雑学

意識改革の必要性

自身の体験に基づく、「自己変革」への過程と、17年間の洞察を、文章にすることで解析してゆきたいと思っております。

全て表示する >

戦士であるためには

2006/05/09

今日は、*戦士の態度について

「戦士は自分がただの人間でしかないことを知っている。
併し、彼は自ら進んで「ひと」になろうとしている

残念なことは、唯一、自分の人生があまりにも短すぎて、
ほしいものをすべて手にすることがかなわないことぐらいだ。

しかし、当人にとっては、そんなことは大したことではない。
ただ、少しだけ情けないだけだ。」


人生の事件や事故は下記のように引き起こされる

「大切だと思う気持ちが人びとを重苦しくしている。
また、ぶざまでつまらないものにする。
それらは、次から次へと
問題を引き起こす。
戦士であるためには、軽やかで柔軟でなくてはならない。」



*戦士......探求者・人間ではなく 「ひと」のこと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
deep-area/tokyo-fmc/seijiroh/060509-0917



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。