国際情勢

ひとりなのにNPO/海外支援ってどうやるの?

ボランティアやNGO、NPO経験は、ゼロに等しいこの私。周りを見ても、そういうことをやっている知り合いはあまりいないし…こんな私でも、コクサイキョウリョク、できるでしょうか?お手伝いするのは、アフリカはエチオピアの女性向け産科病院のお話です。

全て表示する >

ひとりなのにNPO/海外支援ってどうやるの?

2005/10/01

はじめまして。フィスチュラジャパンの中山道子です。

といっても、「フィスチュラ・ジャパン」ってなに?
という感じですよね。

それはなにかといえば、、、

、、、

、、、

、、、

私が勝手に(←注:太字)名乗っているのです!

どうだ、参ったか。


************************



   「ギャザリング」という言葉をご存知ですか?
      実はとっても“お得”な情報が隠されているのです!
           その衝撃の事実とは・・・。
  ▼▽みんなで買えば安くなる!全員参加型のお買い物はコチラ☆▼▽
          http://ad.melma.com/to?id=21300 



************************

いえあの不真面目でごめんなさい。

私は、東京都近郊で通販ショップを経営しているので
すが、実は、去年、こういうことがありました。

海外出張している間に、急に出血し、トランジットの
はずだったアメリカの某都市で、赤ちゃんを出産して
しまったのです(緊急帝王切開)!


************************


今は冗談めかして書いていますが、そんな予兆もなく、
安定期だったので、お医者さんのOKをもらって旅行し
ていたのに、娘は超未熟児。

現地の初めてかつぎ込まれた先で、9週間も入院して
いたのです。

アメリカの現地病院では、ほぼ難民状態。トム・ハン
クスの『ターミナル』妊婦/病院編主演を自認し、み
んなの同情を買いながら、今までまったく知らなかっ
た人々の好意に100%頼り切りながら生活することの不
思議さに感じ入りました。

保険も、カバーするのは、日本の国保だけで、それが
分かったのも後でのこと。現地では、「無保険の外国
人」=無払い候補者ナンバーワン?と思われてもしか
たないのに、みんなが親身になって相手をしてくれた
のです。

いろいろありましたが、おかげさまで、その娘も、こ
の6月1日に無事保育園デビュー。

かわいそうなことをしました。りーにゃ、ごめんね。

「本当だったら、去年、二人とも、死んでいたんだ」
そう思うと、旧日本兵で戦友がみんな死んでしまい、
一人生還したビジネスマンではありませんが(分かり
にくいです?このたとえ)、「自分勝手に生きている
のではなく、生かされているんだなあ」と柄にもなく、
しみじみ思ってしまいました。


************************


まだ関係ないですよね?「フィスチュラ・ジャパン」
どうつながるのか?まだひっぱるのか?

いえいえそんなつもりは、、、

話は前後しますが、去年のアメリカ滞在中に、オプラ・
ウインフリーという名司会者のショーで、「フィスチュ
ラ」について、初めて知ったのです。

正式には、名称は、産科フィスチュラ(obstetric 
fistula)。

産科フィスチュラというのは、出産時に陣痛が続くこと
により母体に残る障害で、赤ちゃんの頭が骨盤に比して
大きすぎるといった場合に、女性器部分周辺に、「孔」
(穴、英語で、フィスチュラfistula)があいてしまう
ことなんだそうです。

赤ちゃんは、たいがい産道で陣痛中に死んでしまい、そ
のうえ、フィスチュラに罹患したお母さんは、尿や、場
合によっては、便のコントロールができなくなってしま
うのです。この不快な症状のせいで、共同生活、社会生
活が、大変難しくなるのだと、、、

アフリカやアジアで、病院へのアクセスがない場合にま
れに生じる症状で、本来は、帝王切開をしないと、いけ
ないんです。

昔は先進国にもありましたが、現在は、医療などの普及
で、後発国にしか見られなくなっているのだそうです。


************************


オプラのショーに出ていたのは、エチオピアで、50年に
わたり、こうしたフィスチュラの患者さんだけを無料で
手術してきたお医者さん。ノーベル平和賞の候補にもな
ったということです。オーストラリア人で、もとは、エ
チオピアとは縁もゆかりもないんです。

。。。

。。。

。。。

え、えらい!えらいよ!えらいひとだな〜〜〜〜〜〜!


************************


実は、アメリカ滞在中にも、友達に、「アメリカで募金
活動をやるから、日本での活動をやってくれない?」な
んて誘われましたが、そのときは自分の妊娠で手一杯。

しかし、こうやって、母子ともに元気で楽しく過ごすこ
とができるようになると、思い出されてきたんです。フ
ィスチュラのこと。

本来帝王切開すれば楽しく赤ちゃんと退院できるはずの
人たちが(といっても、帝王切開も結構きついものがあ
りますが、、、)、病院や医療にアクセスできず、赤ち
ゃんを失い、その後、惨めな村八分の人生を何年も、何
年も、何十年も送っているんだ、、、

豊かな社会にのんべんだらりと生きてきた、自分の人生
だって、あの時、ひとつ間違えば、同じようなこと?に
なっていたのだろうか、、、

(続く)


**************************************************

発行者
フィスチュラジャパン
中山道子
HP↓
http://www.fistula-japan.org
ブログ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/fistula_japan
ヤフーeグループ↓
http://groups.yahoo.co.jp/group/fistula_japan/
連絡先
m-nakayama@fistula-japan.org
有限会社マリポーサ気付
東京都狛江市東和泉1-23-13
電話03-4500-8546
ファックス020-4624-2462

ヤフーオークションで販売する不用品をご寄付くださいませんか?
詳細は、こちらより↓
http://www.fistula-japan.org/yahoo.htm

☆スポンサー広告☆
↓スカーフ大好き、パシュミナラバーズ大集合↓
http://www.maripoza.com

**************************************************


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-09-16  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。