エコ・リサイクル

EUOFA通信

ヨーロッパを中心としたオーガニック食品に関する情報をお届けします。講座やイベントの案内もあります。

全て表示する >

EUOFA通信vol.148〜EU、地方発展のための農業支援金に関する理事会規定〜

2005/11/25

※本メールは等幅フォントでご覧ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■■■■ ■  ■ ■■■■ ■■■■  ■    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
■    ■  ■ ■  ■ ■    ■ ■
■■■■ ■  ■ ■  ■ ■■■  ■■■■   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
■    ■  ■ ■  ■ ■    ■  ■
■■■■  ■■■   ■■■■  ■      ■  ■   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
                                  2005.11.25 vol. 148
◆◆◆◆◆◆◆◆◆European Organic Food Association News◆◆◆◆◆◆◆
                                                http://www.euofa.jp/
*ご意見・ご感想は、info@euofa.jpまで。

ヨーロッパオーガニック協会メールマガジン第148号をお届けします。

気づくと11月ももうあと数日で終わり。来週EUOFA通信をお届けする頃は12月!
1年が過ぎるのは本当に早いものです。
・・・と、ふと気になって昨年の今頃何を書いていたのかと見直してみました。
昨年は年末に事務所の引越しがあったので、どうもそれに追われていたようです。

そして、もう1つ見つけました。
EUの農業地方発展担当委員の交代があり、現在の委員であるフィッシャー=ボ
ーエル氏の新任の挨拶をご紹介していました。「どういう未来にしたいかは、
一人一人にかかっている。そのことを常に頭において、アンテナを張って、対
話に参加して欲しい。」というものでした。
読者の皆さんも自身を振り返られるとうなずいていただけるのではないかと思
いますが、確かにアンテナを張っていないと情報は入ってこないですよね。望
む未来や世の中を考えて、それに近づくためにアンテナを張る。そして自分も
そこに参加したり、発信したりしていくこと。
一年ぶりに見直してみて、改めて力が湧いてきました。

さて本日は、まだ日本ではあまり馴染みのないラトヴィア共和国のオーガニッ
ク事情について(国の援助がオーガニック率アップに役立っているという点は
見逃せません!)、そして発表の日は少しさかのぼりますが、地方発展のため
のEUの補助金制度についての話題です。
  
      ◇◆◇  C O N T E N T S  ◇◆◇
 
  ● ラトヴィア共和国のオーガニック農業事情
  ● EU地方発展のための農業支援金に関する理事会規定

  ★EUOFAからのお知らせ エコプロダクツ展に出展します★
  
◇◇---------------------------------------------------------◇◇
 ● ラトヴィア共和国のオーガニック農業事情

 ラトヴィアにおいても、食品の安全に対する国民の意識は高まって
 いるとはいえ、オーガニック部門の発展については大きな問題を抱
 えている。加工ならびにマーケティングの分野は、ほとんど発展し
 ていないといってよい。オーガニック認証を受けた種子が不足して
 おり、生産者ならびに消費者のオーガニックに関する研究、教育、
 知識のレベルがまだ低い状況にある。しかしながら、近頃オーガニ
 ック農家の数の増加が目につくようになってきた。それはオーガニ
 ック農業に関するアクションプランを含む国の援助が増えたことに
 拠るところが大きい。

 2004年のオーガニック農家数は、1043軒(全農家数の1%)、そし
 てオーガニック農地は、43,982ヘクタール(全農地の2%)。この
 数字は、2003年から2004年にかけて、オーガニック農地がほぼ倍に
 増えたということを示している。

 ラトヴィアのオーガニック部門を代表する組織は、ラトヴィアオー
 ガニック農業組織協会(ALOAO)である。

 ※ラトヴィアのオーガニック農業状況について、もっと詳しく知り
  たい方は以下まで
 http://www.organic-europe.net/country_reports/latvia/Default.asp

 Organic-Europeより

◇◇---------------------------------------------------------◇◇
 ● EU地方発展のための農業支援金に関する理事会規定

 欧州委員会は、9月20日付けで「地方発展のためのEU農業支援金によ
 る地方発展支援に関する理事会規定1698/2005(EAFRD)」を公布し
 た。規定は、次のような構成で、9項目94条からなっている。

 1.目的と支援に関する規則概要
   ・適用範囲と定義
   ・使命と目的
   ・支援の原則(補完性・整合性・適合性、パートナーシップほか)

 2.地方発展への戦略的アプローチ
   ・EUの戦略的ガイドライン
   ・各国の戦略計画
   ・戦略的な監察制度

 3.計画への盛り込み
   ・計画内容(地方発展計画)
   ・目標間のバランス
   ・準備と承認、そして見直し

 4.地方発展支援(多数のセクションに分かれている)
   ・農林業部門の競争力強化に向けて
   ・知識を深め、人的資質を高めることを目的とした手段のための条件
   (職業訓練と情報活動、若い農家の育成、早期引退、アドバイスサービス)

 5.EAFRDの分担金

 6.運営、管理と情報

 7.監察と評価

 8.各国の支援

 9.暫定期間の規定

 この規定は、英文で40ページ。
 全文をダウンロードしたい方は、以下のアドレスまで。
 http://europa.eu.int/comm/agriculture/rur/index_en.htm

 ※このページの上部にある薄い黄色で塗られた枠内の、
 21/10/2005: Council Regulation (EC) No 1698/2005 of 20 
 September 2005 on support for rural development by the 
 European Agricultural Fund for Rural Development 
 (EAFRD) [pdf] と書かれた、最後の[pdf]の部分をクリックして
 ください。

◇◇---------------------------------------------------------◇◇
  ★EUOFAからのお知らせ エコプロダクツ展に出展します★

 2001年から数えて、早くも5回目の出展となるエコプロダクツ展。
 この間に、エコやオーガニックに関心をもつ人々も着実に増え、
 来場者数も年々すごい勢いで増えています。確か8万人くらいが
 当初の動員数でしたが、昨年はなんと12万人が来場されたそう
 です。

 そんな大きな規模の展示会に、非常に小所帯のEUOFAが出展します。
 場所はこれももう3回目となって、周りの出展者の皆さまとも顔
 なじみのBeGood Villageの中です。おいしいオーガニック料理も
 いただけるカフェと隣あっていますので、見つけるのは簡単だと思
 います。東4・5・6ホールが会場ですが、そのちょうど真ん中の
 一番奥にエコプロマーケットとして、小さなエコプロダクツがたく
 さん販売されています。どうぞいらしてくださいね。

 クリスマス前、ステキなプレゼントが見つかるかもしれません。

 日時:12月15日(木)〜17日(土) 10時〜17時
 場所:東京ビッグサイト 東4・5・6ホール
 http://eco-pro.com/

◇◇---------------------------------------------------------◇◇
      ◇■◇■◇  事務局だより    ◇■◇■◇

 先週は、ボジョレーの生産者来日で、本当にドタバタと過ぎ去りま
 した。東京だけでなく、高知や島根、鳥取にもお邪魔したので、フ
 ランス人生産者は日本の地方の美しさにも触れることができて(た
 とえ分刻みのスケジュールだったとはいえ、、、)本当に良かった
 のではないかと思います。初来日だったため、特に最初の3日間を
 過ごした東京では緊張した表情が続いていた彼も、日本に慣れてき
 たことに加え、地方で自然をたくさん目にできたことも手伝ってす
 っかりリラックス。会いにやってきてくれたたくさんのお客さんと
 握手をしたり写真を撮ったり、いい笑顔でした。

 話の内容もやはり、オーガニック生産者としての喜びと苦しみが中心。
 「道のりは長かったけれど、やはりこれこそが取るべき道だった」と
 きっぱり言い切った姿は本当に誇らしいくらいにステキでした。
 
                     (事務局 長谷川)
 ■□-------------------------------------------------------■□
 《< 販売資料のご案内 >》

 EUOFAではヨーロッパオーガニックに関する資料を有料にてお分けして
  います。お申込は、こちらからどうぞ。
 http://www.euofa.jp/Japanese/publication/publication.htm
           
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
  No.1 『Organic farming』〜オーガニック農業規則の手引き〜 800円
  No.2 『オーガニック農業』                 300円
  〜持続可能な農業と環境保護の両立を目指すヨーロッパ全体の取組み〜
  No.3 『EUOFA通信』                    800円
  No.4 『オーガニックは21世紀の切り札』           400円
    No.5 『急成長するスペイン・アンダルシア州のオーガニック農業』
                                                           800円
    No.6 『地球環境保全から見たオーガニック』                 800円

 ■□-------------------------------------------------------■□
 ★「EUOFA通信」の読者登録は、下記ページより、
  『メーリングリスト登録受付』にてどうぞ。
   http://www.euofa.jp/Japanese/top/top.htm 

 ★配信を中止したい方は、下記まで
  E-mail :info@euofa.jp 

  ★“まぐまぐ”よりご登録の方は、下記アドレスから、
  ID 0000070375 を指定して解除して下さい。
   http://www.kaijo.com/

 ★“メルマ!”よりご登録の方は、下記アドレスから、
  ID m00050926を指定して解除してください。
   http://www.melma.com/taikai/
 
 ■□-------------------------------------------------------■□
 ☆ 発行者:特定非営利活動法人ヨーロッパオーガニック協会
 ☆ 住所:東京都港区赤坂2-21-5
 e-mail: info@euofa.jp       http://www.euofa.jp/ 

 --------------------------------------------------------------
 EUOFA通信に掲載された記事を無断で転載することを禁じます。
 Copyright:(C) 2002-2005 EUOFA All Rights Reserved.
 (EUOFA=European Organic Food Association)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-09-30  
最終発行日:  
発行周期:毎週金  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。