ビジネス一般

仕事が出来る人になるためのお勧めな情報

同じ仕事をしている人間だというのに、いったいなにが違うのでしょう?実はその違いは「習慣や行動」にあります、生まれ持った才能とか脳みそではないのです!自分の「習慣や行動」を振り返って見ましょう。


全て表示する >

「仕事ができる人」の条件!

2005/10/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       【仕事が出来る人になるためのお勧めな情報】 
                             第6号

─────── 「仕事ができる人」の条件! ───────
-------------------------------------------------------
  スタイルに自信がなくて、人前に出たくない!(泣)
  二の腕が気になってノースリーブも着れませんでした。
  見つけたんです!すぐに効果の現れるダイエット情報を
  しかも健康的にお肌までツヤツヤ!嬉しい〜〜〜〜(~o~)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/d/index.htm
-------------------------------------------------------

◆ご 挨 拶◆

◆第一章.「できる」と「できない」は心がけ次第。◆

  1.6 「アイデアのある・ない」はわずかな差

------------------------------------------------------------------

◆ご 挨 拶◆

何ごともスケジュールどおりには進まず、いつも切羽詰まった状況で仕事に追われ、

自分の時間は仕事に消え、疲れとストレスはたまる一方。

だから、休みの日は休養するので精一杯。自分を耕す時間がないので、

流行りの話題にもついていけない・・・。

「あ〜あ」なんてため息をついているそこのあなた!

「なんでうまくいかないんだろう・・・」なんて落ち込んだり、

「仕事ってこんなもんさ・・・」と開き直ってはいけません!

周囲をぐるーっと見渡してみましょう。中にはこんな人、いますよね?

なんだか仕事が妙に楽しそう。何ごとも要領よくこなすことはもちろん、

何か問題が発生したときにはリーダーシップを発揮して、率先して問題解決にあたる。

仕事のタイムマネジメントが上手で、効率よく仕事をこなすから、

どうやらプライベートも充実しているらしい。休みの日には、趣味や旅行、スポーツなど、

いろんなことをしているようだ。だから情報や話題に詳しく、

いろんなタイプの人間と上手におつきあいを楽しんでいる・・・。

同じ「仕事をしている人間」だというのに、いったい何が違うのでしょう?

じつは、その違いは「習慣や行動」にあります!

一生まれもった才能とか脳みそではないのです!

よくよく考えると、ほとんどの仕事は、電話をする、アポを取る、アイデアを出し合う、

企画書をまとめる、プレゼンを行う、報告書を書く・・・など、

経験したことのある作業の積み重ねです。ヒントはそこ!

--------------------------------------------------
    小さな子供のいる専業主婦の私
自宅で出来る副業見つけちゃいました!(笑)
   少しでも家計の足しにって思ってたのに・・・
 電気、ガス、水道、電話代迄まかなえました。(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm
--------------------------------------------------

要は、いかに仕事を成功させるか、いかに日々の業務を分類、パターン化して、

それぞれ効率よく対処していくかという「習慣や行動」という点に集約されてしまうのです。

ところが、習慣や行動はこの上なく無意識的なもの、

自分で客観的に見直したり改めようとするのは、なんとも難しい・・・。

そこでここでは、「仕事ができる人」の習慣や行動パターンをいくつかに分類して取り上げました。

「仕事荏事ができる人」はどんな心がけや考え方、工夫、努力をしているの、

情報収集のコツ、自己表現の秘策は何・・などなど、

気になる「あの人たち」に共通するポイントを一挙掲載!思わず目からウロコが落ちるものや

ずーっと引きずってきた超難題を打破するヒントがあるはずです。

これからふだんの自分の「習慣や行動」を振り返ってみましょう!

─────────────────────────────────
  ◆1.6 「アイデアのある・ない」はわずかな差 ◆
─────────────────────────────────

★アイデア欠乏症は解決できる!

自分はなんとアイデアの乏しい人間なのか?・・・大半の人が抱える悩みです。

誰でも「自分の能力に問題あり」と思ってしまったら、

出るはずのいいアイデアも永遠に出てこなくなります。

ここに興味深い調査結果があります。アメリカのある会社の社長が

「社員一人ひとりの創造性」を調査しました。その結果は、創造性があると判定された社員と

創造性がないと判定された社員がほぼ同数になりました。

ところが、この調査結果を分析した心理学者は、両者を分ける基準は先天的な能力ではなく、

「自分が創造的と思っているか・いないか」の違いだけという結論を出しました。

このことからもわかるように、まず自分の創造性を信じることが第一です。

--------------------------------------------------
今の生活を変えたい!
       心に余裕を持ちたい!
          少しで良いから人生を変えたい!
 でもどうやったらいいのか?(泣)!! 
        でも!私見つけました(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
--------------------------------------------------

★アイデアは「ところ構わず出る」

アイデアがないと悩んでいる人の多くは、アイデアとは苦しみ抜いてようやく生み出されるもの、

空前の大発明のように思っています。ところが、多くのアイデアは日常生活の中での

ちょっとした思いつきや工夫から生まれています。

日本が誇る大発明といわれる「インスタントラーメン」は、

奥様が台所で天ぷらを揚げているのを見ていて、麺を揚げると水分が蒸発して多数の小さい穴ができ、

お湯で簡単にもどすことができることを思いついたことから生まれたといわれています。

このように、家の中や身のまわりの小さなことに目を向けてみることから

思わぬ商品アイデアが生まれたりします。

いつでもどこでも、「こんなことはどうだろう」と、頭を回転させるクセをつけるようにすれば、

成果が生まれることでしょう。

また、アイデアは「ところ構わず出る」ものですから、それを逃さずキャッチしておくこと、

書き留めておけるようにメモなどを常に準備しておくことも大事です。

****************************************************************
旦那には内緒よ!(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm
****************************************************************
===============================
   〜仕事が出来る人になるためのお勧めな情報〜
お問い合わせ:sigoto@hot.dog.cx
発行者名  :坂口 実
===============================
購読の登録&解除は、メールの送信者欄(差出人欄)を確認していただき
下記URLよりお願い致します。
--------------------------------------------------
発行サイト:RanSta http://ransta.jp
購読解除 :http://ransta.jp/
--------------------------------------------------
発行サイト:E-Magazine http://www.emaga.com/
購読解除 :上記「解除ページ」より行ってください。
--------------------------------------------------
発行サイト:melma! http://www.melma.com/
購読解除 :http://www.melma.com/taikai/
--------------------------------------------------
発行サイト:めろんぱん http://www.melonpan.net/
購読解除 :http://www.melonpan.net/mag.php?008658
--------------------------------------------------
発行サイト:メルマガ天国 http://melten.com/
購読解除 :上記「解除ページ」より行ってください。
--------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-09-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。