教育資料・情報

教育について考えてみよう

今の教育を探っていきます。ちょっとしたことから変わっている教育。身近なところに目を向けていきます。

全て表示する >

きょういくって・・・なんだろう

2006/01/19


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

          教育について考えてみよう

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡


いまの教育を身近なところから探っていきます。
教育につながることっていろんなことがあります。
学校のきょうかしょだけがすべてではないです。

----------------------------------------------------------





-----------------------------------------------------------


とりあえずテストが終了。
北海道では中3の定期テストはこの時期に行われます
学校の成績を決めないとならないので。

北海道の入試は
内申と呼ばれる学校の成績を
ランクわけをして
当日点数をプラスします。
学校の成績が取れないと
志望する高校は受けることができないのです。
トップ高を受けるには、
中1のころからしっかりと成績をとらないとならないのです。

この制度がいいか悪いかは
私にはよくわかりません
相対評価の現状にはマッチしていないところはありますが・・・

この制度のよいところは
3年間の成績を反映してくれるので
「まじめ」な子が得をするところ。
しっかりとまじめにやっていれば
成績がついてくるし
その成績を基にして高校入試を決めるので
3年間のまじめさが高校を決めるのです。

相対評価の元であるならば
本当に基準となって
輪切りにして
分けることができるのですが
(よい悪いはべつにして)
絶対評価であると
あまり意味が無いような気がします
そして現状のカリキュラムで言えば
簡単すぎて
子供たちは暇をもてあまし、
ちょっと勉強すればある程度の成績が
取れてしまうので、
まじめにやること自体がばかばかしく感じているのでは?

もっと厳しくつけてもいいのではないでしょうか。
絶対評価なのだから。
そしてまじめな人が得をする評価をしてほしい
また、内容も裁量権が大きくなってきているのだから
もっとたくさんのことをやってほしいです。
このままだと
あまりにも知識が少ない子供たちが多くなってしまう。


---------------------------------------------------
うちの娘の奇妙な行動
http://www.melma.com/backnumber_145869_2279996/
こちらで登録できます
どんどん広めてください””
---------------------------------------------------------
ご意見・ご感想はこちらまで
0510izumim@excite.co.jp
--------------------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-09-11  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。