トップ > 車&バイク > 車一般 > 自動車整備の本当の話

自動車整備の本当の話

RSS

外見からだけでは判断できない、自動車の整備の実態、車検とは何なのか、自動車を愛して長持ちさせるコツなど、整備士の側からお話します。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新のコメント

  1. 自動車のフロントガラスが内圧に非常に弱いとは知りませんでした。これからドアを閉めるのにも気を使わなければ!
    竜巻に追いまくられたようですが、何よりも無事で幸いでしたね。
    被害に遭われました方の早い復旧をお祈りいたします。

     2013/9/22 このコメントがついた記事>>

  2. 核実験した北朝鮮だけへの国際的な制裁って不公平でない?。その制裁は軍事攻撃のことかな?。でなければ、休戦協定の破棄は必要ないだろう?。瀬戸際外交で韓国の援助を取り付けるというのも解せない話だ。

     2013/3/11 このコメントがついた記事>>

  3. 今どきの軽自動車はアナドッテハいけませんよ!

    ターボ付きで高性能となったので高速道路もず〜と追越車線走行ですよ。パッシングされ走行車線へ行きましたが、そのあとは…

    660CCのエンジンってずごく高回転なんですね。感心しました。

    しかし、高品質・超豪華版となり価格が高額になりました、コンパクトカーが買えおつりが来ますよ。

    大嫌いなエコ時代ですから、軽自動車もこれだけ高性能となった技術を日本は持っているのですから、サイズ・排気量ともに昔の大衆車並みにしても良いのではないでしょうか。

    私も、昭和40年代に結婚を契機に(涙)普通車から軽に変えた時がありましたんですよ!
    ダイハツフェローと買替でフェローMAXSS当時としては360CC最強出力でしたが、此れが、くせもので、低速で走っていると直ぐにプラグが湿りシュッ力低下しドック入りし、販売店のピット内で工場長とドウのコウのの日々でしたが若いころのいい思い出でを、3/10に思い出させていただきました。

    今後も、面白い記事・そして昔を思い出すような記事を掲載していただきますようお願い申し上げます。

    ありがとうございました。

     2013/3/10 このコメントがついた記事>>

  4. 時計や電気機器類がデジタル化され、逆に不便なのはロートルだけではあるまいね?。按配とか加減とかの頃合の判断が全く不可能で、有か無か・白か黒か・善か悪か等々、明快ではあろうが応用が利かない人生を強要されてることに相通じる窮屈さがあります。家電のデジタル化で往年の趣味であったカメラやオーディオに疎遠にならされた責任を誰にぶっつけたら良いものか!。

     2013/2/17 このコメントがついた記事>>

  5. 車が生きがいの私にとって、水温計が無くなったらどうしょう!
    水温・油温・電圧計・タコメーター等々が無くなれば車を楽しめ(運転するだけじゃなくて。)ないではないですか。
    5月発売予定のレクサスISはいいじゃないですか、家内は狙っていますよ。(涙)
    この車は一眼メーターですね、グレードの高いのはスイッチを押せば二眼に自動的になるとか、このようにしてじゃないと、今は車も売れないのかな〜、悲しいことですね。
    でもスッキリしていいかも(本当はほしいですよ〜〜)

    北朝鮮の問題については、いつかは、首脳の今までのやり放題のツケが近い将来に必ず来ますよ、その時は、北朝鮮が崩壊するか又は戦前の朝鮮のように、中国に併合される時が来ることでしょう。

     2013/2/17 このコメントがついた記事>>

  6. 水温計については全く同感です!  

    最近の車はハイテク過ぎて、以前のように自分でいじったり、部品を交換したりの楽しみも減ってしまいました。

    メカっぽい沢山のメーターがずらりと並んだインパネが懐かしく思えます。

    私もすっかりボンネットを開ける機会が減ってしまいました。

    これも若者達ちの車離れの原因ではないでしょうかね?

     2013/2/17 このコメントがついた記事>>

  7. >自衛艦は撃沈されるまで反撃しません。ヘタすると、仲間の艦が攻撃されたとしても、
    何もできないかもしれません。なぜなら、自分が攻撃されているわけではないので、
    「自衛」行動が取れないからです。
    #本馬かいな?。
     中国ともう少し上手く付き合う方法を考えましょうよ。

     2013/2/10 このコメントがついた記事>>

  8. 自賠責保険の引き上げは自動車好き人間にとっては痛いことです。
    ましてや私のように年金生活者にとっては死活問題です。
    高い高い国保・介護保険料・固定資産税・市民税など知らない間に引き上げられているではないですか、政府自民党は大企業優遇政策をすでにとっており、庶民ソッチノケ政治を行いつつあります。これでは、前政権能力のない民主党と同じではないでしょうか。
    憤りを感じます。
    それはそうと、日本未来の党はどうなったのでしょうか、先の衆議院選挙で増税反対を看板にして約300万票(私も一票入れましたが)取りながら分裂しましたが、これも、全く前民主党と同じ嘘つき政党に成り下がりましたが

     2013/2/10 このコメントがついた記事>>

  9. 今回のエンジンオイルに関してのメルマガ参考になりました。
    私もチョット、エンジンオイルに関して心配事がありますのでよかったです!

     2013/1/27 このコメントがついた記事>>

  10. 修理工場のお話は非常に好きです。 もっと配信数を増やしてもらえれば良いのですが・・・ 無理は言えませんよね。

     2013/1/27 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』

    最終発行日:
    2016/12/10
    読者数:
    2089人

    車情報市場「くるまーと」が毎週お届けする、賢いクルマ選択と快適カーライフのための無料メールマガジンです。新車・自動車業界ニュースの他、マイカー採点簿、クイズ、コラムなど。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/10
    読者数:
    23737人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 走り屋でない車好きのためのメルマガ

    最終発行日:
    2015/12/31
    読者数:
    2432人

    「走り屋でないけど車が好き!」、「車種にかかわらず車が好き!」、「これから車に詳しくなりたい!」という人など向けの内容です。車に関する身近な話題中心です。主な内容はバックナンバーをご覧ください。

  4. 全部フリーソフト!!

    最終発行日:
    2014/02/26
    読者数:
    4892人

    ネット上にはこんなに便利なソフトがいっぱい。仕事にも、遊びにも、あると絶対にお得で楽しいソフトを1つずつご紹介します。

  5. 「知ってる?クルマのあれこれ。な〜んでも情報局」

    最終発行日:
    2015/07/18
    読者数:
    714人

    新車情報やリコール・改善対策情報、業界ニュースなどの自動車関連情報を毎週土曜日にお届けする無料メールマガジンです。

発行者プロフィール

過去の発行記事