ビジネス一般

生きる知恵!「経営者の一言」

多忙な現代において、流されてはいけないことがたくさんあります。社会人ばかりか若い方々にも役立つ「経営者の言葉」を ご紹介致します。

メルマガ情報

創刊日:2005-09-04  
最終発行日:  
発行周期:毎週水曜日  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

【いつの時代にも、経営にコツというのはない】

●創刊の言葉

「役立つ一言マガジン」の創刊号です。
経営者といいますと、権力とか威厳などのイメージがあります。

でも、実際の経営者は人間味のあるあたたかい人柄の方が、少な
くありません。社員の雇用や給料を、毎月必死で確保している人
がほとんどです。

経営のいろいろな問題を解決しながら、会社組織を維持し、発展
させています。社員の悩みと同じ悩みを持ち、かつ社員が悩まな
くてもいい問題を、抱えて奮闘しているものです。

こうした経営者の中には、優れた知恵をお持ちの方が少なくあり
ません。経営者の持つ独特の知恵を、社会に環流させたいという
願いのもと、本マガジンは創刊されました。

少しでも読者の方が、日々の生活で活用していただければ、発行
の主旨は達成されたことになります。

●経営のコツ

冒頭の言葉は、高額納税者として毎年ランクアップされる斉藤一人氏の言葉です。斉藤氏は、「芸にはコツがあるが経営にコツはない」といわれています。

ですので、伝承はできないし、教えることができないというので
す。技術ではいかんともしがたい事柄。これが、経営の本質とい
うわけです。

営業のコツ、作業のコツ、運営のコツ。仕事には、いろいろなコ
ツがありますが、コツさえ飲み込めばうまくいきます。

しかし、経営だけはそうではない。より複雑な要素があるため、
個々の経営者が知恵を巡らせて、実践しなければならない。

環境変化への対応、人事の工夫、資金繰り、開発、販売。すべて
にわたり目を行き届かせ、利益の数字を達成する。

たしかに単純な事柄は、一つもありません。微妙なバランスの上
に成り立っているものばかりです。

●哲学と理念

コツを超えたものといいますと、自身の哲学であり理念があります。経営者の方々は、言葉にされなくても、こうした哲学なり理
念を持っておられます。

これを理解することが、社員の方の務めになります。経営者の理
念と哲学が会社の方向性を決め、行くべき目標を指し示すのです。

もし、明言されてないようでしたら、社員が個々に明確に言葉に
し、日々に仕事の中で活かしていくことが、必要です。

一度次元を変えて、現在の仕事を見直してみるといった姿勢が、
一人一人の社員に欠かせません。

最新のコメント

  • コメントはありません。