瞬間、嫌な予感がした。店内の空気が私には全く違って感じられたのだ。ゆっくり店の奥に進むと案の定、誰かが人が私のブレザー(まだ買っていないけれど)を笑顔で試着していた。天国から地獄へ、各駅停車も見つからないまま特急が発車した。
 幸薄いね、友人が囁く。確かに今までの買い物人生でこんなことはなかった。今年が素敵な一年だっただけに最後の最後で悪運に出合ったのかもしれない、とも思った。泣きたくなった。ガタンゴトン、電車が私を地獄に運ぶ。がたんごとん、心臓が高鳴る。どうか、買いませんように。
 先に結論を言えば、ラルフローレンのブレザーを買ったのは私だ。やはり、2005年は素晴らしい一年だった、来年が恐ろしいほど。どうして買えたかと言うと、そのブレザーを狙っていた人も私と同じく即決できない性格だったらしい。ガタンゴトン、どうやら私は天国行きの各駅停車に乗り換えられたようだ。店を出ると、どこまでも澄んだ青空が私達を迎えてくれた。アスファルトを歩くたびに、私の顔にも笑顔が戻ってきた。


 来年はどんな一年になるだろうか。
 来年こそはきっとあなたにたくさんのいいことがありますように。
 今年こそはきっと世界にたくさんのいいことがありますように。
 さよなら、2005年。
                                      <完>



*感想がありましたら、<wasitotaka60@hotmail.com>までお願いします。
*このメルマガのバックナンバは<http://www.melma.com/backnumber_146603/>から
 閲覧できます。
*購読解除は、各メルマガ配信システム経由でお願いします。


                                 発行人:ミュウ

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆
★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-10-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。