国際情勢

IOM国際移住機関 “Migration”

IOMは世界的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です。IOMが世界各地で実施している、人身取引対策や人道復興支援などの活動紹介を現地からのレポートを織り交ぜてお送りします。

全て表示する >

【IOMニュース】タンザニア-人身取引対策 全国キャンペーン、中国-移住管理のキャパシティ向上を目指して

2007/12/21

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■  M I G R A T I O N  ■■■■ 2007年12月21日号   
     IOM国際移住機関 駐日事務所メールマガジン
 
          International Organization for Migration
         ☆‥…・・☆‥…・・☆・・…‥☆・・…‥☆
                    The Migration Agency
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
= 多様化する世界の人の流れに向き合う国際社会の求めに応えて =
 IOMは国際的な人の移動(移住)の問題に取り組む国際機関です

このメールマガジンは、これまでにIOMの活動をご紹介させていただいた方、melmaにご登録いただいた方にお送りしています。お問い合わせ先はこのメールの一番下をご覧ください。



Contents      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
プレス・ブリーフィング・ノート日本語版
  タンザニア 人身取引対策 全国キャンペーン始まる
  中国 移住管理のキャパシティ向上を目指し覚書を締結 

◆IOM最新出版物のご案内
◆MTV EXITとの協力
◆その他のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
     IOMプレス・ブリーフィング・ノート日本語版
-------------------------------------------------------------

↓ウェブ版の記事はこちら↓
http://www.iomjapan.org/news/press_122.cfm

-----------------------------------------------------
■ タンザニア 人身取引対策 全国キャンペーン始まる ■
-----------------------------------------------------
IOMは、人身取引の危険を知らせる全国的なキャンペーンをタンザニアで開始する。キャンペーンにより、国内のリーダーやオピニオンメーカーから人身取引対策に関して、更なる協力が得られることを見込んでいる。これはタンザニア政府からの国家エイズ対策計画を通じた資金援助で実施しているもの。

3ヵ月のキャンペーンの一環として、14のテレビ局・ラジオ局を通じ、タンザニア本土とザンジバルで人身取引の危険を訴える公共放送を流している。

ポスター、パンフレット、カレンダー、ステッカー、Tシャツ、帽子などを、政府機関やNGOなどとの協力のもと、全国主要都市のバス停や往来の多い場所、若者が多く集まる場所、学校などで配布している。

12月16日には、タンザニアの著名アーティストを招いたコンサートをダルエスサラームで開催した。

「タンザニアの著名なヒップホップやゴスペル歌手の皆さんの協力を得られて光栄です。メディアだけでなくアーティストも、人々が人身取引ネットワークの魔の手に落ちるのを防ぐのに重要な役割を果たします。」とPar Liljert IOMタンザニア事務所代表は語る。

タンザニアにおける人身取引は、国内で起こっているものも国境を越えるものもあるが、確認されているものはほとんどが国内で行われている。少女や少年が農村部から都市部に恒常的に取引され、家庭内労働、農業、漁業、鉱業において、虐待や性的搾取の被害に遭っている。中には児童買春のケースもある。

近隣諸国や中東、欧州に取引され、性的搾取や強制労働の被害に遭う女性や子どももいる。タンザニアはまた、「アフリカの角」地域から南アフリカへの人身取引の経由国ともなっている。

IOMはこの2年間で、米国国務省人口・難民・移住局(PRM)の協力のもと、タンザニアにおいて人身取引被害者120人以上を支援した。

↓↓以下のキャンペーンウェブサイト(スワヒリ語)もご覧ください↓↓
http://www.uwe-sauti-yao.org/


-------------------------------------------------------
■ 中国 移住管理のキャパシティ向上を目指し覚書を締結 ■
-------------------------------------------------------
IOMは中国外交部と、移住管理のキャパシティ向上を目指す事業実施に関する覚書を締結した。

覚書は12月10日、チャールズ・ハーンズIOM東アジア地域代表と蒋勤 外交部国際部長により北京で署名された。

主にEU欧州委員会から資金提供を受けて、249万ユーロの予算で、中国外交部、公安部、労働・社会保障部の協力のもと、IOMと国際労働機関(ILO)が事業を実施する。

この事業により、移住の分野での専門的知見・情報の共有や人材交流を通じて、中国とEUの協力関係を強化すると同時に、中国側とEU 加盟国の関係機関間で移住管理システムの相互理解を深める。



☆‥…・☆‥…・IOM最新出版物のご案内・…‥☆・・…‥☆・・…‥☆
【IOM機関誌 "Migration" 2007年12月号 最新号】
「移住と労働」特集
欧州、アジア、中南米など、世界各地での移住と労働を取り巻く状況を紹介。他にアフリカから欧州・中東への不正規移住など。
↓全文(英文PDF)のダウンロード↓
http://iomjapan.org/archives/Migration200712.pdf

【IOM人身取引対策ニュースレター "Global Eye on Trafficking"創刊】
男性の人身取引被害、マケドニアにおける人身取引被害、南アフリカ・ギリシャの法整備、反人身取引キャンペーンMTV EXIT、他
↓全文(英文PDF)のダウンロード↓
http://iomjapan.org/archives/global_eye_200712.pdf
☆‥…・・☆‥…・・☆‥…・・ ☆ ・・…‥☆・・…‥☆・・…‥☆


☆‥…・・☆‥…・・☆‥…・・ ☆ ・・…‥☆・・…‥☆・・…‥☆
★★反人身取引キャンペーン「MTV EXIT」への協力★★

IOMは、MTVジャパン株式会社が日本で展開する、反人身取引キャンペーン「MTV EXIT」に協力しています。
↓詳細はこちら↓
http://iomjapan.org/news/exit.cfm

IOMは12月11日、カナダ大使館と、セミナー「日本における人身取引被害者への支援−ケースワーカーの視点から」を共催しました。これはMTVジャパン、MTV EXITとの協力で、国際移民の日(12月18日)を機に、また日本における「人身取引対策行動計画」策定から3年が経ったことを受けて開催したものです。MTVジャパンが制作したドキュメンタリーの上映の後、NGO、国際機関、それぞれの立場で被害者の支援に直接携わるケースワーカーによるパネル・ディスカッションが続きました。

↓イベントの要綱はこちらをご覧ください↓
http://iomjapan.org/news/event_013.cfm

★上記セミナーで上映されたドキュメンタリー「MTV EXIT」(30分。ナビゲーター:VERBAL(m-flo))は、下記のMTV EXITホームページでストリーム配信中です。
http://www.mtvjapan.com/exit

☆‥…・・☆‥…・・☆‥…・・ ☆ ・・…‥☆・・…‥☆・・…‥☆


☆‥…・☆‥…・・その他のお知らせ・…‥☆・・…‥☆・・…‥☆

【人身取引対策アニメ「夢のゆくえ」ワークショップ教材に最適】
主に東南アジア地域で、若者の人身取引への意識を高める活動や、被害者の社会復帰支援、入国管理局などの政府関係者やNGO職員向けのトレーニングで使用されているアニメーションです。 
↓ハイライトシーンや日本語版DVDの入手方法など詳細はこちら↓
http://iomjapan.org/dream/index.cfm

☆‥…・・☆‥…・・☆‥…・・☆・・…‥☆・・…‥☆・・…‥☆  


***  発行  ****************************************
国際移住機関(IOM)駐日事務所  駐日代表 中山暁雄
          お問い合わせ  広報 後藤裕子
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-1-12虎ノ門ビル8階
Tel: +81(0)3 3595 2487 Fax: +81(0)3 3595 2497
E-mail: iomjpmagazine@iom.int
Website: http://www.iomjapan.org/(日本語)
         http://www.iom.int/(本部英文)
**************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期(月2〜3回)  
Score!: 55 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。