日記・blog

自称・元ネットアイドルの専業主婦裏日記。

自称・元ネットアイドルが専業主婦になりました。これを機会に、今まで遠ざかっていたネット界に復帰!職業ライターだった経験を生かし、日々思った事を書き綴ろうと思います。専業主婦の独り言、誰か聞いてやってください。

全て表示する >

裏日記―11号

2005/10/13



□■□■□■□■ 裏日記11号 ■□■□■□■□
 
 
私はゴルフをやらない。
だから理解してあげることができないのかもしれないけど、
ゴルフする人ってなんか変じゃないですか?
 
傘持っちゃ、振り。
何にも持ってなくても、振り。
 
「エクセルの使い方わかんないよ〜、専業ちゃんやって〜」
って甘えてくる人が、自分のスコアをエクセルデータで
分析することだけは怠らない。
 
それほどゴルフって楽しいものなのでしょう。
 
そう言えば、
「俺ぇ?スノボしかやらないよ。
 ゴルフぅ?
 そんなオッサンのスポーツ、俺は絶対にやらないよぉ」
ってナイスミドルを気取っていた会社の同僚が、一度ゴルフに行ったが最後。
「いやー、グリーンっていいなー。
 専業ちゃんもやらない?」
って言い出した時は、さすがにゴルフマジック恐るべしと思ったわけです。
 
かくいう私の父も、ゴルフが大好き。
もう定年しているのだが、定年前からお付き合いのある
ゴルフ仲間や、ご近所さんまでネットワークを広げて
平日の安い日にゴルフを楽しんでいるようである。
まぁ、定年後のボケ防止にもなるし、友達も増えるし、
ゴルフ自体悪いスポーツではないな、とは思う。
 
しかし、ゴルフやる人って、やっぱり変だなと思った出来事がある。
 
私がたまたま実家に帰っている時に、
父に一本の電話がかかってきた。
翌日ゴルフに一緒に行く予定の友人かららしい。
 
父は、母から受話器を受け取って話し出すと、
ゴルフに行くのが楽しみなのか、はぁはぁ、ひぃひぃ、
息も絶え絶えに笑いながら話をしている。
母と私は顔を見合わせて、
「ゴルフって、そんなに楽しいんだねぇ」
と、涙を流しながら笑っている父の姿を見ていた。
 
しばらく話をした後、父はやっと受話器を置き、
笑いすぎて苦しいといった感じでソファーに戻ってきた。
 
「いやーっはっは、参ったよ」
まだ笑いが残っているような声で父が言うので、
「ゴルフ、楽しそうで良かったじゃない」
と言うと、意外な言葉が返ってきた。
 
「違うんだよ違うんだよ、いやさー。
 一緒に行く予定にしていた人が『心筋梗塞』で倒れちゃってさー。
 命に別状は無いって言うから良かったけど、
 入院しなきゃいけないんで、
 明日のゴルフ行けませんって連絡が来たらしいんだよ」
父はまたそこでおかしそうにゲラゲラ笑った。
 
……が、それって笑う話か?
 
「で、もう一人心当たりありませんかって言うから、
 今から別の人に連絡してみるんだけどねぇー。
 いや、参った参った。あっはっはっは」
病気の人の心配はどこへやら。
明日のメンバーが一人足りなくなったということに
全神経が行ってしまっているようなのである。
 
これだけなら父とその友人だけがおかしいのかな?とも
思うのだが、どうやらそうではないようなのだ。

父はまた別の人に電話をかけ始めた。
「もしもし…
  明日ゴルフ…
   一人心筋梗塞で入院…あっはっはっは」
どうやら今度かけた相手の人も、受話器の向こうで大笑いしているようである。
「で、メンバー足りないんだけど、〇〇さん行かない?
 …え?椎間板?はーっはっはっは」
 
たぶん、ゴルフをやる人がおかしいっていうか、
この年代の人にしかわからない「笑い」なんだと思うけど、
とにかく「変な人たち」と思わざるを得なかった。
 
ゴルフって、いくつになっても人を狂わす、
魅惑のスポーツなんだなと思った。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-09-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。