語学・言語学

TOEICで920点を取った医師の英語勉強法

英語や英会話は苦手だった医師が、バイリンガル実験、医学トピックなどからヒントを得て独自の英語勉強法を編み出し、超多忙の中TOEICで920点を取るまでに!さてその英語勉強法とは?

全て表示する >

今年も宜しくお願いします(TOEICで920点を取った医師の英語勉強法)

2006/01/09

---------------------<PR>--------------------------
★90日でTOEIC100点アッププロジェクト!

2006年、TOEIC公開テストはテスト形式変更となります。
変更前、最後の受験チャンスで100点アップを目指す!
そんな方を直接応援するプロジェクト、限定募集↓

◆参加人数限定(15名)
 ※一人一人を直接サポートするため、これ以上の受付はしません。
 今すぐご応募ください。

⇒ http://mo-v.jp/?3e34 ←今すぐクリック
---------------------<PR>----------------------------

*************************************************************
  ★メールマガジン:TOEICで920点取った医師の英語勉強法★
                                       
                              著者・文責:Dr.Teruki 
                  

●Dr.Terukiの英語勉強法無料レポートはこちらから 

→ http://www.1englishdoctor.com

**************************第32号******************************

こんにちは、Dr.Terukiです。

かなり遅めの「あけましておめでとうございます」
ですね ^^。


年初めは皆さん如何お過ごしでしたか?


私はカナダで年を越しました。


事情でカナダと日本を行ったり来たりしているのですが、
やはり年末年始は日本と全然違いますね。


大晦日が英語圏の人びとに取ってはパーティーの日であることは前に
お伝えしましたね。


じゃあ元旦に当たる日は何をするのかというと、みんなそのパーティーの疲れ
を取る為に休みます(笑)。


だからほとんどのお店は閉まっています。


日本の正月は最近元旦も空いているお店が増えてきましたが、
こちらは本当にほとんど全部閉まっています。


日本のコンビニみたいなのがないのも大きいですね。
コンビニは正月も関係ないですからね。


あるレストランが空いていたので、そこで昼食を取りました。


面白かったのは、ウエイトレスが皆フラフラだったこと(笑)。
もう、あきらかにパーティー明けって感じでした(笑)。


さてさて、それはそうと、何でこんな話(レストランの話)をするのかと言うと、前回からの
続きで、「年末年始の英語圏と日本の文化の差」を知って欲しいからです。


実は、そのレストランにちょうど1月1日が誕生日という男の子がいました。


カナダやアメリカのレストランではよくあるんですが、客の誰かが誕生日だと、
ウエイトレス、ウエイターがその人の席に集まって"Happy Birthday to you!" を歌ったりします。
(ケーキをプレゼントしたりする事もあります)


だからその男の子のまわりにもウエイトレスが集まって"Happy Birthday to you!"を歌いました。
そして歌い終わった後、ウエイターの1人が大きな声で何か言いました。


さて、なんと言ったでしょうか?

ヒント)1月1日です。


うーん、元旦なんだから、当然

"Happy New Year!"

 か何かだろうって?


残念ですが、違います。


そのウエイトレスが言ったのは

"Merry Chrsitmas!"

です。


お正月ですよ、間違ってません(笑)。


前にもお伝えしたとおり、英語圏ではクリスマスの日が終わればクリスマス
はおしまい、というわけではないのです。


大体クリスマス期間はクリスマスの1週前から1週後くらいです。
(もちろんクリスマス商戦はもっと早くに始まります)

つまり、この期間なら、クリスマスを過ぎてもまだ皆"Merry Christmas!"
というのです。


確かに、正月に近づくにつれ、
"Happy New Year!"の方を良く聞くようになります。

それはそうなんですが、

お正月に
"Merry Christmas!"
の場合もあるのです。


この話、「英語と関係ないじゃん」と思わないで下さいね。


このような事も含めて理解して会話ができてこそ「英会話ができる」
「英語ができる」という事です。


例えば大晦日にネイティブに会って
"Merry Christmas!"って言われたら、あなたはちゃんと反応できますか?


ここで「え、なんで?」なんて考えているうちにネイティブは次の会話に
入ってますよ。


******************************************************
★中学英語で十分。「使える英語」に変えるメールセミナー。

米国在住者やバイリンガルが絶賛!

http://tinyurl.com/dkqm2
******************************************************



さて、次も「文化」に関係するといえば関係するお話。

前回のメルマガで、私の運営するあるサイトを紹介するときに
次のように書きました。


--------------ここから----------------------------

以下は英語と関係ないですが、私のサイトです :-)

ステップメールとメールフォームが同時レンタルで「無料」
http://www.stepform.com

-------------ここまで------------------------------

これに関し、ある方からメールで質問を受けました。 


「 :-)  ってなんですか?」


これは、ヨーロッパ語圏の顔文字です。
日本語で使う顔文字と違って横から見るんです。
(結構知らない人多いんですね)


:)  :-)  などが笑っている図(スマイル)ですね。
:(   :-(   などは悲しみの図ですね
;)   ;-)    これらはウインクです。


英語圏の人とメールする時に使ってみてください。
ただ、TPO はわきまえて下さいね。


日本ほど堅苦しくはないですが、ビジネス関連では控えた方が
いいかも知れません。


面白いのは、韓国の友人は英語でやり取りをする時も顔文字を
縦で使います。韓国語では日本語と同じで顔文字を縦で使うのだと思います。

これも「文化と言葉」が関わっていそうでなかなか面白いですね。


今日はこれくらいにします。
それでは、また。

Teruki

私のe-bookは以下からお求めになれます。
http://www.1englishdoctor.com

***********************************************
●発行者      Dr.Teruki
●Webサイト   http://www.1englishdoctor.com
●お問合せ    info@drteruki.com

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-08-05  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。