雑学

意識改革の必要性

自身の体験に基づく、「自己変革」への過程と、17年間の洞察を、文章にすることで解析してゆきたいと思っております。

全て表示する >

カルロス・カスタネーダ

2006/05/09



「カルロス・カスタネーダ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦士は心ある道を選ぶ。
どんな道でも、こころある道を。
そしてその道に従う。

その道筋を彼はエンジョイする。
歓喜の声が彼のエネルギーとなる。

戦士は、自分の人生がもうすぐ完全に終わるだろうことを
「見て」知っている。

そして、ほかには重要なことなど何ひとつないことを
「見る」のである。

*「戦士」になるための心得を下記書物よりご紹介しております。
若干、小生の解釈を付加しておりますのでご了承くださいませ。


カルロス・カスタネーダ 
「時の輪」訳/太田耕平 
太田出版/2002/05/01
ISBN4-87233-537-6
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
seijiroh  by tokyo-fmc/deep-area/060509-2137

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。