国際情勢

IOM国際移住機関 “Migration”

IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

全て表示する >

【IOMニュース】IOM60周年記念ウェブサイト、子どもの就学支援事業シンポ-当日資料公開

2011/12/31




☆本年最後のメルマガをお届けします。☆
 新しい年が穏やかなものとなりますよう。




◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
    【1】IOM60周年記念ウェブサイト 日本語版公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

激動の2011年も間もなく幕を閉じます。

IOMは2011年12月5日に、設立60周年を迎えました。また2011年は、偶然にも、駐日事務所の設立30年の記念にも当たりました。

以下の60周年記念サイト日本語版では、1951年の設立以来のIOMの歴史、駐日事務所の歴史、IOMが出会った移民の方々の声などを紹介しています。

IOMの役割が世界的に拡大していく様子がご理解いただけると思います。
一度ご覧になってください。

↓IOM60周年記念ウェブサイト 日本語版↓
http://iomjapan.org/60years/





◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【2】「定住外国人の子どもの就学支援事業」シンポジウム(11/16)
        当日配布資料 ウェブ掲載 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「定住外国人の子どもの就学支援事業」は、景気後退などにより不就学・自宅待機となっている外国につながる子どもを対象とした支援として、2009年に開始されました。日本語等の指導や学習習慣確保を図るための場として「虹の架け橋教室」を設け、主に公立学校への円滑な転入が出来るようにすることを目的としています。

IOMは文部科学省からの拠出を受け、「子ども架け橋基金」の運営を行い、実施団体の公募、審査、モニタリング等を実施しています。
 
2011年11月16日、IOMは文部科学省と「定住外国人の子どもの就学支援事業」シンポジウムを共催しました。
当日は参加者が200名を超える盛会で、事業の紹介だけでなく、各架け橋教室からの報告などをもとに、有意義な議論がなされました。

このほど、シンポジウム当日に配布された資料を以下のページで公開致しました。
「プログラム」のセクションに、発表者ごとに掲載しております。
http://www.iomjapan.org/news/event_028.cfm

当日資料を受け取られなかった方、お越しになれなかった方も、是非この機会にご覧ください。





☆‥…・☆‥…・IOM出版物のご案内・・…‥☆・・…‥☆
【2011年版「世界移住報告書」】
IOMは12月6日、設立60周年を迎えたのを機に、『2011年版世界移住報告書(World Migration Report)-移住についての効果的なコミュニケーション-』を発表しました。全文(英文PDF)でダウンロード可能です。
詳細→ http://www.iomjapan.org/news/press_255.cfm

【IOMオンライン・ブックストア】
↓購入いただく書籍の他にも、無料でダウンロードができる出版物も多数あり↓
http://publications.iom.int/bookstore/

☆‥…・・ ☆‥…・・ ☆ ‥…・・☆ ・・…‥☆ ・・…‥☆


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期(月2〜3回)  
Score!: 55 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。