海外

バンコク発【タイ.ニュース】の裏側

タイの英字新聞【BANGKOKPOST】の記事を斬新な切り口で紹介します。年間100万人の日本人観光客が訪れる東南アジアの雄タイで何が起きているのか。ニュース記事から真実のタイをお伝えします。

メルマガ情報

創刊日:2005-08-29  
最終発行日:2006-03-02  
発行周期:週2回程  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

-------------------------------------------------------------
バンコク発【タイ.ニュース】の裏側

大物政治家のバカ息子、又しても傷害事件起こす
-------------------------------------------------------------

≪ニュース記事≫

超大物政治家の3バカ兄弟の3人が又しても市内のクラブで傷害事件を起こした。

警察によると、このバカ息子は直接暴行を加えたわけではないが、側近に暴行を命令した容疑で出頭を求めていたが、病気との理由で今日の朝まで姿を見せなかった。(事件があったのは木曜日)

同容疑者は(及び2人の兄弟は)たびかさなる傷害事件を起こして2年間の保護観察中だった。

≪記事の裏側≫

またしてもこの兄弟がやってくれた。市内のクラブで乱闘事件を起こしたのだ。

事件が起きたクラブはRCAという多数のクラブが軒を連ね、連日タイの若者で大賑わいするエリアにある有名店。

一時期は政治家の息子たちが発砲事件や乱闘騒ぎを起こし客足が遠のいていたのだが、

僕がバンコクの大学に通っていた3年ほど前は平日でもクラブの外まで人だかりができて、すさまじいパワーを発揮していた。

その後、タクシン政権が実施した大掛かりな麻薬撲滅キャンペーンにより、警察が突然乱入して音楽を止め尿検査などを実施するようになり、またしても他店に客を奪われるようになり、さびれていった。

1年ほど前は以前の賑わいがうそのように閑散としていた。

その後大々的にリニューアルして、今は昔の勢いを取り戻している。

それはさておき、タイでこの悪名高き3バカ兄弟を知らない者はいない。

次から次へと騒ぎを起こすのだが、父親が超大物政治家ということで毎回裁きを逃れている。

4年前に3バカ兄弟の1人が市内のクラブで警察官を射殺する事件を起こした。

今日の記事に出てくる容疑者ともう1人の兄弟も現場に居合わせていた。

事件後、犯人はマレーシアに逃亡。6ヵ月後にマレーシアのタイ大使館に出頭してきて、間もなく本格的な裁判が始まった。

そして去年、国民の注目を集めるなか失意の判決が言い渡される。

(証拠不十分により殺人容疑は無罪)

父親は「人生最良の日。今日は33年前に長男が生まれた日だが、末息子も無事に家に帰ってきた。二重の幸せだ」と手放しで喜びを表現。

また「スウィチャイ捜査官の遺族に対しては経済的援助を惜しまない」とコメントを出した。(被害者の妻はこれを拒否)

この絵に書いたようなあほ家族ぶり、みなさんはどう思いますか。

最新のコメント

  • コメントはありません。