語学・言語学

TOEICで920点を取った医師の英語勉強法

英語や英会話は苦手だった医師が、バイリンガル実験、医学トピックなどからヒントを得て独自の英語勉強法を編み出し、超多忙の中TOEICで920点を取るまでに!さてその英語勉強法とは?

全て表示する >

辞書が「ジーニアス」ではダメな理由(TOEICで920点を取った医師の英語勉強法)

2006/04/15

Dr.Terukiです。

今日は北米の英語圏(アメリカ・カナダ)に行く予定の
ある人には是非知っておいてもらいたい事をお話します。

日本のレストランでは、何かウエイターさんやウエイトレスさんに
頼みたい事があれば「すみませーん!」と呼びますよね?

同じように"Excuse me!"と北米のレストランでウエイター
さんやウエイトレスさんを呼ぶと・・・。

(続きはすぐ・・・)

*************************************************************
  ★メールマガジン:TOEICで920点取った医師の英語勉強法★
                                       
                              著者・文責:Dr.Teruki 
                  

●Dr.Terukiの英語勉強法無料レポートはこちらから 

→ http://www.1englishdoctor.com

**************************第41号******************************

こんにちは、Dr.Terukiです。

新学期、新入学、新学期・・・。
そんなこんなで
「英語、今期こそマスターするぞ!」
と気合を入れた人も多いでしょう。

どうですか?その気持ち続いていますか?

何事も続けない事には身に付きませんので、今の気持ちを維持するように、
またすでに下降気味(?)の人ももう一度気合を入れなおして行きましょう!

さて、今日はこの話をまず読んでください。
旅行でアメリカに行ったAさんの話です。
あるレストランで・・・。

--------------------------------------------------------------------

Aさん:(コーヒーのおかわりが欲しいな。注文取ってくれたウエイトレスさんは
     見当たらないな。お、あそこに別のウエイトレスさんがいるぞ。)
    「エクスキューズ・ミー、エクスキューズ・ミー ・・・」

でもそのウエイトレスさんは自分の仕事をしていて振り返ってくれません。

Aさん:(なんだ?俺の発音が悪いのか?声が小さいのか?)
     「エークス・キューーズ・ミィ〜!!」

やっと振り返ったウエイトレスさん。Aさんの席にやってくるものの、
ちょっとしかめっ面です。

ウエイトレスさん:"Can I help you?"(ちょっとしかめっ面)

Aさん:(なんだよ、しかめっ面で。コーヒーのおかわりが欲しいだけなのに)
    「モアー・コーヒー、プリーズ。」

ウエイトレスさん:(ちょっとため息混じりに)"More coffee?"

Aさん:「イエス、イエス」

ウエイトレスさん:"Well, I'll send Amy over."

Aさん:え、何?コーヒーくれないの? Amyって・・?
    やっぱり俺の英語が何か変なのか?more coffee 
    で「コーヒーおかわり」通じるよなぁ?

------------------------------------------------------------

このような経験のある日本人旅行者は結構多いようです。

英語がうまく通じなかった・・・と思ってしまう人もいれば、
嫌な顔(しかめっ面など)をされるので極端な場合は「差別された」
と思う人もいるようです。

でも、そういうわけではないんです。

では、なぜウエイトレスさんがしかめっ面だったのか、すぐにコーヒーを
もってきてくれなかったのかわかりますか?

北米(アメリカ・カナダ)の一般的なレストランでは1人のウエイター
さんかウエイトレスさんが1席の担当につくのが普通です。

だから、最初に注文を取りに来た人が、あなたの席の「担当」になります。

で、その人以外はあなたの席についての仕事は何もしません。
(店が忙しいときに手伝うような事はあります)

また、コーヒーのおかわりなどは、担当のウエイターさんなどが時々席に来て
"How's everything?"
などと聞きますので、その時に頼むのが普通です。

そして

1:自分からExcuse me! と呼ぶのは失礼。
2:特に自分の担当以外のウエイター(ウエイトレス)さんに物事を頼むのは失礼

なのです。

だから、今回のAさんは二重に失礼な事をしてしまっているわけですね。

(今回登場したウエイトレスさんは"I'll send Amy over."と、
担当のAmyを呼んであげるからちょっと待って、と言っているわけです)

自分からウエイターさん、ウエイトレスさんを呼んで良いのは担当の人が何も用事をしていない、
または用事を終えた後で自分の席の横をとおりかかった時だけです。

どうしてもすぐにウエイター、ウエイトレスさんがすぐに必要があれば、歩いていって
"Excuseme, but..."というようにします。

文化の違い、マナーの違いですが、こういったところも
「英会話」の一部ですから、知っておくようにしましょうね。
(今回の話はアメリカ・カナダでの習慣です。他の英語圏では違うところも
あると思います)

さて、話は変わって、"tired"という単語の話をしたいと思います。

これは以前このメルマガでも取り上げたのですが、その時は部数が少なかったので
もう一度書きます(結構知らない人が多いので)。

英語で"tired"の意味を知ってますか?

「もちろん疲れたっていう意味でしょう?何を今さら?」

と、そう思う人がほとんどだと思うのですが、では次の例を見てください。

これは大人気テレビドラマだった「フレンズ」での1シーンです。
登場人物のチャンドラーとレイチェルの会話です。
(正確な会話は覚えていないので、こんな感じのシーンがあったと言う事でご容赦を)

----------------------------------------------------------------

レイチェル:Do you wanna go out with us tonight?
チャンドラー:No, I'm tired.
レイチェル:Tired? It's only 6 O'clock. 

----------------------------------------------------------------

ん?夕方の6時には疲れてちゃいけないのでしょうか?
次にこちらはネットで適当に見つけたネイティブの日記の一部です。

--------あるネイティブの日記から---------------------------

I couldn't sleep last night... ugh. 
Now I'm tired and it's only 10 o'clock. 

------------------------------------------------------------

同じような感じのtiredの使い方ですね。
意味はこれで想像できますか?

そうです、英語の"tired"という単語は「疲れた」というより
"sleepy"の意味を強く含むのです。

だからレイチェルは「眠いって・・・、まだ6時やんか。」
と言っているのであり、日記を書いた人は
「昨夜眠れなかったから、まだ10時だけど眠いよぅ。」
と言っているのです。

ところが、辞書の王道、「ジーニアス」で"tired"を調べてみると

1:[肉体的疲労][・・・で/・・・して]疲れた
2:[精神的疲労][叙述][・・・に]飽きた、うんざりした
(ジーニアス英和辞典:一部省略)

となっています。これじゃあ、正確な"tired"の意味は、把握できません。

これで私がホームページで「わからない単語をジーニアスですぐ調べる
のはダメ」と言っている意味がわかりました?

ではでは、嬉しい事に英語勉強法実践者の方に感想をどんどん頂いているので
ご紹介しますね。

-----------------------------------------------------------------------
(T.M.さん、東京都練馬区在住 より)

私は昨年より縁があって外資系に勤務しております。しかし、日本には外国人がおらず
社内の会話は日本語です。先週7日間アメリカの本社に英語が堪能な上司に同行してまいりました。

ただ私はほんのカタコト英語なので、英語上達が絶対必須ということをさらに感じて
まいりました。
 
さて、勉強法を読ませていただき、まず光明が見えた気分です。
約1年間某社のスピー〇〇ーニングを聞き続けてきましたが、聞いてるだけでは
いっこうに英語が上達した感覚、聞き取れ、又話せる感覚は生まれませんでした。

正確に聞き取れないので単語も想像できず、結局テキストを見て、
カタカナ英語を頭で反復することになってしまってました。
ヒヤリングが大切だからと他のヒヤリング教材も試してみましたが、やはり単語は思い浮かばず、発音が分らずいちいち辞書でしらべながらで途中で挫折していました。

本書を拝見し、(略)・・・・の重要性を痛感した次第です。
------------------------------------------------------------------------

T.M. さん、感想をありがとうございました!
(私と同じイニシアルですね^^)

そんな私の勉強法がぎっしりつまったe-bookはこちらから。

http://www.1englishdoctor.com ← ココです

ではでは今日はこのへんで。

Teruki

***********************************************
●発行者      Dr.Teruki
●webサイト   http://www.1englishdoctor.com
●お問合せ    info@drteruki.com

英語勉強法無料レポートを申し込まれた方は、メルマガの
代理登録が条件となっております。

「このメルマガ申し込んだ覚えないんだけど」という方は、
無料レポートを申し込まれてないか、ご確認くださいね。

購読解除はご自分でお願いします。
上記アドレスは解除を受け付けるアドレスではありません。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-05  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。