その他健康

issei通信ニュース

補完代替医療が、脚光を浴びています。中でもキノコの、担子菌と呼ばれる真菌が人間に限らず動物の免疫機能を高め、21世紀の国民的課題である生活習慣病を克服するために、西洋医療と集学的に活用され劇的な効果をもたらしています。10年前にB型肝炎を患い、キノコ類真菌で絶望を克服した。一人でも多くの人にその客観的情報をお伝えします。

全て表示する >

【補完代替医療情報】Natural Products in the Prevention and Treatment of Prostate Cancer

2005/09/19

http://melma.com/contents/shop/

【寄稿】center>/
カリフォニア大学デービス校 がんセンター長
Ralpf de Vere White教授
■はじめに
 未だ、癌を治癒させる治療法を発見することに希望と、実現できそうな明るい展望が持たれたことはない。我々は今、高度な技術によって集積されつつある、かってない量の分子情報がが融合するのを目の当りにしている。残念なことに、これらの発見はなお歩みが遅い。 これらの限界をふまえ、癌を予防する新しい方法を見出すことと同時に、治癒可能とまでは至らないものの、現存の有効な療法を改善する方法を探索することに対して再び新たな興味が湧き起こる。
■前立腺がん(CaP)  前立腺がんは、長い自然歴、延びる倍加時間、そして高い罹患率のために化学療法の標的とするのに適したがんであると考えられてきた。合衆国の国立がん研究所(NCI)は、前立腺がんの化学的を主要な優先事項とした。前立腺がんの化学的要望に関する大規模な臨床試験が開始され、約19,000人の男性が無作為に偽薬(プラセボ)または実薬であるFinasteride(5a還元酵素阻害剤)を7年間服用した。7年間の試験終了時にすべての参加者は前立腺の生検をうけるように計画されていた。この臨床試験は完了しており、答えよりも多くの疑問が提起されるに違いない。  現在、次の大規模化学予防臨床試験、すなわちSELECT臨床試験が進行中であり、約34,000人の男性が参加すると予想されている。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓    耳かきは硬くていや。でも、耳あかはしっかり取りたい…。    そんなあなたのために“綿棒タイプ”がついに誕生!!    >>> http://ad.melma.com/to?id=21526  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-09-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週月・水・金  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。