国際情勢

IOM国際移住機関 “Migration”

IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

全て表示する >

【IOMニュース】外国人の受入れと社会統合のための国際ワークショップ「外国人と進める地域の活性化」 -申込み受付中

2018/02/09


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【1】2018年3月1日開催
平成29年度  外国人の受入れと社会統合のための国際ワークショップ
「外国人と進める地域の活性化」 -参加申込み受付中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓案内ウェブページはこちら↓
http://www.iomjapan.org/events/jointworkshop_1mar2018.html

参加申込み受付中!
スウィングIOM事務局長が来日し、基調講演を行います。
参加を希望される方は、2月25日(日)までにお申込みください。

【日時】2018年3月1日(木)13:30〜16:30(開場13:00)
【会場】かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール(東京都葛飾区立石六丁目33番1号)
【主催】外務省・国際移住機関 (IOM)
【後援】一般財団法人 自治体国際化協会(クレア)
【言語】日英同時通訳(全席レシーバー有り)

国内に住む外国人は250万人に達しようとしています(2017年6月)。これら外国人の多くは日本文化や伝統の良き理解者であり,彼らをどのように迎え,長くつきあっていくかという問題は,出身国との二国間関係においても重要であり,外交的な側面も持っています。

本ワークショップは今年で9回目を数えますが,この十年足らずの間に外国人を巡る国内の状況も一変し,地方においても,日本の文化や習慣に興味を持ち,日本語が堪能で,良き隣人として活躍している外国人も増えてきました。外国人の割合が大都市より高い地方都市はたくさんあります。

そこで,今回は自治体,企業,教育現場などで外国人の受入れに携わっている方をお招きして,地方の特色を活かした受入れや地域の活性化などについて議論したいと思います。

皆様の御来場を心よりお待ち申し上げます。
 

【プログラム】(予定) 日・英同時通訳付

13:30 進行説明
 
13:35  開会の辞
  佐藤正久 外務副大臣(予定)
 
13:40  基調講演
 ウィリアム・レイシー・スウィング 国際移住機関(IOM)事務局長
 
13:55  海外有識者によるプレゼンテーション
  シム・ナリ 韓国 忠清南道(チュンチョンナムド)行政区 特別政策アドバイザー
 
14:15  休憩
 
14:35  パネル・ディスカッション
 (モデレーター)山脇啓造 明治大学国際日本学部教授 
   パネル「外国人と進める地域の活性化」

  (パネリスト)
  1 萩原誠司 岡山県美作市長
  2 三宅良昌 北海道東川町立東川日本語学校長
  3 金児由美 三重県津市立敬和小学校教頭
  4 綾戸高志 アールアドバンス株式会社代表取締役
 
16:25 閉会の辞
  相星孝一 外務省領事局長
 
16:30  閉会


【会場】
 かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール(TEL:03-5670-2222)
 東京都葛飾区立石六丁目33番1号
 会場への地図→
 http://www.k-mil.gr.jp/institution/access/sym_access.html
 (かつしかシンフォニーヒルズ ウェブサイト)
 
 (交通)
 ■京成線青砥駅下車徒歩5分
 ■京成バス(新小52・53 系)
   JR 新小岩駅 ⇔ JR 亀有駅 「文化会館」下車
 ※ご来場の際には,公共交通機関をご利用下さい。
 

【参加申込み】
申込期限 2018年2月 25日(日)
お申し込みはこちらのフォームから
http://www.iomjapan.org/entry/application1.html
  
※ 本ワークショップは事前申込み制とさせていただきます。事前申込みをされていない方はご入場できませんので,予めご了承ください。
※ 申込みの際にご記入いただきました個人情報は,適切に管理し,本ワークショップの運営のためにのみ使用します。
※ 申込みを受け付けた旨の連絡はしておりませんので,予めご了承ください。
※ 会場の座席に制限がありますので,申込みをされても参加できない場合があります。その際は,同事務所からご連絡しますので,ご了承ください。



↓ワークショップについての詳細は、こちらのページをご覧ください↓
http://www.iomjapan.org/events/jointworkshop_1mar2018.html

↓ワークショップの過去の報告書はこちら↓
http://www.iomjapan.org/publications/jointworkshop.html





◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【2】シリーズ「なぜ大切か」:移住の利益をすべての人に
    国連広報センター資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アントニオ・グテーレス事務総長は2018年1月11日、報告書『Making Migration Work for All(移住の利益をすべての人に)』を発表しました。

「移住は世界全体に広がっている現実」であり、それを管理することが、現代における国際協力の最も緊急かつ重要な課題の一つであると事務総長は述べています。
http://www.unic.or.jp/news_press/info/27176/

これに関連して、国連広報センターは、シリーズ「なぜ大切か」と題した日本語版資料を作成しました。これは4つのポイントを挙げ、移住についてわかりやすくまとめたものです。

なぜ今、移住が国連にとって重要なのか、移住は経済的・社会的問題を引き起こすのではないか、非正規移住の問題はどれだけ深刻なのか、人々の大規模な移動は今後も続くのか。様々な疑問に、短くわかりやすく説明しています。

資料はこちらからダウンロードができます。
http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/27423/





☆‥…・2018年版「世界移住報告書」・・…‥☆
人の移動のダイナミクスの広い視野からの説明と、
人の移動を形成し、問題を生み出している複雑で新しい課題への詳細な分析
https://www.iom.int/wmr/world-migration-report-2018
☆‥…・・ ☆‥…・・ ☆ ‥…・・☆ ・・…‥☆ ・・…‥☆



☆‥…・IOMの最新の活動はこちらでチェック!・・…‥☆
【IOMによる移民関連ニュースのまとめ The Migration Newsdesk】(英文)
(最新版 2018年2月8号)
 リビアからの移民の帰国、ネパールからの移住労働者の搾取 他
 http://www.iom.int/newsdesk/20180208
【IOMグローバル・ブログ】
 http://weblog.iom.int/
【オンライン・ブックストア】
↓IOMの出版物が入手可能。ほとんどがダウンロードできます↓
 http://publications.iom.int/
☆‥…・・ ☆‥…・・ ☆ ‥…・・☆ ・・…‥☆ ・・…‥☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期(月2〜3回)  
Score!: 55 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。