その他健康

issei通信ニュース

補完代替医療が、脚光を浴びています。中でもキノコの、担子菌と呼ばれる真菌が人間に限らず動物の免疫機能を高め、21世紀の国民的課題である生活習慣病を克服するために、西洋医療と集学的に活用され劇的な効果をもたらしています。10年前にB型肝炎を患い、キノコ類真菌で絶望を克服した。一人でも多くの人にその客観的情報をお伝えします。

全て表示する >

■化学予防的根拠に基づいたモデル系■

2005/09/24

 

「ギャザリング」という言葉をご存知ですか?
      実はとっても“お得”な情報が隠されているのです!            その衝撃の事実とは・・・。   ▼▽みんなで買えば安くなる!全員参加型のお買い物はコチラ☆▼▽           http://ad.melma.com/to?id=21300 ■化学予防的根拠に基づいたモデル系■   化学根拠に基づいたモデル系をつくることができれば、これらの問題の解決に寄与できる可能性がある。当カリフォニア大学デービス校では、調理された肉に含まれる発がん物質であるPhIP(2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo〔4,5−b〕phridine)を検出測定できる優位性を利用してこの問題の解決を試みている。この物質をラットに摂らせるとPhIPはただちにDNA付加体をつくる。
 カリフォニア・リバーモアのLawrence Livemore National Laboratory(LLNL)との共同研究においては、加速型質量分析(AMS)を用いて前立腺のDNAを一定比率でC-14ラベル化することによって迅速にDNA付加体を検出することができる。そして、われわれはラットにいくつかの化学予防物質を投与する試験で、第一相および第二相代謝酵素を干渉する物質はこの付加体の生成を約3分の1に減少させることができることを証明した。これは、イソチオシアネートを高濃度に含むブロッコリーなどの野菜の化学予防特性を支持するものである。 前立腺がんにおける第一の化学予防としては、望ましくは、きわめて長期間に実施されることである。前立腺がんの臨床問題に取り組む以上、これらの試験からは短時間で結果が得られないことが常である。第二の化学予防もまた重要であり、幸運なことに我々は血中の前立腺特異的抗体(PSA)濃度測定という容易な方法によってこの予防剤の効力を評価する方法を手にしている。1980年代後半に、通常の前立腺がん検査以外で、PSAレベル上昇を示したために約10%の前立腺がん患者が発見された。過去15年間では、診断数の増加と測定・解析技術の進歩により、上昇したPSAレベルに基づいて約80%の前立腺がんが発見された。  通常のPSA値を測定する健康診断によって実際に生命を救うことになるので、この診断は継続は継続されるであろう。しかし、すべての前立腺がんが早急な治療を要するわけではない。ゆっくり進行する前立腺がんに罹患した男性は経過観察を選択することができる。  この時に用いる薬剤としては、できることなら毒性がないか、ごくわずかしかない天然由来の製品<b/>であることが望ましい。これなの条件が満たされれば最良の治療が達成できる。患者は前立腺がんの診断が下されたとしても、施療されなければ死に至ることが予見される腫瘍性に限って積極的な治療を受ける道を選ぶことができる。

■次号では、天然由来のがん治療の医療現場で使われている物質について掲載します。。

 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋    ┃★ ただいま人気沸騰中!今週の目玉アイテムはコレ! ★┃    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋          ↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓          http://ad.melma.com/to?id=21304

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-09-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週月・水・金  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。